172件中 21 - 30件表示
  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た大阪証券取引所

    1949年(昭和24年) - 東京証券取引所、大阪証券取引所上場。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た大日本住友製薬

    11月1日 - アニマルヘルス(動物薬)事業を大日本製薬(現・大日本住友製薬)に営業譲渡する。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見たエスエス製薬

    旧三菱ウェルファーマの事業は2004年(平成16年)に佐藤製薬に譲渡(サロメチールの製造は当社で引き続き行っていたが、製造権も2011年秋に佐藤製薬へ承継された)されているため、旧田辺製薬のみの事業となる。当社は旧田辺製薬時代からのアスパラシリーズやナンパオシリーズを当社の主力製品としている。尚、アスパラシリーズは医療用の分野でも主力製品である。かつて旧田辺製薬時代に胃腸鎮痛薬「ブスコパン」が発売されていたがエスエス製薬に譲渡された。但し、旧田辺製薬時代もエスエス製薬になってからもドイツの製薬会社日本ベーリンガーインゲルハイムとの技術提携で製造販売を行っている。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た佐藤製薬

    旧三菱ウェルファーマの事業は2004年(平成16年)に佐藤製薬に譲渡(サロメチールの製造は当社で引き続き行っていたが、製造権も2011年秋に佐藤製薬へ承継された)されているため、旧田辺製薬のみの事業となる。当社は旧田辺製薬時代からのアスパラシリーズやナンパオシリーズを当社の主力製品としている。尚、アスパラシリーズは医療用の分野でも主力製品である。かつて旧田辺製薬時代に胃腸鎮痛薬「ブスコパン」が発売されていたがエスエス製薬に譲渡された。但し、旧田辺製薬時代もエスエス製薬になってからもドイツの製薬会社日本ベーリンガーインゲルハイムとの技術提携で製造販売を行っている。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た日本赤十字社

    日本血液製剤機構 - 2012年(平成24年10月)にベネシスと日本赤十字社の血漿分画事業部門が統合し、一般社団法人化田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た田辺製薬

    10月1日 - 田辺製薬を存続会社として非上場(上場持株会社傘下)の三菱ウェルファーマを吸収合併し、田辺三菱製薬が発足。前身会社にはC型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤を製造販売していた旧・ミドリ十字がある。C型肝炎ウイルス事件に対し、同社は同年11月長年厚生労働省によって放置されていた患者の個人情報を医療機関に通知した。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た小林製薬

    自社開発のオキシコナゾール硝酸塩を配合した医療用医薬品「オキナゾール膣錠100mg」をスイッチOTC化した膣カンジダの再発治療薬。なお、この製品は小林製薬へもOEM供給しており、同社からは「フェミニーナ 膣カンジダ錠」の商品名で発売されている。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た一般用医薬品

    3月2日 - ロングセラーの外皮用薬「フルコートF」を一般用医薬品にリニューアルし発売。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た大阪市

    本社:大阪府大阪市中央区北浜二丁目6番18号田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た薬害エイズ事件

    三菱ウェルファーマの前身は複雑で、薬害エイズ事件を引き起こした旧ミドリ十字、そのミドリ十字を吸収した旧吉富製薬(のちウェルファイドに改称)、旧三菱化学の薬業部門、そして旧東京田辺製薬の4社に分けることができる。そのうちの東京田辺は、1900年代初頭に田邊五兵衛商店(田辺製薬)から田邊元三郎商店として独立。その際、田辺製薬との資本関係は解消したが、一時期、田辺?東京田辺間で西日本(田辺)・東日本(東京田辺)の営業地域分けを行っていたこともある。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

172件中 21 - 30件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード