212件中 11 - 20件表示
  • 日医工

    日医工から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    また、OTC医薬品(一般用医薬品)も扱っており、日本たばこ産業(JT)と吉富製薬(現・田辺三菱製薬)の合弁会社だった「ライフィックス」の事業を引き継ぎ、2002年より扱いを始めた。それにより、いままでライフィックス社の扱いだった製品(風邪薬・エザック/胃腸薬・日医工A2胃腸薬(旧・「ライフィックス胃腸薬」)/ドリンク&ビタミン剤・ベッセン)が日医工に移管、同社の製品となって発売されたが、2007年7月に新新薬品工業へ事業譲渡された。日医工 フレッシュアイペディアより)

  • かずさアカデミアパーク

    かずさアカデミアパークから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    1998年 民間研究所第一号となる東京田辺製薬(現:田辺三菱製薬)「かずさ研究所」開所かずさアカデミアパーク フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    2001年(平成13年)9月に田辺製薬(現・田辺三菱製薬)との経営統合が発表されたが、同年12月に白紙撤回を発表。2002年(平成14年)10月に富山化学工業の第三者割り当て引き受けを実施。子会社とし、両社の医療用医薬品の営業販売部門を折半出資した大正富山医薬品へ移行した。同社のマークは 山の上にワシが飛んでいる物である。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • ハニホー・ヘニハー

    ハニホー・ヘニハーから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    1991年2月に来日。1998年の全日本ボディビル大会で3位入賞。1999年より放送された田辺製薬(現、田辺三菱製薬)「アスパラドリンク」のテレビCMで、ボディビルで鍛え上げられた筋肉隆々の体格に、たれ目でおかっぱ頭姿の「アスパラマン」を演じ、「一本いっとく?」の台詞とともに一躍人気者となった。芸名の「ハニホー・ヘニハー」は、映画監督の石井克人が同CMの監督を担当した際に命名したものである。ハニホー・ヘニハー フレッシュアイペディアより)

  • 我修院達也

    我修院達也から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    事件の影響で若人の名前が嫌になった本人は、イメージを刷新すべく、1993年に我修院達也へ4度目の改名(菩提寺の住職に依頼、経文から引用して付けてもらう。ゆえに作曲家のジョージ・ガーシュウィンから捩ったのではない)。改名当初は仕事に恵まれず、通信カラオケの編曲やキャバレー回りをしていた。1999年には、子供の頃から我修院(若戸)のファンだったという石井克人に起用され、映画『鮫肌男と桃尻女』に出演。さらに、「アスパラドリンク」(田辺製薬)のテレビCM1やSMAP「Fly」のプロモーションビデオなど、石井の作品に数々出演。これが注目されて、スタジオジブリ作品での声優などの仕事が入るようになり、現在は“個性派俳優””怪優”として活躍している。我修院達也 フレッシュアイペディアより)

  • 一般用医薬品

    一般用医薬品から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    ピタクイック(田辺三菱製薬一般用医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 目薬

    目薬から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    現在の一般的な目薬は点眼口が容器の上にあるが田辺製薬(現・田辺三菱製薬)が容器の横に点眼口のあるサイドドロップ容器を開発、2001年度グッドデザイン賞を受賞した。先端恐怖症で点眼が苦手な人でも簡単に点眼することができる。目薬 フレッシュアイペディアより)

  • カルシウム拮抗剤

    カルシウム拮抗剤から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    ヘルベッサー・R(田辺三菱製薬:一般名ジルチアゼム塩酸塩)カルシウム拮抗剤 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神工業地帯

    阪神工業地帯から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    医薬:ロート製薬本社工場、参天製薬本社工場、三共大阪工場、武田薬品工業大阪工場、塩野義製薬大阪工場、田辺三菱製薬加島事業所、小林製薬大阪工場など阪神工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 吉富町

    吉富町から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    吉富町(よしとみまち)は、福岡県の東部、築上郡に属する町である。町内には田辺三菱製薬株式会社(旧 吉富製薬→ウェルファイド→三菱ウェルファーマ)の連結子会社である田辺三菱製薬工場株式会社(2005年4月1日に三菱ウェルファーマの足利工場・吉富工場を分社)があり、旧吉富製薬の企業城下町として発展した町である。吉富町 フレッシュアイペディアより)

212件中 11 - 20件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード