87件中 41 - 50件表示
  • 別府八景

    別府八景から見た由布院温泉由布院温泉

    現在、由布院温泉は大分県の一大観光地として全国的に有名であるが、当時は別府十湯の一つとして別府の奥座敷的な色合いの濃い場所であった。まだ観光地として独立しているわけではなく、あくまでも別府観光の一環として訪れる人が多かった。別府市内ではなかったにもかかわらず別府八景に選定されたのも、このためである。別府八景 フレッシュアイペディアより)

  • 別府港

    別府港から見た由布院由布院温泉

    東側停留所 - 第3埠頭・国東市・由布院・黒川温泉方面。バス停は3本ある。別府港 フレッシュアイペディアより)

  • シンフロ

    シンフロから見た由布院温泉由布院温泉

    由布院温泉 庄屋の館(大分県由布市)シンフロ フレッシュアイペディアより)

  • YOKARO

    YOKAROから見た由布院温泉由布院温泉

    臼杵 - 辻 - 湯布院 - 大分(光吉) - 博多YOKARO フレッシュアイペディアより)

  • 中谷治宇二郎

    中谷治宇二郎から見た由布院温泉由布院温泉

    石川県出身。中谷宇吉郎の弟。東京帝国大学卒。東大で縄文時代の研究を行う。1929年パリに行くが結核のため1932年帰国。大分県由布院温泉で療養しながら『日本先史学序史』を書いたが、34歳で早世。中谷治宇二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 香椎浩平

    香椎浩平から見た由布院温泉由布院温泉

    大分県由布市湯布院町にある香椎荘はもともと香椎の別荘として建てられたもので、現在は温泉旅館として使用されている。香椎浩平 フレッシュアイペディアより)

  • 第四学区

    第四学区から見た由布院温泉由布院温泉

    2人の出身地としてのみの共通項である東京都の第四学区について語り、かつ学区内を巡り歩くというもの(実際は、思い出話より、ただの下ネタや毒舌の方が多かった)。なお、第四学区とは都立高等学校の学区の一つであり、文京区、豊島区、北区、板橋区をその範囲とした(2003年撤廃)。また、ロケ地も第四学区内に留まらず、朝霞市の田園や大分県の湯布院温泉などでのロケもあった。第四学区 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東温泉

    伊東温泉から見た由布院温泉由布院温泉

    上記の数字が示すように、毎分34,000リットル(平均)という大分県の別府温泉・由布院温泉次ぐ湧出量を誇り、本州一である。ハトヤホテルのCMで全国的に有名である。温泉街中の至るところに源泉がある為、規模の大きいホテル・旅館でも源泉掛け流しを行っているところが多い。伊東温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉街

    温泉街から見た由布院温泉由布院温泉

    地形条件はその場所が、沿岸部、丘陵地、田園地帯、山野、河谷、急崖などによって温泉街の開発に制約が生じたり、また温泉街の構成に面的な変化が起こったりする(例:指宿温泉、伊香保温泉、宇奈月温泉など)。また、周辺の自然景観を借景や囲繞環境として有効活用したりと、温泉地のイメージに応じた開発が行われたりする(例:由布院温泉、瀬波温泉など)。温泉街 フレッシュアイペディアより)

  • 地熱発電

    地熱発電から見た湯布院温泉由布院温泉

    大分県湯布院温泉(工事中)地熱発電 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「由布院温泉」のニューストピックワード