212件中 21 - 30件表示
  • 三菱ウェルファーマ

    三菱ウェルファーマから見た東京田辺製薬田辺三菱製薬

    1943年 - 社名を東京田辺製薬株式会社と改称。三菱ウェルファーマ フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    鎮痒消炎薬として、クリームタイプの「フェミニーナ軟膏S【第2類医薬品】」のほか、手が汚れないミストタイプの「フェミニーナミスト【第2類医薬品】」も販売されており、刺激のある化学成分やホルモン剤を使っていない潤滑ゼリー「フェミニーナなめらかゼリー」もある。2010年9月には膣カンジダの再発治療薬として「フェミニーナ 膣カンジダ錠【第1類医薬品】(製造販売元:田辺三菱製薬)」を発売。尚、当製品は当社初の【第1類医薬品】に分類される為、従来からの購入方法に加え、購入カード(セルフチェックシート)に記載のQRコードから携帯サイトへアクセスして症状を自分で確認し、店頭の薬剤師に携帯電話を提示するだけでスムーズに購入できるシステムを導入する。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村薬品

    吉村薬品から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    昭和24年「峯崎薬品」(後の「田辺峯崎株式会社」)(大阪府)が、別府市に進出し「田辺製薬」の製品を主力として大分県の薬品乱売が勃発吉村薬品 フレッシュアイペディアより)

  • ハザマ共栄堂薬房

    ハザマ共栄堂薬房から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    戦後の高知県内の武田薬品主力卸「中澤薬業株式会社」「株式会社尚生堂薬品」「有限会社河村薬品商会」「合資会社竹村薬輔」「松田博愛堂」・田辺製薬主力の「藤本薬品」「間共栄堂薬房」・塩野義製薬主力の「梅花堂薬品株式会社」や「株式会社松井薬品商会」・「梅ノ辻薬局」・香川県の武田薬品主力「地藤薬品有限会社・高知支店」・ 愛媛県の武田薬品・三共主力「厚生薬品株式会社・高知支店」・徳島県の「厚生堂株式会社・安芸支店」があった。ハザマ共栄堂薬房 フレッシュアイペディアより)

  • エーメイ

    エーメイから見た田辺製薬田辺三菱製薬

    エーメイ株式会社は、かつて大阪府大阪市阿倍野区相生通二丁目12番10号に本社を置いていた、主に医薬品・医療機器の卸売りを扱う企業であった。田辺製薬系医薬品卸。 現在は、「共創未来グループ」「株式会社葦の会」の一社「東邦薬品」であるエーメイ フレッシュアイペディアより)

  • ホンオニク

    ホンオニクから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    ニクジュヨウは、生薬配合の滋養強壮剤であるゼナ(大正製薬)、ナンパオ(田辺三菱製薬)、ユンケル黄帝ゴールド(佐藤製薬)、ユースゲンキング(エスエス製薬)などにも配合されている。ホンオニク フレッシュアイペディアより)

  • 三菱製薬

    三菱製薬から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 東京田辺製薬

    東京田辺製薬から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    東京田辺製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺製薬

    田辺製薬から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    田辺製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 光南薬品

    光南薬品から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    設立当初は、最大取引メーカーである「エーザイ」と特約店であったが、「エーザイ」が「沖縄エイザイ(オキエイ)を設立し、「エーザイ」特約店から外れる。その後「琉球薬品(後の琉薬)」の特約店「第一製薬」が代理店を「光南薬品」に変更し、「エーザイ」にかわり、最大取引メーカーとなる。本土復帰以前の沖縄地区は、日本本土と違い一代理店性を取っており、メーカーの代理店変更もあった。田辺製薬の「琉球薬品」から「オリオン薬品(後のオリオン九宏)」へ変更しさらに「沖縄薬品」へ、三共の那覇薬品から「琉薬」へ変更されている。光南薬品 フレッシュアイペディアより)

212件中 21 - 30件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード