274件中 91 - 100件表示
  • サン・ファーマ

    サン・ファーマから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    2016年11月よりノバルティス 社の長期収載品14品についてサンファーマに移管される事が発表された。移管後は田辺三菱製薬と提携が行われる。サン・ファーマ フレッシュアイペディアより)

  • 中岡好仁堂

    中岡好仁堂から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    昭和46年1月厚和薬品・4月田辺薬品(近畿圏域の医薬品卸で製薬メーカーの田辺製薬とは別会社)と近畿圏大型合併により同時に「三星堂」に合併中岡好仁堂 フレッシュアイペディアより)

  • マルゴ経営研究会

    マルゴ経営研究会から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    株式会社マルゴ経営研究会(まるごけいえいけんきゅうかい)は、かつて存在した田辺製薬系企業であった。マルゴ経営研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 忍者部隊月光

    忍者部隊月光から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    スポンサーは田辺製薬(現・田辺三菱製薬)1社提供だった。忍者部隊月光 フレッシュアイペディアより)

  • インクレチン

    インクレチンから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    テネリア(1日1回)(田辺三菱製薬/第一三共)インクレチン フレッシュアイペディアより)

  • 新グロモント

    新グロモントから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    1964年5月、当時の中外製薬が開発した薬用成分「グルクロノラクトン」(通称グロンサン)を配合した、アメリカ合衆国・バーモント州に伝わる民間療法「バーモント健康法」を利用したアップルビネガー&蜂蜜味の医薬品ドリンク『グロンサンバーモント』として発売。競合商品は大正製薬の『リポビタンD』、大日本製薬(現:大日本住友製薬)の『ヘルタスバーモント』、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)の『アスパラC(現在のアスパラドリンク)』、第一製薬(現:第一三共)の『マミアン』、日本製薬(発売元は武田薬品工業)の『ポリタンC』であった。のちに商品名を縮めて『グロモント』に、その後処方を強化し、現在の商品名となる。新グロモント フレッシュアイペディアより)

  • トラセミド

    トラセミドから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    日本では高血圧には適応はない。日本での商品名は ルプラック(田辺三菱製薬製造販売、大正富山医薬品発売)。トラセミド フレッシュアイペディアより)

  • 手島志郎

    手島志郎から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    1932年東大卒業後、農林省入りし中国で仕事をしたが、太平洋戦争で帰国し1940年田辺製薬入社。1947年の東西対抗試合(天覧試合)では全関西代表の監督を務めた。その後、田辺製薬サッカー部の強化に携わり全日本実業団選手権大会6連覇(1950?55年)に貢献。また関西サッカー協会理事を務めた。この他、日本人初のFIFA常任理事を務めた市田左右一をサッカー界に引き入れたのは、旧制広島高校の先輩・手島という。社業ではサッカー仲間でもある田辺五兵衛社長(第14代田辺五兵衛)を助けて常務などを歴任し同社の発展に尽くした。1959年に同社を退社。手島志郎 フレッシュアイペディアより)

  • イミプラミン

    イミプラミンから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    イミプラミン (imipramine) は、抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。脳内神経末端へのノルアドレナリン、セロトニンの再取り込みを阻害する。塩酸塩は無臭で水に溶けやすい。第1世代の三環系抗うつ薬として知られ、うつ病、うつ状態、夜尿症の治療に用いられる。商品名トフラニールでアルフレッサファーマから、イミドールで田辺三菱製薬から販売されている。イミプラミン フレッシュアイペディアより)

  • フェヌグリーク

    フェヌグリークから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    コロハ - 田辺三菱製薬フェヌグリーク フレッシュアイペディアより)

274件中 91 - 100件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード