210件中 11 - 20件表示
  • Boojil

    Boojilから見た由紀さおり由紀 さおり

    2009年、由紀さおりの40周年記念アルバムのジャケットを担当した。Boojil フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり由紀 さおり

    かつてトリ歌手は「ソロ歌手でなくてはいけない」とのルールがあったが、2003年・第54回にSMAPが白組トリおよび大トリに起用されたことでこの慣例はなくなった。1992年・第43回では、紅組トリに由紀さおり・安田祥子、白組トリおよび大トリに同回で解散のステージとなっていたチェッカーズと紅・白ともにグループを起用する構想が挙がっていたが、このルールがあったために双方ともに見送りとなった経緯がある(紅組トリに関しては、由紀が単独出場してトリで歌唱し、安田が舞台裏でコーラスをするという形となった)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤利明

    佐藤利明から見た由紀さおり由紀 さおり

    音楽関係では、吉永小百合などの映画女優の他、美空ひばり、由紀さおりといった歌手のCDのプロデュース、解説執筆も行っており、2010年3月には、アメリカのジャズアンサンブル「ピンク・マルティーニ」と由紀さおりのコラボレーションで話題となったCD「1969」のライナーノーツを担当し、解説が英訳されて世界版にも使用された。またCDジャーナル(ウェブマガジン)にて、ピンク・マルティーニのリーダーでピアニストのトーマス・ローダーデール、ボーカルのチャイナ・フォーブスと由紀による対談のインタビュアー・構成を担当。佐藤利明 フレッシュアイペディアより)

  • もしもシリーズ

    もしもシリーズから見た由紀さおり由紀 さおり

    「もしも... ?な?があったら...」というフレーズのコントで、ストーリーとしては、主人公・いかりや長介が、まともでない人物に出会ってひどい目に遭わされるのが主流。ドリフメンバー内での不和のため、一時期消滅したこともある。初期は伊東四朗・小松政夫・由紀さおり・キャンディーズ時代の田中好子・桜田淳子といったゲストもドリフのメンバーと共にメインキャラクター(オチ)を担当したことがある。もしもシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおりの世界(NHKラジオ第1、19:20.DJ:島田政男)2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 志村けんのバカ殿様

    志村けんのバカ殿様から見た由紀さおり由紀 さおり

    その時々の旬の女性アイドルを起用することが多い(初期の由紀さおり、桜田淳子、松田聖子など例外あり)。志村けんのバカ殿様 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺エージェンシー

    田辺エージェンシーから見た由紀さおり由紀 さおり

    タモリ、研ナオコ、永作博美、堺雅人、由紀さおりを筆頭に、数々のタレントや俳優・女優、ミュージシャンを抱える、東京都目黒区に所在する、大手芸能プロダクションである。田辺エージェンシー フレッシュアイペディアより)

  • サボテン・ジャーニー

    サボテン・ジャーニーから見た由紀さおり由紀 さおり

    長谷川姉妹の母 由紀さおりサボテン・ジャーニー フレッシュアイペディアより)

  • BS永遠の音楽大全集

    BS永遠の音楽大全集から見た由紀さおり由紀 さおり

    出演:由紀さおり、安田祥子、デューク・エイセス、白鳥英美子、錦織健、芹洋子、今井清隆、唐澤まゆこ、The TARO Singers、NHK東京児童合唱団、本仮屋ユイカ、児玉清、宮本文昭BS永遠の音楽大全集 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤剛 (音楽プロデューサー)

    佐藤剛 (音楽プロデューサー)から見た由紀さおり由紀 さおり

    2009年、アルバム『The Singer』(J-Min)、アルバム『いきる/由紀さおり』(由紀さおり)をプロデュース。11月、中村八大、いずみたく、浜口庫之助といった日本のポップスに大きな足跡を遺した作曲家のナンバーを取り上げるイベント“スタンダードナンバー ?オトナの歌謡曲?”を新宿文化センターで開催した。佐藤剛 (音楽プロデューサー) フレッシュアイペディアより)

210件中 11 - 20件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード