111件中 21 - 30件表示
  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たコメディアン

    由紀 さおり(ゆき さおり、本名・旧芸名:安田 章子(やすだ あきこ)、1948年11月13日 - )は、群馬県桐生市出身の歌手、タレント、女優、ナレーター。田辺エージェンシー・安田音楽事務所所属。血液型はA型。洗足学園第一高等学校卒業、洗足学園短期大学英文科卒業。。姉は歌手の安田祥子。姉とシンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たいずみたく

    1969年、再デビュー作となった「夜明けのスキャット」(TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作。当初はソフト化の予定はなかったものの、リスナーからの問い合わせが相次いだためシングルリリースが企画されたが、歌手デビューに失敗した過去に対する懸念と、自ら結婚を控えていた事情もあって再デビューに消極的だった由紀に対し、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した)が当時の最終的には150万枚のミリオンセラーとなる大ヒットとなり、この年の暮れには念願だったNHK紅白歌合戦(第20回)にも初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。その後も「手紙」「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト」「挽歌」「ふらりふられて」「トーキョー・バビロン」などの歌謡曲を世に送り出し、その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受ける。1973年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たおせん

    おせん(2008年) - 半田千代 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た連続テレビ小説

    1980年代になると、テレビ司会者・タレント・女優としての活躍が目立ち、彼女のマルチな才能がさらに発揮されていく。1982年には『おもしろサンデー』へ桂文珍と共に司会として出演。1983年には松田優作主演の『家族ゲーム』でお惚けな母親役を演じ、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、1987年には朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』で主人公の母親役を演じ、流暢な方言を披露した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たまぼろしの邪馬台国

    まぼろしの邪馬台国(2008年) ‐ 女将・克江由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たタレント

    由紀 さおり(ゆき さおり、本名・旧芸名:安田 章子(やすだ あきこ)、1948年11月13日 - )は、群馬県桐生市出身の歌手、タレント、女優、ナレーター。田辺エージェンシー・安田音楽事務所所属。血液型はA型。洗足学園第一高等学校卒業、洗足学園短期大学英文科卒業。。姉は歌手の安田祥子。姉とシンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た横浜市

    群馬県桐生市に生まれ、3歳時に横浜市へ移る。少女時代から姉の安田祥子と共に、本名の「安田章子」名義で童謡歌手として活躍。1965年にキングレコードから「ヒッチハイク娘」(安田章子名義)で歌手デビューを果たすも、ヒットに恵まれず停滞の時代に入り、童謡歌手時代から行っていたCM曲やテレビ・ラジオ主題歌の吹き込みや、「大人の世界を歌えるように」という修行の意味合いもあったキャバレー・ナイトクラブへの出演を行いながら雌伏のときを過ごす。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たNHK紅白歌合戦

    1969年、再デビュー作となった「夜明けのスキャット」(TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作。当初はソフト化の予定はなかったものの、リスナーからの問い合わせが相次いだためシングルリリースが企画されたが、歌手デビューに失敗した過去に対する懸念と、自ら結婚を控えていた事情もあって再デビューに消極的だった由紀に対し、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した)が当時の最終的には150万枚のミリオンセラーとなる大ヒットとなり、この年の暮れには念願だったNHK紅白歌合戦(第20回)にも初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。その後も「手紙」「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト」「挽歌」「ふらりふられて」「トーキョー・バビロン」などの歌謡曲を世に送り出し、その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受ける。1973年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たミリオンセラー

    1969年、再デビュー作となった「夜明けのスキャット」(TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作。当初はソフト化の予定はなかったものの、リスナーからの問い合わせが相次いだためシングルリリースが企画されたが、歌手デビューに失敗した過去に対する懸念と、自ら結婚を控えていた事情もあって再デビューに消極的だった由紀に対し、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した)が当時の最終的には150万枚のミリオンセラーとなる大ヒットとなり、この年の暮れには念願だったNHK紅白歌合戦(第20回)にも初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。その後も「手紙」「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト」「挽歌」「ふらりふられて」「トーキョー・バビロン」などの歌謡曲を世に送り出し、その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受ける。1973年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たクラシック音楽

    実姉の安田とのレパートリーは童謡・唱歌に留まらず、オリジナル楽曲、歌謡曲、クラシック、アニメ主題歌など多ジャンルに渡っており、特にスキャットで唄った「トルコ行進曲」は1997年の紅白歌合戦(第48回)において披露されたことで一躍全国に認知。X JAPANのTOSHIも「由紀と言ったら、トルコ行進曲」と歌番組共演時にリクエストするなど姉妹の代表曲として知られている。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード