52件中 21 - 30件表示
  • 由布院温泉

    由布院温泉から見たとよのくに号

    とよのくに号(福岡 - 大分)各停。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見た対馬

    ここで「湯布院(本来は由布院と表記すべき)は健在だ」と全国にPRするため、観光協会では辻馬車の運行を決める。震災の翌月には対馬に辻馬車の馬を買い付けに行き、7月には運行開始。田園風景ともマッチし、辻馬車は大評判をとった。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見た歓楽街

    各宿泊施設はにぎやかな町並みから外れた周辺の川端や林の間、丘の上などに点在している。湯量が豊富で広い範囲で湯が湧くため、旅館が一箇所に集積する必要が少なかったことから、一軒の敷地も比較的広く、町の造りはゆったりとしている。しかも開発規制により高層の巨大旅館・ホテルもなく、田園的な名残を残している。なお、ネオンサインの煌く歓楽街は無い。また、このようなまちづくりに深く関わってきた由布院玉の湯、亀の井別荘をはじめとして高級旅館が多い。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見たバブル景気

    昭和40年代から町ぐるみで毎年夏に映画祭や音楽祭を開催し、歓楽色を排して女性が訪れたくなるような環境整備を続けてきた。バブル期の大型開発計画には適正な規模や景観を守るため抵抗。人気の過熱が続く現在も、温泉のあり方についての模索が続いている。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見たバーデンバーデン

    大正末期には「ロマン主義」を携えてドイツ留学から帰国した林学博士、本多静六がこの地で『由布院温泉発展策』という講演を行い、ドイツのバーデンバーデンに学ぶ、自然を多く取り入れた静かな温泉地づくりを提案している。慧眼といえる。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見たダム

    最初の反対運動は1952年のダム建設反対運動である。この時の計画とは、由布院盆地に巨大なダムを作り、出来たダム湖畔を観光地化するという構想であった。地元には莫大な補償金も支払われる一石三鳥の構想とあって、町行政も議会も推進姿勢であった。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見た熱海

    その反面、国民的観光レジャーブームとなり、別府、熱海などの温泉地はお金を数える時間もないほど大繁盛したという。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見た東京オリンピック

    時期も恵まれていた。中谷帰郷の2年後の1964年(昭和39年)には東京オリンピックの開催、新幹線の開通、長崎までの九州横断道路(国際観光道路)ができた。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見た共同浴場

    豊富な湯量のおかげで安価な値段で入浴できる共同温泉も多い。金鱗湖脇には一般客も入浴できる簡素な下ん湯(したんゆ)がある。その他に土地の人だけが利用できる共同温泉が各所にある。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 由布院温泉

    由布院温泉から見た温泉偽装問題

    ただ、福岡・北九州都市圏からを初めとして九州一円からの日帰り客も多く、加えて九州を代表する観光地の一つとして観光ツアーの立ち寄りも非常に多い。それを見込んだ土産物店・キャラクターグッズ店をはじめとした地元外資本も多数入り込んでいる。2004年に発生した温泉偽装問題では、源泉利用許可を取っていない旅館および源泉の無断開発を行った旅館があったと報じられた。マイカーや観光バスが押し寄せ、メインストリートの「湯の坪街道」は賑わい以上のものがある。もはや、かつての田園的な由布院の姿はないとの厳しい見方もある。真にやすらぐ温泉郷とは何か、模索は続いている。由布院温泉 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「由布院温泉」のニューストピックワード