173件中 81 - 90件表示
  • サカキ

    サカキから見た田舎田舎

    田舎などでは庭先に植えている家庭が多い。また、常緑樹でもあることから庭木としても使われていることがある。サカキ フレッシュアイペディアより)

  • あなたの知るかもしれない世界

    あなたの知るかもしれない世界から見た田舎田舎

    退職して田舎暮らしを始めたらあなたの知るかもしれない世界 フレッシュアイペディアより)

  • 山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記

    山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記から見た田舎田舎

    作者本人。男性。幼少の頃「岡山県の超田舎」で育ち、近所に住む猟師のおじいちゃんの影響で、当時から猟師を志す。その後東京で生活していたが、2009年に帰郷。猟銃と狩猟免許、わな猟免許を取得し「山賊」(作中は猟師の意味)を始める。カモやハト、イノシシやウサギ等を獲り、自分で解体・調理し、食す。愛銃はシャープ・チバ社製エアライフル「エース・ハンター」、わな(罠)は自作している。なお自動車を所持していないため、移動は専らスーパーカブ。山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 フレッシュアイペディアより)

  • ダニーと秘密の魔法使い

    ダニーと秘密の魔法使いから見た田舎町田舎

    ミネソタ州の田舎町カーティス・ダンコ。この町では20年前のハロウィンで火災があり、死者が出た。その火災の犠牲者の少年により町には呪いがかけられ、主人公・ダニーの祖父がその呪いが原因で死んでしまう。ダニーと秘密の魔法使い フレッシュアイペディアより)

  • よろずや

    よろずやから見た田舎田舎

    「よろずや」と呼ばれる店は、主に田舎(地方)に多い。人口の少ない地域では、需要がないため専門店(食料品、日用雑貨)が成立しづらい状況にある。そのためよろずやが重宝されたのである。ごく小さなスーパーマーケットのような作りの場合もあるが、酒屋や駄菓子屋が他の商品も扱う場合などもあった。田舎の場合、生鮮食料品から文房具まで、という文字通りの「何でも屋」があることもあるが、小都市では日用雑貨のみ取扱う幅の狭い万屋の例が多かった。よろずや フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ハウス

    カントリー・ハウスから見た田舎田舎

    ステイトリー・ホーム (stately home) はカントリー・ハウスと同様の建物を指すのに用いられる用語であるが、その用法には違いがある。後者が地方や郊外に在って主に建築史家や所有者によって使われる言葉であるのに対して、前者はロンドンのハイド・パーク・コーナーにあるアプスリー・ハウスのように都市の中心部でも見られ、主にメディア、旅行者、観光業において使用されている。一般的にはステイトリー・ホームとは、一般公開されているカントリー・ハウスであると考えて良い。カントリー・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 複式学級

    複式学級から見た田舎田舎

    念のために述べておくと、そもそも、2つ以上の学年がひとつの教室で学ぶという形態は、世界各国の田舎や開拓地で多く見られたものである。英語ではone-room schoolという概念があり、米国・カナダ・オーストラリア等々の田舎や開拓地で、学校自体がそもそも一教室しか持たず、そこに全ての学年・年齢の生徒が入り、基本的にひとりの教師が(場合によっては補助役の教師なども加えて)教育を行うということが、きわめて一般的に行われていた。フランス語ではécole de rangと言う。日本では歴史を遡ると例えば寺子屋では様々な年齢の子供が、ひとつの部屋に集い学んでいた。複式学級 フレッシュアイペディアより)

  • 自然学校

    自然学校から見た田舎田舎

    2002年に行われた自然学校の全国調査においては、「自然体験活動の受け入れ体制となる施設や組織を特に自然学校と呼ぶこととした。」と、幅の広い定義を行っている。この「自然体験活動」については「自然体験活動は、野外での体験活動全般を指し、キャンプやハイキング、自然観察はもとより、農業体験・漁業体験などの体験活動、田舎暮らしなどの生活体験も含まれる。また、自然を活用した川や海や山でのスポーツも、自然体験活動に含まれるものとする。従って本調査では、野外で自然と関わることであれば、そのほとんどすべてを自然体験活動と呼ぶこととした。」。その上で、「自然体験活動のための『場』『プログラム』『指導者』を、年間を通じて提供できる施設や団体」と解説している。自然学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中出那智子

    中出那智子から見た田舎田舎

    1966年ブラジルに渡った中出那智子は、油絵を描く時に独特のタッチ(マチエール・技法)を生み出すある道具と出会った。サンパウロの田舎で、家の壁を塗るのに使われていた「刷毛筆」と「砂」である。このマチエールを用いて描かれた最初の油絵作品が「牛と少女」。ブラジルの明るい太陽を象徴するかのように、コントラストの効いた力強い色調。また、その厚塗りは完成までに七度も漆が塗られる「輪島塗」を彷彿とさせるものだった。以降、本マチエールは、中出那智子独特のマチエール、油絵技法として定着した。中出那智子 フレッシュアイペディアより)

  • ズンドコベロンチョ

    ズンドコベロンチョから見た田舎田舎

    仕事で大切な商談相手であるニューヨークから来たジョンソン氏との食事会でもズンドコベロンチョの話が出て、三上はここでも知ったかぶりをしてしまうが、しかしその知ったかぶりは的をはずれていて、ジョンソン氏を激怒させて帰らせてしまい上手くいっていた仕事を破談にさせてしまう。その後三上は田舎にまで出向き、田舎に住む祖母にズンドコベロンチョについて聞きにいくが、「ズンドコベロンチョ」のことを祖母に尋ねた途端に祖母は叫び取り乱しパニックを起こしてしまい、結局祖母からもズンドコベロンチョの意味を聞けないままとなる。なお、三上の祖母の住んでいる地方では「ズンドコベロンチョ」の略語は「ズンベロ」ではなく「ドコチョ」になっていて、祖母はズンドコベロンチョのことは「ドコチョ」と言っている。ズンドコベロンチョ フレッシュアイペディアより)

173件中 81 - 90件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード