77件中 21 - 30件表示
  • 桑野和泉

    桑野和泉から見た由布院温泉由布院温泉

    桑野 和泉(くわの いずみ、1964年8月1日 - )は、大分県由布市の由布院温泉で旅館由布院玉の湯を経営する実業家。株式会社玉の湯代表取締役社長。由布院温泉観光協会会長。桑野和泉 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊アドバンス大分

    月刊アドバンス大分から見た由布院温泉由布院温泉

    連載記事をまとめて「おおいた文庫」シリーズとして単行本化しており、同シリーズには由布院温泉・亀の井別荘の経営者中谷健太郎『たすきがけの湯布院』などが含まれている。月刊アドバンス大分 フレッシュアイペディアより)

  • にっぽんの温泉100選

    にっぽんの温泉100選から見た湯布院温泉由布院温泉

    2009年12月に発表された「第23回にっぽんの温泉100選」によると、1位は群馬県の草津温泉で、7年連続で1位を獲得した。2位は北海道の登別温泉、3位は大分県の湯布院温泉である。にっぽんの温泉100選 フレッシュアイペディアより)

  • 湯布院駐屯地

    湯布院駐屯地から見た由布院温泉由布院温泉

    最寄の演習場は、十文字原演習場と日出生台演習場。由布院温泉に位置するため、駐屯地の浴場は温泉である。駐屯地司令は、西部方面特科隊長が兼務。湯布院駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 国民保養温泉地

    国民保養温泉地から見た由布院温泉由布院温泉

    湯布院温泉(由布院温泉、湯平温泉、塚原温泉)国民保養温泉地 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利空桑

    毛利空桑から見た由布院温泉由布院温泉

    由布市(旧湯布院町)の由布院温泉にある金鱗湖は、水から跳ねる魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て、1884年(明治17年)に空桑が名付けたものと伝えられている。毛利空桑 フレッシュアイペディアより)

  • アンノン族

    アンノン族から見た由布院温泉由布院温泉

    アンノン族によって女性が旅行の主体となった。以後 女性客を呼び込むことが観光地の発展に繋がることになった。そこで各観光地は女性客の好みに合うような街づくりを行った。現在人気の高い温泉、例えば由布院温泉などは早くから歓楽色を排除し、独自の静かな温泉街を形成している。なお 安易に女性を意識しメルヘン路線に走った観光地もあるが、現在は修正されつつある。アンノン族 フレッシュアイペディアより)

  • 奥座敷

    奥座敷から見た由布院由布院温泉

    都市近郊の温泉街を指す言葉としても用いられる「奥座敷」だが、元々は一般の立ち入りが限られた環境で、気のおけない間柄の限られた客をもてなす為の場所という本来の意味で用いられていた。例えば、別府の観光開発に尽力した油屋熊八は、1922年(大正11年)に歓楽的な温泉都市別府の亀の井ホテルとは別に、由布岳の麓にある金鱗湖の畔に内外からの著名人を招き接待する私的な別荘(現在の亀の井別荘)を建て、静かな温泉地由布院を「別府の奥座敷」として開発している。奥座敷 フレッシュアイペディアより)

  • 奥座敷

    奥座敷から見た由布院温泉由布院温泉

    別府の奥座敷:由布院温泉奥座敷 フレッシュアイペディアより)

  • 香椎浩平

    香椎浩平から見た由布院温泉由布院温泉

    大分県由布市湯布院町にある香椎荘はもともと香椎の別荘として建てられたもので、現在は温泉旅館として使用されている。香椎浩平 フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示

「由布院温泉」のニューストピックワード