210件中 31 - 40件表示
  • 港町ブルース

    港町ブルースから見た由紀さおり由紀 さおり

    発売されて2週間余りでオリコンチャートのベストテンに初登場し、5週間にわたり第1位にランクされるなど、森進一のシングル盤では最高の売上を記録。1969年の年間シングルオリコンチャートでは由紀さおり「夜明けのスキャット」に次いで第2位となった。同年開催の『第11回日本レコード大賞』では最優秀歌唱賞・歌唱賞を、『第2回日本有線大賞』では大賞をそれぞれ受賞している。有線大賞は前年の「盛り場ブルース」に次いで2年連続である。第20回NHK紅白歌合戦では2回目の出場にして白組のトリを務めた。港町ブルース フレッシュアイペディアより)

  • ABCホームソング

    ABCホームソングから見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおり(改名前の“安田章子”としても参加)ABCホームソング フレッシュアイペディアより)

  • 河野ヨシユキ

    河野ヨシユキから見た由紀さおり由紀 さおり

    同1955年には女優・浅丘ルリ子のデビュー作の映画『緑はるかに』(日活)の主題歌を安田祥子(由紀さおりの姉)と歌っている。河野ヨシユキ フレッシュアイペディアより)

  • 前田武彦の天下のライバル

    前田武彦の天下のライバルから見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおり×高田恭子(新人歌手対決)前田武彦の天下のライバル フレッシュアイペディアより)

  • ハービー・山口

    ハービー・山口から見た由紀さおり由紀 さおり

    中山美穂、福山雅治、大江千里、THE BOOM、THE MODS、桑田佳祐、岡村孝子、稲垣潤一、BOØWY、ASKA、エレファントカシマシ、由紀さおりなどのCDジャケットを手がける。また、布袋寅泰の1stソロアルバム、『GUITARHYTHM』で8曲の英語詞での作詞を行った。写真集、エッセイ集発表の他、ラジオDJなどの活動も行う。ハービー・山口 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデン歌謡速報

    ゴールデン歌謡速報から見た由紀さおり由紀 さおり

    後期:小林大輔・井上順(1973年9月に降板)・由紀さおり(1972年4月 - 1975年3月)ゴールデン歌謡速報 フレッシュアイペディアより)

  • Complete Single Box (由紀さおりのアルバム)

    Complete Single Box (由紀さおりのアルバム)から見た由紀さおり由紀 さおり

    『Complete Single Box』(コンプリート・シングル・ボックス)は、由紀さおりのベスト・アルバムである。2009年11月11日発売。発売元はEMIミュージック・ジャパン。規格品番はTOCT-26912/4。Complete Single Box (由紀さおりのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 小原孝

    小原孝から見た由紀さおり由紀 さおり

    大学院修了後、20代では、由紀さおり・安田祥子童謡コンサートのピアノ伴奏をするなど、伴奏者としての活動が中心であったが、その技量が高く評価され、ソロ活動が中心となった後も、様々なアーティストに依頼され伴奏者として共演することが多い。奏楽堂日本歌曲コンクール優秀共演者賞を3度受賞した実績もある。小原孝 フレッシュアイペディアより)

  • 二番煎じ (アルバム)

    二番煎じ (アルバム)から見た由紀さおり由紀 さおり

    戸田恵子、STARDUST REVUE、ジェロ、由紀さおりに楽曲提供した曲をセルフカバーした楽曲が収録されている。二番煎じ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 命預けます

    命預けますから見た由紀さおり由紀 さおり

    発売後1ヶ月余りで「圭子の夢は夜ひらく」と入れ替わるようにBEST10に初登場したが、ヒデとロザンナ「愛は傷つきやすく」・由紀さおり「手紙」に阻まれて3曲連続の1位獲得はならなかった。この年の藤圭子は、「女のブルース」から「女は恋に生きてゆく」まで42週間連続でBEST10にランクされた。命預けます フレッシュアイペディアより)

210件中 31 - 40件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード