173件中 61 - 70件表示
  • デカ 黒川鈴木

    デカ 黒川鈴木から見た田舎田舎

    滝田務雄の警察小説『田舎の刑事シリーズ』を原作に、都会から離れた田舎にある警察署の刑事・黒川鈴木が、無能な部下たちと共に田舎で起きた凶悪事件の解決に全力で取り組む姿をコメディータッチで描く。お笑いタレントが多くゲスト出演しているが、おおむね事件パートに関わるシリアス、陰鬱な役どころであり、ギャグの多くは田辺誠一扮する白石高作や鶴田真由演じる黒川静江が担っている。デカ 黒川鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイの通信

    マラウイの通信から見た田舎田舎

    2007年時点では、マラウイには17万5200本の固定電話と、105万1000本の携帯電話がある。現状、国民のおよそ100人中8人しか携帯電話を所持しておらず、電話などの通信システムの普及度合は未だ十分とは言い難い。かつてマラウイは、遠距離通信システムに関してアフリカでも最貧国のひとつに数えられていたが、2000年と2007年の間に13万0000本の固定電話回線が整備されたことで大幅に改善された。なお、都市部においては多くの地域で電話を使用することが可能であるが、田舎の地域では電話普及率が未だに4分の1に達していない。2007年時点では13万9500人のインターネット利用者がおり、2003年の調査によれば、国内に18社のインターネットプロバイダが存在している。また、2001年時点の放送局の数は、ラジオが16局でテレビは1局であった。マラウイの通信 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくのなつやすみシリーズ

    ぼくのなつやすみシリーズから見た田舎田舎

    「ぼくのなつやすみ」は北関東にある自然に囲まれた田舎(群馬県みなかみ町(旧月夜野)という説が有力)、「ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇」は伊豆半島(静岡県富戸)、「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」は北海道花丘、「ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」」は瀬戸内海(広島県尾道市)が舞台となっている。なお、時代設定は1?3は1970年代だが、4では1980年代に設定されている。ゲームテーマは同一ながら内容に関連性はほぼ無い。ぼくのなつやすみシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フランスの小郡

    フランスの小郡から見た田舎田舎

    都市部においては、一般的に1つのコミューンがいくつかの小郡を含んでいる。逆に地方においては、小郡はいくつかの小さなコミューンを含むのが通例である。その場合、行政サービス、例えば国家憲兵本部などはしばしば小郡における重要な街である小郡庁所在地(chef-lieu)に置かれる。しかし例外もあり、ガイヨン=カンパーニュ(Gaillon-Campagne)小郡やサルグミーヌ=カンパーニュ(Sarreguemines-Campagne)小郡はその小郡に属さないコミューンに小郡庁所在地を置いている。フランスの小郡 フレッシュアイペディアより)

  • 恋色空模様

    恋色空模様から見た田舎田舎

    主人公、伊東誠悟は母親の都合で海を臨む田舎の神那島に東京から転校してきた。幼なじみ、義妹の2人との再会。さらに何故か日本刀を持ったクールビューティーな少女、小悪魔金髪ツインテールの風紀委員、生徒会長をしているお嬢様と出会い、島の生活に次第に慣れていった。恋色空模様 フレッシュアイペディアより)

  • カントリーエレベーター

    カントリーエレベーターから見た田舎田舎

    アメリカ合衆国の穀倉地帯に設置された貯蔵用サイロが大型化して成立した。大型化したことにより巨大なエレベーターにて搬入を行うようになったことから、田舎にあるエレベーターという意味で名付けられたという説がある。カントリーエレベーター フレッシュアイペディアより)

  • 田舎っぺ

    田舎っぺから見た田舎田舎

    田舎っぺ(いなかっぺ)とは、田舎で産まれ育った人のことである。略称は「かっぺ」。田舎っ兵衛(いなかっぺえ)とも言う。田舎っぺ フレッシュアイペディアより)

  • トリ・ボウイ

    トリ・ボウイから見た田舎田舎

    人口92人、信号機のないミシシッピ州の田舎町・サンドヒルで生まれ育つ。2歳の頃から妹(年齢は11か月差)と共に父方の祖母・ボビー・スミス(Bobbie Smith)に育てられた。(「ボウイ」は母方の姓であり、本人はあまり気に入っていない。)祖母の家の近くには4軒のいとこや親戚の家があり、総勢約20人の大家族のように育ったという。少女の頃のトリはお転婆娘で親戚の男の子達とバスケットボールや釣り、トランプをして遊び、時には銃を撃ったり無免許で自動車を運転したりすることもあった。トリ・ボウイ フレッシュアイペディアより)

  • いなか王兆作

    いなか王兆作から見た田舎田舎

    日本のどこかに存在するという設定の架空の村「屁呼壺村(へこつぼむら)」を舞台に、主人公の田舎部兆作が巻き起こす騒動や型破りな田舎生活を描いた、1話完結型の作品である。小学館の雑誌『月刊コロコロコミック』にて1992年8月号から1993年6月号まで連載された。単行本は同社より全2巻が発売されている。いなか王兆作 フレッシュアイペディアより)

  • アキナイ☆ダマシイ

    アキナイ☆ダマシイから見た田舎町田舎

    地方の山間に存在する田舎町である「艶磨市」(つやまし)を舞台とし、その駅前に存在するシャッター街と化した商店街の復興を描く、町おこしを題材としたコメディ漫画。なお舞台は大阪市と高速バスで結ばれている中国地方の地方都市とされているが、掲載誌(全国誌)における可読の問題から登場人物のほとんどが標準語で会話している。アキナイ☆ダマシイ フレッシュアイペディアより)

173件中 61 - 70件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード