87件中 61 - 70件表示
  • 塚原温泉

    塚原温泉から見た由布院温泉由布院温泉

    開湯は平安時代と言われる。かつては3軒の温泉旅館が存在したが、現在は入浴施設が1つのみである。古くは豊後国速見郡に点在する別府十湯の一つであったが、大正時代の行政区画の変化により、別府十湯から外れた。同時に由布院温泉もはずれ、現在の別府八湯の形となった。塚原温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 湯布院町

    湯布院町から見た由布院温泉由布院温泉

    町名とインターチェンジは「湯布院」であるが、駅名と温泉名は「由布院」である。なお、国民保養温泉地の名称は「湯布院温泉」である(湯布院町の温泉の意で、由布院温泉の他に湯平温泉と塚原温泉も含む)。湯布院町 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院盆地

    由布院盆地から見た由布院温泉由布院温泉

    由布院盆地(ゆふいんぼんち)は、大分県由布市湯布院町にある盆地。湯布院盆地とも表記する(「由布院」と「湯布院」の相違については由布院温泉参照)。由布院盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 風のハルカ

    風のハルカから見た由布院温泉由布院温泉

    地元の環境資産を有効に活用したユニークな地域づくりで高い評価を受けた由布院温泉の成功と、逆にその成功ゆえに、今までの成功の資産を次世代に向けてどう継承し、発展するかが切実な課題となっている現状を物語の伏線とし、そこに崩壊した家族を再生するための家族ひとりひとりの試行錯誤の物語を重ねている。風のハルカ フレッシュアイペディアより)

  • 風のハルカ

    風のハルカから見た湯布院温泉由布院温泉

    のどかな農村だった湯布院を名だたる温泉郷に育て上げた名物男で、その活躍ぶりはすでに伝説的存在となっている。正巳の父。「倉田旅館」の主人。現実の世界で湯布院温泉を現在の姿に育て上げた中谷健太郎(物理学者中谷宇吉郎の甥)ら何人かの著名な地元の牽引役らを投影した登場人物であり、この一群のモデルの人々と演じた藤竜也も、以前から親交がある。風のハルカ フレッシュアイペディアより)

  • 伊東市

    伊東市から見た由布院温泉由布院温泉

    伊東温泉 - 泉質は単純泉、弱食塩泉(源泉による)。毎分34,000リットル(平均)と大分県の別府温泉・由布院温泉に次ぐ湧出量を誇り、本州一である。ハトヤホテルのCMで全国的に有名である。伊東市 フレッシュアイペディアより)

  • 由布岳

    由布岳から見た由布院温泉由布院温泉

    風のハルカ - 由布院温泉が舞台で由布岳が登場由布岳 フレッシュアイペディアより)

  • 由布市

    由布市から見た由布院温泉由布院温泉

    由布市(ゆふし)は、大分県のほぼ中央に位置する市である。温泉地として名高い由布院温泉を擁する観光都市である一方、大分市のベッドタウンとしての性格も併せ持つ。由布市 フレッシュアイペディアより)

  • 九州横断バス

    九州横断バスから見た由布院由布院温泉

    定期観光バスではあるが、実質的には別府市と熊本市を結ぶ路線バスとしても機能している。とはいえ、沿線には阿蘇山をはじめ、黒川温泉や由布院、城島高原、別府温泉、水前寺公園や熊本城など観光資源に非常に恵まれていることや、雄大な阿蘇の景観が車窓に展開することから、この路線に乗ること自体が観光になりうるという点や、単純に熊本と別府の都市間移動のみが目的の場合は直行の特急バスやまびこ号の方が速く運賃も安いということを考えれば、やはり観光バスといえる(黒川温泉への交通手段としては貴重な存在でもある)。実際JTBの『時刻表』では、この路線は「定期観光バス」の欄に掲載されている。したがって、時刻表でこの路線を調べるときは注意を要する。九州横断バス フレッシュアイペディアより)

  • 奥座敷

    奥座敷から見た由布院由布院温泉

    都市近郊の温泉街を指す言葉としても用いられる「奥座敷」だが、元々は一般の立ち入りが限られた環境で、気のおけない間柄の限られた客をもてなす為の場所という本来の意味で用いられていた。例えば、別府の観光開発に尽力した油屋熊八は、1922年(大正11年)に歓楽的な温泉都市別府の亀の井ホテルとは別に、由布岳の麓にある金鱗湖の畔に内外からの著名人を招き接待する私的な別荘(現在の亀の井別荘)を建て、静かな温泉地由布院を「別府の奥座敷」として開発している。奥座敷 フレッシュアイペディアより)

87件中 61 - 70件表示

「由布院温泉」のニューストピックワード