77件中 31 - 40件表示
  • 油屋 (千と千尋の神隠し)

    油屋 (千と千尋の神隠し)から見た由布院温泉由布院温泉

    「油屋」や周辺の「不思議の町」の劇中設定のいくつかには、明治から昭和初期の別府温泉で活躍した油屋熊八周辺との共通点が指摘され、民放ローカル局の番組や地方夕刊紙で話題となった。熊八の盟友吉田初三郎が作成した昭和2年発行の観光ガイドの鳥瞰図には、「油屋」のような高い煙突のある別府亀の井ホテルが中央に大きく誇張されて描かれ、港にはたくさんの湯治舟と大きな汽船、海岸線を走る電車、そして鉄道で結ばれた山間の温泉地には湖畔の亀の井別荘も描かれるなど、劇中設定と共通するものが多い。油屋 (千と千尋の神隠し) フレッシュアイペディアより)

  • ジ・アッチィー

    ジ・アッチィーから見た由布院温泉由布院温泉

    トレードマークは温泉マーク。マスクの両耳には温泉マークをつけており温泉地である別府、湯布院をPRしている。ジ・アッチィー フレッシュアイペディアより)

  • るり色の砂時計

    るり色の砂時計から見た由布院温泉由布院温泉

    全体的な傾向として、11月から2月ごろまでの冬の時期は、由布院温泉、黒川温泉や嬉野温泉、指宿温泉といった温泉地を紹介することが多く、5月-8月ごろの夏の時期には、阿蘇、くじゅうなどの山間の高原地や、日南海岸などの海のリゾートを紹介することが多い。るり色の砂時計 フレッシュアイペディアより)

  • 旅館

    旅館から見た由布院温泉由布院温泉

    由布院温泉、黒川温泉など、繁栄を続けている温泉地を見れば、植栽や林野に富む風景など、情趣の感じられる景観の重要性は明らかである。また、ランプの宿などに見られる、旅館のサービスを最小限度に止めた懐古的なたたずまいの宿や、古民家的な物や、特異な地形に立つなどコンクリートの建物自体がノスタルジックなものとしてカメラマンなどにより位置づけられている場合は文化的な景観としての情緒があるため、テレビ取材等も多く、上記には該当しない。旅館 フレッシュアイペディアより)

  • 金鱗湖

    金鱗湖から見た由布院温泉由布院温泉

    金鱗湖(きんりんこ)は、大分県由布市(旧湯布院町)の由布院温泉にある池である。この池に朝霧がかかる風景は由布院温泉を代表する景観となっている。金鱗湖 フレッシュアイペディアより)

  • リゾート

    リゾートから見た由布院温泉由布院温泉

    定山渓温泉、花巻温泉郷、いわき湯本温泉(代表的な施設:スパリゾートハワイアンズ)、鬼怒川・川治温泉、草津温泉、箱根温泉(代表的な施設:箱根小涌園)、越後湯沢温泉、和倉温泉、加賀温泉郷、下呂温泉、熱海温泉、伊東温泉、有馬温泉、城崎温泉、南紀白浜温泉、皆生温泉、道後温泉、別府温泉、由布院温泉、霧島温泉郷、指宿温泉などリゾート フレッシュアイペディアより)

  • 風のハルカ

    風のハルカから見た由布院温泉由布院温泉

    地元の環境資産を有効に活用したユニークな地域づくりで高い評価を受けた由布院温泉の成功と、逆にその成功ゆえに、今までの成功の資産を次世代に向けてどう継承し、発展するかが切実な課題となっている現状を物語の伏線とし、そこに崩壊した家族を再生するための家族ひとりひとりの試行錯誤の物語を重ねている。風のハルカ フレッシュアイペディアより)

  • 風のハルカ

    風のハルカから見た湯布院温泉由布院温泉

    のどかな農村だった湯布院を名だたる温泉郷に育て上げた名物男で、その活躍ぶりはすでに伝説的存在となっている。正巳の父。「倉田旅館」の主人。現実の世界で湯布院温泉を現在の姿に育て上げた中谷健太郎(物理学者中谷宇吉郎の甥)ら何人かの著名な地元の牽引役らを投影した登場人物であり、この一群のモデルの人々と演じた藤竜也も、以前から親交がある。風のハルカ フレッシュアイペディアより)

  • 塚原高原

    塚原高原から見た由布院温泉由布院温泉

    鶴見岳に連なる伽藍岳の西麓で、由布市と別府市との境界付近に位置する。由布院温泉などの湯布院地域の中心部から由布岳を挟んで北側にあたるため、奥湯布院とも呼ばれる(ただし、奥湯布院と称する地域は他にも多数ある)。塚原高原 フレッシュアイペディアより)

  • チッキ

    チッキから見た由布院温泉由布院温泉

    託送手荷物のもう一つの機能である「駅から目的地へ(またはその逆)の手荷物配送」については、いくつかの取り組み事例が見られる。個別施設によるサービス提供が多いが、地域で横断的に行われている取り組みとして注目されるものに、大分県由布市由布院温泉の「ゆふいんチッキ」がある。これは由布院観光総合事務所(由布院温泉観光協会と由布院温泉旅館組合が共同運営)が2003年7月から提供しているもので、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線由布院駅前(受付所を開設)と各宿泊施設との間で手荷物託送を行う。自家用車の観光地乗り入れを減らすために鉄道の利便性を高める目的で始められ、一定の効果も認められている。名称は国鉄時代のチッキを意識して名づけられたものとのことである。チッキ フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示

「由布院温泉」のニューストピックワード