128件中 31 - 40件表示
  • 田舎

    田舎から見た日本放送協会

    NHKなどの番組で、そうした企画に応募したことで、都会で暮らしていた時よりもかなりクオリティ・オブ・ライフが向上した家族などが紹介されている。都市部より賃金が安いのは否めないが、その分住宅費は都会より大幅に安く、他の諸出費も減ることにより、可処分所得は(相対的に)さほど減らないことや、都会のストレスから開放されること、田舎の仕事は概して都心での仕事に比べて時間の流れがゆったりしていて、いろいろな意味で精神的なストレスが少ないことなどが指摘されている。子供を産み子育てをするライフステージの家族などに特に好評な募集もいくつも存在している。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見たチェーン店

    「全国展開」を自称するチェーン店(専門店・飲食店・コンビニなど)でも、県庁所在地・政令指定都市を除く、市・郡(町村)や離島には出店しない企業も多いため、全ての市・町・村に対する商圏が形成されない。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た

    人口や住宅が少ない場合でも、全く人間の営みが感じられない地域(砂漠、山岳森林地帯など、人工物の設置がない場所)を田舎と呼ぶことは少ない。人間の生活圏の中で、人間活動が比較的まばらとなっている地域が田舎とされるのであり、どの程度まばらであれば田舎となるかは、主観に基づくこととなる。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見たゲームセンター

    同様に、風営法や各地の条例に基づき設置される、「娯楽」に特化した遊技場(ゲームセンター、映画館、インターネットカフェなど)も出店されることがほとんどない。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見たホワイトカラー

    都市部より賃金が安い(ブルーカラーの賃金が都市部のホワイトカラーより安くなることもある)。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見たブルーカラー

    都市部より賃金が安い(ブルーカラーの賃金が都市部のホワイトカラーより安くなることもある)。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た県庁所在地

    明治維新に伴い、京都から東京に首都機能が遷されると、第二次世界大戦までの時代には、主に行政・経済面で東京一極集中が進んだ。特に高度経済成長期以降は、経済面で東京・太平洋ベルトおよび各県庁所在地への激しい集中が進み、特に経済・産業・娯楽面における分野で、東京および太平洋ベルトの大都市と地方との間に大きな格差を招いた。そのため、1970年代頃までは、東京や横浜,京阪神などの住民の中に、他の地方を「田舎」として否定的にとらえる意識が見られ、同様に、他の地方の住民にも、自らを田舎住民として卑下する傾向が見られた。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た公害

    近年は人々を都心から遠ざけてきた公害が改善されたと同時に、田舎の雇用が著しく減少したことが、都市部への人口移動(都心回帰)を促進している。また、田舎ではモータリゼーションが生活の利便性を向上させている面もあるが、車社会化の弊害も顕著になっており、自動車の運転が困難になった高齢者が都市部に移住する動きもある。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見たプライバシー

    住民の私生活に干渉することで助け合う気質が強く、プライバシーに干渉されやすい。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た放送

    放送・通信のサービスが十分に受けられない。田舎 フレッシュアイペディアより)

128件中 31 - 40件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード