212件中 51 - 60件表示
  • 森田草楽堂

    森田草楽堂から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    エーザイ、大塚製薬、武田薬品工業、田辺製薬、和光純薬工業、全薬工業 など森田草楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 三星堂 (医薬品卸)

    三星堂 (医薬品卸)から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    昭和46年1月厚和薬品・4月田辺薬品(近畿圏域の医薬品卸で製薬メーカーの田辺製薬とは別会社)と近畿圏大型合併により「中岡好仁堂」(大阪府池田市)「ヤナリ薬品」(大阪府堺市)「南野薬品」「近畿畜産薬品」(大阪府大阪市東区)「和光堂薬品」(大阪府茨木市)「大阪診療薬品」(大阪府堺市)「岡部薬品」(大阪府大阪市都島区)「東大阪診療薬品」(大阪府東大阪市)も同時に吸収合併三星堂 (医薬品卸) フレッシュアイペディアより)

  • 製品戦略部

    製品戦略部から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    製品戦略部が存在する製薬企業には、武田薬品工業、アステラス製薬、田辺三菱製薬、マルホなどが挙げられる。製品戦略部 フレッシュアイペディアより)

  • フィンゴリモド

    フィンゴリモドから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    京都大学の藤多哲朗教授と台糖、吉富製薬の共同研究でIsaria sinclairii(冬虫夏草菌の一種)に含まれる成分ミリオシン(Myriocin、ISP-1)に免疫抑制効果が見出されたことから、この化合物の構造に基づいて新たに合成され、その後三菱ウェルファーマ・現田辺三菱製薬等で開発が行われている。フィンゴリモド フレッシュアイペディアより)

  • サロメチール

    サロメチールから見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    1921年(大正10年)に東京田辺製薬株式会社から三菱ウェルファーマ(現・田辺三菱製薬株式会社)と発売された。元はフランスで同時期に発売された「ボーム・ベンゲ」軟膏に、東京田辺製薬(田辺元三郎商店)がサリチル酸メチルが主成分であることからその開発をはじめ、また粉石鹸をベースにしたべとつきの少ない軟膏作りも並行して開発し、25グラムチューブ入り「サロメチール」が発売を開始した。商品名はサリチル酸の「サ」、ロイマチス(リウマチ)の「ロ」、メチルから名付けられた。サロメチール フレッシュアイペディアより)

  • 茅野健

    茅野健から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    東京都生まれ。東京帝国大学工学部電機工学科卒業。日本放送協会技術研究所員、田辺製薬取締役を経て陸軍多摩研究所技師。1944年名古屋帝国大学教授になる。その後電電公社経営調査室次長を経て、松下通信工業専務取締役、松下電器産業技術本部東京事務所長。株式会社オーケン社長になる。1958年デミング賞を受賞。茅野健 フレッシュアイペディアより)

  • 大協

    大協から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    昭和38年 田辺製薬との「MSC」加盟大協 フレッシュアイペディアより)

  • 宝井誠明

    宝井誠明から見た田辺製薬田辺三菱製薬

    田辺製薬 「アスパラドリンク」 砂浜篇(2001年)宝井誠明 フレッシュアイペディアより)

  • アスカム

    アスカムから見た田辺製薬田辺三菱製薬

    ツムラ、アステラス製薬、テルモ、エーザイ、興和、大塚製薬、ニプロ、協和発酵、グラクソ・スミスクライン、ノバルティス、第一三共、久光製薬、塩野義製薬、大鵬薬品、明治製菓、田辺製薬、持田製薬 などアスカム フレッシュアイペディアより)

  • 出羽薬品

    出羽薬品から見た田辺三菱製薬田辺三菱製薬

    伊庭屋薬品は山形地区の血液銀行(後のミドリ十字・現田辺三菱製薬)代理店であった。出羽薬品 フレッシュアイペディアより)

212件中 51 - 60件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード