290件中 11 - 20件表示
  • 安田 祥子

    安田祥子から見た由紀さおり由紀 さおり

    安田 祥子(やすだ さちこ、本名:沢田 祥子、1941年9月9日 - )は、日本の声楽家、童謡歌手、ソプラノ歌手である。血液型はO型。夫は元在日オーストリア通商代表部理事の澤田久雄(澤田廉三・美喜夫妻の次男、2001年死別)。妹は歌手・タレントの由紀さおり安田祥子 フレッシュアイペディアより)

  • 第38回NHK紅白歌合戦

    第38回NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり由紀 さおり

    当初、紅組司会に杉浦圭子(翌年の第39回で総合司会に起用されている。同回においても紅組司会の候補にも挙がった)、白組司会に吉川、総合司会に松平定知と司会陣を全員NHKアナウンサーで固める構想もあったが、「局アナだけでは地味」と見送られ、紅組司会に実際選出の和田に加え、由紀さおり(この年上期の連続テレビ小説『チョッちゃん』のヒロインの母親役。また童謡ブームを巻き起こしていた)や松田聖子、桜田淳子(この年の大河ドラマ『独眼竜政宗』に出演。同じく『思い出のメロディー』の司会も担当)、白組司会に実際選出の加山に加え、明石家さんま、宮本隆治(当時NHKアナウンサー)を候補に挙げて再度選考が行われたという。最終的に白組司会は前回の実績と人気の高さから加山の続投が決定し、紅組司会は当初本命(一部メディアで内定とも報じられていた)とされた由紀を抑えて和田が起用される運びとなった。第38回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 園田涼

    園田涼から見た由紀さおり由紀 さおり

    帯広にて、由紀さおりのコンサートにピアニストとして出演。園田涼 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおりの世界(NHKラジオ第1、19:20。DJ:島田政男)2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 日本香堂

    日本香堂から見た由紀さおり由紀 さおり

    5月第2日曜日の母の日の由来が亡き母を弔う式典がきっかけで始まったことから、天国の母を弔う「母の日参り」を推奨している。こちらは歌手の由紀さおりを起用したCMを母の日に合わせて放映していたが、2012年からは、湯原昌幸・荒木由美子夫妻の出演バージョンに交代となった。日本香堂 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくの夏休み

    ぼくの夏休みから見た由紀さおり由紀 さおり

    青山はる菜(77) - 由紀さおり(特別出演)ぼくの夏休み フレッシュアイペディアより)

  • 川口真

    川口真から見た由紀さおり由紀 さおり

    1969年に「人形の家」(弘田三枝子)で作曲家としてデビュー。テンプターズの「エメラルドの伝説」(作曲:村井邦彦)「おかあさん」の編曲も評判となる。1970年「手紙」(由紀さおり)をヒットさせ、「真夏のあらし」(西郷輝彦)で第12回日本レコード大賞作曲賞を受賞した。70年代前半には尾崎紀世彦「さよならをもう1度」(1971年)、夏木マリ「絹の靴下」(1973)、金井克子「他人の関係」(1974)、布施明「積木の部屋」(1974)などの名曲、ヒット曲を作曲した。川口真 フレッシュアイペディアより)

  • 第63回NHK紅白歌合戦

    第63回NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおりは、紅白に単独で出場するのは紅組トリを務めた第43回(1992年)以来20年ぶり、姉である安田祥子とともに出演した分を含めると第52回(2001年)以来11年ぶりの出場となった。スポニチアネックスの記事によると、返り咲き出場のきっかけとなったのは、2011年10月に発売されたアメリカ合衆国の楽団ピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム『1969』が世界的に高評価を受けたことであった。ピンク・マルティーニはアメリカ・オレゴン州ポートランドで2012年12月31日夜(現地時間)にコンサートを実施する予定が入っていたため、紅白の放送時間に日本に来ることは不可能であったが、NHKは両者の共演を希望し、関係者によると紅白歌合戦のチーフプロデューサーである原田秀樹が渡米してアメリカからの生中継による共演を交渉したという。第63回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 志村けんのバカ殿様

    志村けんのバカ殿様から見た由紀さおり由紀 さおり

    その時々の旬の女性アイドルを起用することが多い(初期の由紀さおり、桜田淳子、松田聖子など例外あり)。志村けんのバカ殿様 フレッシュアイペディアより)

  • もしもシリーズ

    もしもシリーズから見た由紀さおり由紀 さおり

    「もしも… 〇〇な××があったら(いたら)…」というフレーズのコントで、ストーリーとしては主人公・いかりや長介が、まともでない人物に出会ってひどい目に遭わされるのが主流。ドリフのメンバー内不和のため、消滅していた時期もある。初期は、伊東四朗・小松政夫・由紀さおり・キャンディーズ時代の田中好子・桜田淳子といったゲストも、ドリフのメンバーと共にメインキャラクターやオチを担当したことがある。もしもシリーズ フレッシュアイペディアより)

290件中 11 - 20件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード