212件中 91 - 100件表示
  • 栃木県立栃木高等学校

    栃木県立栃木高等学校から見た東京田辺製薬田辺三菱製薬

    野部晃司(46回)- 元東京田辺製薬社長栃木県立栃木高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • メディセオ

    メディセオから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    医薬品卸の再編成の始まりは、昭和40年代の「現金添付販売」(現在は違法)であった。大型卸は対応ではきたが中小の卸では経営が行き詰まり「医薬品製造メーカー」が「卸の救済」と「メーカーの債権保全」の為に合併を進めた。その為各卸には、メーカーの資本が入りメーカー系列卸が誕生する。武田薬品・塩野義製薬・田辺製薬・三共・大正製薬系列が多数全国に存在するようになる。メディセオ フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉正和

    岩倉正和から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    日本における代表的なM&A弁護士の一人。租税法や知的財産法を巡る訴訟も多く手がける。興銀税務訴訟、ブルドックソース事件、みずほホールディングスの設立、みずほ証券と新光証券の合併、みずほ証券を代理してジェイコム株大量誤発注事件による東京証券取引所に対する損害賠償請求、キヤノンのカートリッジ訴訟、三菱ウェルファーマと田辺製薬の合併など数々の著名な案件で活躍する。岩倉正和 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害

    薬害から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    止血目的で投与された血液製剤(血液凝固因子製剤即ちフィブリノゲン製剤、非加熱第IX因子製剤)によるC型肝炎(非A非B型肝炎)の感染被害。1987年前後に使用したと疑われる元患者らがC型肝炎を発症したことから、1998年に「ニュースJAPAN」が「薬害」疑惑として追跡報道を始め、2004年になって製薬会社ミドリ十字(現田辺三菱製薬)が事実を認めた。フィブリノゲン製剤の推定投与数は約29万人であり、推定肝炎発生数1万人以上と試算している。薬害 フレッシュアイペディアより)

  • 新グロモント

    新グロモントから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    1964年5月、当時の中外製薬が開発した薬用成分「グルクロノラクトン」(通称グロンサン)を配合した、バーモント(アップルビネガー&蜂蜜)味の医薬品ドリンク『グロンサンバーモント』として発売。競合商品は大正製薬の『リポビタンD』、大日本製薬(現:大日本住友製薬)の『ヘルタスバーモント』、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)の『アスパラC(現在のアスパラドリンク)』、日本製薬(発売元は武田薬品工業)の『ポリタンC』であった。のちに商品名を縮めて『グロモント』に、その後処方を強化し、現在の商品名となる。新グロモント フレッシュアイペディアより)

  • ジルチアゼム

    ジルチアゼムから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    ジルチアゼム塩酸塩()は、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)により合成・開発された血管拡張薬のひとつ。CAS登録番号は 1。ジルチアゼム フレッシュアイペディアより)

  • 田辺製薬販売

    田辺製薬販売から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    田辺製薬販売(たなべせいやくはんばい)はジェネリック医薬品の販売を行う田辺三菱製薬の子会社である。田辺製薬販売 フレッシュアイペディアより)

  • マツモトキヨシ九州販売

    マツモトキヨシ九州販売から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    旧法人のミドリ薬品時代に、薬害エイズ事件が発生した際、主犯格となった企業のミドリ十字(現在の田辺三菱製薬)とは一切関係ないと広告に載せたことがある。マツモトキヨシ九州販売 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙船XL-5

    宇宙船XL-5から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    日本では1963年4月5日?1963年12月27日にフジテレビで放映された。提供スポンサーは田辺製薬(現:田辺三菱製薬)一社で、「宇宙で生きぬこう」という副題が添えられている。宇宙船XL-5 フレッシュアイペディアより)

  • 八木治郎ショー

    八木治郎ショーから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    ちなみに、スポンサーは筆頭スポンサーの田辺製薬(現・田辺三菱製薬)をはじめとした複数社の提供だった。八木治郎ショー フレッシュアイペディアより)

212件中 91 - 100件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード