210件中 81 - 90件表示
  • 天までとどけ (アルバム)

    天までとどけ (アルバム)から見た由紀さおり由紀 さおり

    ピアノとバイオリンのみという比較的シンプルな構成のバラード。バイオリンは斎藤ネコによる演奏である。2009年には由紀さおりがアルバム『いきる』でカバーした。天までとどけ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 第53回日本レコード大賞

    第53回日本レコード大賞から見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおり:佐野雅弘、牧山純子、藤原清登、はたけやま裕、宮崎明生第53回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日芸術賞

    毎日芸術賞から見た由紀さおり由紀 さおり

    第53回(2011年)石飛博光、菊畑茂久馬、津島佑子(『黄金の夢の歌』)、豊竹咲大夫、坂茂 特別賞:由紀さおり毎日芸術賞 フレッシュアイペディアより)

  • ゴンドラの唄

    ゴンドラの唄から見た由紀さおり由紀 さおり

    第49回NHK紅白歌合戦 - 由紀さおり・安田祥子姉妹により歌われた。ゴンドラの唄 フレッシュアイペディアより)

  • 噂の女 (曲)

    噂の女 (曲)から見た由紀さおり由紀 さおり

    発売して3週間余りで6位に初登場した。11週間後には由紀さおり「手紙」に阻まれ、2位止まりとなった。なお、クール・ファイブは「逢わずに愛して」「愛の旅路を」「噂の女」「愛のいたずら」の4曲で46週間連続のBEST10入りを記録している。噂の女 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • コメディー道中でござる

    コメディー道中でござるから見た由紀さおり由紀 さおり

    由紀さおり(歌手以外での出演も)コメディー道中でござる フレッシュアイペディアより)

  • 第56回NHK紅白歌合戦

    第56回NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり由紀 さおり

    紅白各30組の計60組のうち初出場は16組。ガレッジセールのゴリは、フジテレビ系列『ワンナイR&R』で演じたゴリエとして紅組から出場した(女装した男性のソロでは初めての紅組出場である)。正確にはGorie with Jasmine & Joannとして活動しており、メインボーカルはゴリエではなく、女性であるジャスミン・アレンとジョアンであるため(ゴリエ本人も若干ソロパートがある)、紅組出場となった。これまで紅白には縁がなかった松任谷由実(松任谷由実With Friends Of Love The Earth名義。なお、松任谷がソロ名義で2011年・第62回に出場した際、初出場ではなく2回目の出場扱いだった)と山崎まさよしが初出場を果たし、『スキウタ』のアンケート結果から渡辺美里も初出場となった。前回は同年に新曲を発表しなかったことを理由に出場を辞退したSMAPも2003年・第54回以来2年ぶりの出場で、前回同様、大トリを務めた(返り咲き出場でのトリは、1992年・第43回の由紀さおり以来、白組としては1956年・第7回の灰田勝彦以来)。第56回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第28回日本レコード大賞

    第28回日本レコード大賞から見た由紀さおり由紀 さおり

    東芝EMI(株)あの歌、この時〜由紀さおり 安田祥子 童謡を歌う(同、続、同同アンコールを含む)第28回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ボンカレー

    ボンカレーから見た由紀さおり由紀 さおり

    2003年(平成15年)に、ボンカレーがリニューアルされる。従来の調理法は沸騰したお湯に袋ごといれ煮立つのを待つもので、電子レンジを使う場合は袋から容器に移し替えて温めなければならなかったが、レトルトパウチの改良により袋のまま電子レンジにいれて調理できるようになった。CMキャラクターには阿部寛と由紀さおりを起用。これに伴い初代ボンカレー(松山容子パッケージ)は、沖縄県の消費者嗜好から主に沖縄県向けに販売が継続された。ボンカレー フレッシュアイペディアより)

  • オールスター親子で勝負!

    オールスター親子で勝負!から見た由紀さおり由紀 さおり

    フランキー堺×由紀さおりオールスター親子で勝負! フレッシュアイペディアより)

210件中 81 - 90件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード