128件中 41 - 50件表示
  • 田舎

    田舎から見たLong Term Evolution

    ブロードバンド(ADSL・FTTH、LTEなど)を全ての市・町・村へ提供することが法的に義務づけられていない(基礎的電気通信役務に含まれていない)ことと、人口の極端に少ない地域では採算が見込めないため、ADSLのサービス自体も受けられない場合がある。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た万葉集

    田舎の概念は、都市の発生に伴って登場した。日本では、飛鳥時代から奈良時代にかけて、藤原京や平城京などの大規模な都市が初めて建設されたが、貴族層を中心として、これらの都市の住民の中に都市住民としてのアイデンティティが形成され、その裏返しとして、都市以外の地域や住民に対する優越意識(都市部を優先する意識)が生まれたことが、『万葉集』などから読みとれる。これにより、都市以外の地域を別世界、すなわち「田舎」と捉える概念が発生したと考えられている。『日本国語大辞典』によると、中古は平安京の外側すべてが田舎とされていた。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た賃金

    田舎は生活の利便性が低く、職業の選択肢が少ないうえ賃金の安いことが、若年層による都市部への人口移動と過疎化を促す原因となることが多かった。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た都市

    田舎(いなか、)または鄙(ひな)とは、農村・漁村・山村・離島のように、人口や住宅が疎で辺鄙な地域を指す概念・用語。対義語は、都市、都会、都など。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た定年退職

    また、都市部で生活している人々が、自分の出身地とは別の田舎に移り暮らそうという動きも一部で見られ、こえを「Iターン現象」と呼ぶ。例えば、定年退職者で定年後に田舎を永住地とするよう本格的に農業を営みつつ暮らす人や、30?50代のうちに田舎で林業の仕事を始めつつ暮らす人、漁師の仕事を始める人、農業を始める人などがいる。最近では、人口減に悩む地方自治体が、全国のIターン希望者を視野に入れつつ、都市部での生活では受けられない様々な好条件(新築で現代的な鉄筋コンクリートの町営住宅などの格安提供や数年間の無料提供、医療の無料化、学校・教育費などの無料化、子育て支援費など)を高付加価値として提示しつつ、そのような生活を希望する人を募集することが行われるようになっている。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見たモータリゼーション

    近年は人々を都心から遠ざけてきた公害が改善されたと同時に、田舎の雇用が著しく減少したことが、都市部への人口移動(都心回帰)を促進している。また、田舎ではモータリゼーションが生活の利便性を向上させている面もあるが、車社会化の弊害も顕著になっており、自動車の運転が困難になった高齢者が都市部に移住する動きもある。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た人吉市

    熊本県人吉市や球磨郡を舞台としている。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た日葡辞書

    鎌倉時代の文書に「叡山、園城、高野、京中、田舎」(『鎌倉遺文』12620号)と見え、「重要な地域」以外はすべて「田舎」と称されていたことがわかる。また、同時期の他文書によれば、京郊外や鎌倉、在地の荘園も田舎と認識されていた。17世紀初頭に成立した『日葡辞書』は五畿内以外を一般に田舎と呼ぶとしている。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た俗語

    村落は学術的に用いられることが多いのに対して、田舎や村はよりくだけた俗語・日常用語である。また、生まれ(育ち)故郷を指す場合もある。田舎 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎

    田舎から見た巡礼 (通俗)

    ドラマや映画といった「実写」のメディアでは田舎が舞台の作品は多数制作されていたが、近年では漫画・アニメなどで実在の田舎(またはモデルの地域)を舞台として描かれる作品も増えつつあり、作品の舞台が巡礼や地域おこしの対象として注目されることもある。田舎 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード