前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
210件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た由紀さおり由紀 さおり

    「トルコ行進曲」を心地よさそうに歌う由紀さおり・安田祥子姉妹博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • ファイト (朝ドラ)

    ファイト (朝ドラ)から見た由紀さおり由紀 さおり

    作詞 - 橋部敦子、作曲・編曲 - 榊原大、歌 - 由紀さおり/本仮屋ユイカ、田中冴樹ファイト (朝ドラ) フレッシュアイペディアより)

  • ドリフ大爆笑

    ドリフ大爆笑から見た由紀さおり由紀 さおり

    志村が『バカ殿様』でいかりやが爺役、仲本が側用人役。バカ殿が怒ると尺八の音が鳴り持っていた扇子を落とし、ドスの利いた声で激昂し背後に置いてある刀で斬りかかろうとする(腰元に扮した女性ゲストのうち、由紀さおりもしくは小柳ルミ子が19歳(16歳、15歳、12歳などのパターン有)などと思いっきりサバを読んでこの展開になるのがお約束。とくに由紀の出場回は毎回このギャグを演じ、ある時には逆に由紀が怒ってバカ殿の首に短刀を突きつけたことも)。一方ゲストの女性アイドル演じる腰元には名と年を確認した後に「爺、布団を敷け」「爺、風呂を沸かせ」と手を引いて連れて行こうとするのもお約束。また、アイドル腰元からの言葉などで機嫌がよくなり「うれしいなぁ?」と叫んだあと軽妙な音楽とともに妙な踊りを踊ってから「照れるなぁ」という。後にレギュラー番組として独立する。ドリフ大爆笑 フレッシュアイペディアより)

  • 安田 祥子

    安田祥子から見た由紀さおり由紀 さおり

    安田 祥子(やすだ さちこ、本名:澤田 祥子(さわだ さちこ)、旧姓:安田、1941年9月9日 - )は日本の声楽家、童謡歌手、ソプラノ歌手である。血液型はO型。群馬県桐生市出身。神奈川県川崎市育ち。東京芸術大学大学院修士課程修了。夫は元在日オーストリア通商代表部理事の澤田久雄(澤田廉三・美喜夫妻の次男)。妹は歌手・タレントの由紀さおり安田祥子 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!!ひらめきパスワード

    クイズ!!ひらめきパスワードから見た由紀さおり由紀 さおり

    1990年1月3日の14:00 ‐ 14:55、及び1991年1月3日の12:00 ‐ 13:00には昼の1時間スペシャルが放送された。1990年放送分では板東、島田、ラサール石井らがキャプテンを務め男性各3人チーム、女性各3人チームの総計18人で争われた。1991年放送分では、番組本編に先駆けて司会担当者が野村から山城へと交代。板東、島田、大島さと子、由紀さおりらがそれぞれキャプテンを務め新旧キャプテン4チーム(各チーム4人・総計16人)で争われた。セットのリニューアルで解答者席に早押しボタンがなかったため出演者全員が「解答者席に早押しボタンがない!」とぼやき、山城は「今までの番組は捨てなさい!」と相打ちのツッコミを入れていた。クイズ!!ひらめきパスワード フレッシュアイペディアより)

  • ぼくの夏休み

    ぼくの夏休みから見た由紀さおり由紀 さおり

    青山はる菜(77) - 由紀さおり(特別出演)ぼくの夏休み フレッシュアイペディアより)

  • 1969 (アルバム)

    1969 (アルバム)から見た由紀さおり由紀 さおり

    『1969』(いちきゅうろくきゅう)は、由紀さおりとピンク・マルティーニによるコラボレーションアルバム。日本では2011年10月12日にEMIミュージックジャパンから発売された。1969 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 第20回NHK紅白歌合戦

    第20回NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり由紀 さおり

    紅組女性陣の移動組は(五十音順)青江三奈、いしだあゆみ、佐良直美、水前寺清子、高田恭子、弘田三枝子、ピンキーとキラーズ、黛ジュン、美空ひばり、森山良子、由紀さおりらで、レコード大賞では司会、紅白では審査員の女優・浅丘ルリ子も移動組。浅丘ルリ子はどちらの舞台でも歌わなかったが、この年はシングル『愛の化石』が大ヒットしている。第20回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回NHK紅白歌合戦

    第38回NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり由紀 さおり

    司会発表前に、一部メディアで由紀さおりの紅組司会起用が内定と報じられたが、実際は和田アキ子が選出された。対する白組司会は前回に引き続き加山雄三が担当(前回は組司会が2人体制となったため、今回は初の単独での担当となった。第38回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本香堂

    日本香堂から見た由紀さおり由紀 さおり

    5月第2日曜日の母の日の由来が亡き母を弔う式典がきっかけで始まったことから、天国の母を弔う「母の日参り」を推奨している。こちらは歌手の由紀さおりを起用したCMを母の日に合わせて放映していたが、2012年からは、湯原昌幸・荒木由美子夫妻の出演バージョンに交代となった。日本香堂 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
210件中 1 - 10件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード