210件中 21 - 30件表示
  • 佐々木好

    佐々木好から見た由紀さおり由紀 さおり

    代表曲は由紀さおりに提供した「ストレート」(1982年)。現在は活動していないが根強い人気で隠れファンが多く、その人たちの青春の思い出の曲となっている。佐々木好 フレッシュアイペディアより)

  • NHK歌謡ステージ

    NHK歌謡ステージから見た由紀さおり由紀 さおり

    宇津井健、森進一、森山良子、由紀さおり、山本譲二、坂本冬美NHK歌謡ステージ フレッシュアイペディアより)

  • こどものための読み聞かせ えほんであそぼう

    こどものための読み聞かせ えほんであそぼうから見た由紀さおり由紀 さおり

    ナレーターには、由紀さおり、安田祥子が起用された。こどものための読み聞かせ えほんであそぼう フレッシュアイペディアより)

  • もしもお許し願えれば女について話しましょう

    もしもお許し願えれば女について話しましょうから見た由紀さおり由紀 さおり

    『もしもお許し願えれば女について話しましょう』は、歌詞はイントロの「もしもお許し願えれば女について話しましょう」という語りから始まり、笑い声で女性を4種類に分類・分析し、4部構成で解説する。平田自身の『愛の狩人』や、のちの由紀さおりの楽曲『う・ふ・ふ』(1977年)、あるいは3部構成の松本隆作詞群である三木聖子の『三枚の写真』(1977年)、五十嵐夕紀の『第一印象』(1978年)等と同様の構成である。楽曲に関しては、編曲に小笠原寛こと手使海ユトロが起用され、チョッパー・ベースに特徴のあるファンクが形成され、歌唱は『東村山音頭』を正調で披露した徹底した民謡調である。『運命が二人を分かつまで』の曲調・歌唱は、イントロから徹頭徹尾、内山田洋とクール・ファイブ『中の島ブルース』(1975年)に酷似した堂々たるムードコーラス歌謡である。もしもお許し願えれば女について話しましょう フレッシュアイペディアより)

  • 歌だ!飛び出せ2万キロ

    歌だ!飛び出せ2万キロから見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおり(『ゴールデン』から引き続き)歌だ!飛び出せ2万キロ フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST deluxe 佐良直美 コンプリート・シングルス+ヒット・カバー・コレクション

    GOLDEN☆BEST deluxe 佐良直美 コンプリート・シングルス+ヒット・カバー・コレクションから見た由紀さおり由紀 さおり

    ゴンドラの唄 - 1915年の楽曲。森繁久弥や由紀さおり・安田祥子(姉妹ユニット)がNHK紅白歌合戦で歌っている。GOLDEN☆BEST deluxe 佐良直美 コンプリート・シングルス+ヒット・カバー・コレクション フレッシュアイペディアより)

  • 第23回日本レコード大賞

    第23回日本レコード大賞から見た由紀さおり由紀 さおり

    東芝EMI(株) 由紀さおり「昭和艶唱」第23回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 澤田久雄

    澤田久雄から見た由紀さおり由紀 さおり

    父親は国連大使も務めた外交官の澤田廉三、母親美喜は、エリザベス・サンダース・ホームの開設者で、その次男である。兄信一がその事業を引き継いでいる。なお母の父は三菱財閥の総帥岩崎久弥。妻は、歌手の安田祥子で、妹の由紀さおりとともに姉妹で童謡コンサート活動を行っている。澤田久雄 フレッシュアイペディアより)

  • わかる国語 読み書きのツボ

    わかる国語 読み書きのツボから見た由紀さおり由紀 さおり

    「あたまのなかで絵をかこう」の回では、由紀さおりがゲスト出演している。わかる国語 読み書きのツボ フレッシュアイペディアより)

  • ソノダバンド

    ソノダバンドから見た由紀さおり由紀 さおり

    青木隆治、石川セリ、小椋佳、キム・ヨンジャ、ジェロ、堂島孝平、谷村詩織、谷村新司、土岐麻子、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、中村中、畠山美由紀、マイア・バルー、松浦亜弥、水樹奈々、武藤昭平(勝手にしやがれ)、由紀さおり、雪村いづみらとソノダバンドが共演。ソノダバンド フレッシュアイペディアより)

210件中 21 - 30件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード