172件中 61 - 70件表示
  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見たペットボトル

    2011年(平成23年)4月27日午後2時30分頃、横浜事業所の研究棟で、同僚の男女5人に劇物の硫酸タリウムが入ったウーロン茶を飲ませたとして、研究員の男(40歳)が傷害容疑で逮捕された。ウーロン茶は研究棟であった女性社員の結婚祝いで出されたもので、男は粉末状の硫酸タリウムの小瓶を薬品庫から持ち出し、事件の数日前、水に溶かして研究棟の冷蔵庫にあったウーロン茶のペットボトルに混入したという。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見たバクスター (製薬会社)

    ミドリ十字がアメリカでの事業拠点としていた子会社アルファ・テラピューティック・コーポレーションは、田辺三菱の関連会社として存続しているが、合併前の2002年(平成14年)に血漿分画製剤事業をスペインのグリフォルス社に、採血(血液銀行)部門をバクスター社に売却し、現在は休眠状態にある。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た長生堂製薬

    10月19日 - 長生堂製薬との資本業務提携を解消し、保有していた同社株式を同社の代表取締役社長である播磨久明氏へ譲渡。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見たエビオス

    エビオス 一般用はアサヒフードアンドヘルスケアから製造販売されている。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た三菱財閥

    田辺三菱製薬の親会社・三菱ケミカルホールディングスと田辺三菱製薬の前身企業のうち三菱ウェルファーマは三菱グループに属し、三菱ウェルファーマの源流企業の1つ・三菱化学は三菱金曜会と三菱広報委員会の双方に所属しているが、田辺三菱製薬のもう1つの前身企業・田辺製薬は三和グループに所属しているので、田辺三菱製薬は三菱系の製薬会社であると同時に三和系の製薬会社であるといえる。クリスマシンやフィブリノゲンによる患者の投与においての政府上の問題に関しては三菱ウェルファーマの欄を参照。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見たTBSテレビ

    アッコにおまかせ!(30秒、TBS、一時期。)田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見たテイカ製薬

    アスパラ目薬モイストCL【第3類医薬品】 - コンタクトレンズにも使用できるとろみのある目薬。ドライアイにも対応する(製造販売元:テイカ製薬)。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た田辺三菱製薬工場

    10月1日 - 製造部門子会社2社(山口田辺製薬・MPテクノファーマ)を統合し、田辺三菱製薬工場を発足。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た大阪近鉄バファローズ

    日本生命球場 - 近鉄バファローズ本拠地時代、バックスクリーンにアスパラの広告を掲げていた。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た日本ベーリンガーインゲルハイム

    旧三菱ウェルファーマの事業は2004年(平成16年)に佐藤製薬に譲渡(サロメチールの製造は当社で引き続き行っていたが、製造権も2011年秋に佐藤製薬へ承継された)されているため、旧田辺製薬のみの事業となる。当社は旧田辺製薬時代からのアスパラシリーズやナンパオシリーズを当社の主力製品としている。尚、アスパラシリーズは医療用の分野でも主力製品である。かつて旧田辺製薬時代に胃腸鎮痛薬「ブスコパン」が発売されていたがエスエス製薬に譲渡された。但し、旧田辺製薬時代もエスエス製薬になってからもドイツの製薬会社日本ベーリンガーインゲルハイムとの技術提携で製造販売を行っている。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

172件中 61 - 70件表示

「田辺三菱製薬」のニューストピックワード