146件中 21 - 30件表示
  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た岡本おさみ

    『襟裳岬』(歌:森進一)と同じく吉田拓郎(作曲)・岡本おさみ(作詞)コンビの作品。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たコメディアン

    群馬県桐生市出身。ひばり児童合唱団出身。洗足学園第一高等学校卒業、洗足学園短期大学英文科卒業。姉は歌手の安田祥子。姉とシンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た山川啓介

    文部省唱歌の「故郷」とは同名異曲。山川啓介作詞、大野雄二作曲・編曲。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たフリオ・イグレシアス

    フリオ・イグレシアスの同名曲のカヴァー。日本語詞はなかにし礼。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た大野雄二

    文部省唱歌の「故郷」とは同名異曲。山川啓介作詞、大野雄二作曲・編曲。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たいずみたく

    1969年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)より再デビュー作となった「夜明けのスキャット」が発売される。元々TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作され、当初はレコード化の予定はなかったが、リスナーからの問い合わせが相次ぎシングルリリースが企画された。しかし由紀は歌手活動で失敗した過去に対する懸念と自ら結婚を控えていた事情もあり再デビューに消極的だったが、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した。大ヒットとなった「夜明けのスキャット」は、最終的には150万枚のミリオンセラーとなり、この年の暮れには「第20回NHK紅白歌合戦」で念願だったNHK紅白歌合戦初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たおせん

    おせん(2008年) - 半田千代 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たNHK紅白歌合戦

    1969年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)より再デビュー作となった「夜明けのスキャット」が発売される。元々TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作され、当初はレコード化の予定はなかったが、リスナーからの問い合わせが相次ぎシングルリリースが企画された。しかし由紀は歌手活動で失敗した過去に対する懸念と自ら結婚を控えていた事情もあり再デビューに消極的だったが、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した。大ヒットとなった「夜明けのスキャット」は、最終的には150万枚のミリオンセラーとなり、この年の暮れには「第20回NHK紅白歌合戦」で念願だったNHK紅白歌合戦初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たおかあさんといっしょ

    いいものつくろ(1960年 - 1965年)由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たミリオンセラー

    1969年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)より再デビュー作となった「夜明けのスキャット」が発売される。元々TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作され、当初はレコード化の予定はなかったが、リスナーからの問い合わせが相次ぎシングルリリースが企画された。しかし由紀は歌手活動で失敗した過去に対する懸念と自ら結婚を控えていた事情もあり再デビューに消極的だったが、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した。大ヒットとなった「夜明けのスキャット」は、最終的には150万枚のミリオンセラーとなり、この年の暮れには「第20回NHK紅白歌合戦」で念願だったNHK紅白歌合戦初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード