111件中 41 - 50件表示
  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た8時だョ!全員集合

    実力派歌手として人気を集める一方、そのタレント性を見込まれてバラエティー番組からも引く手あまたとなる。『8時だョ!全員集合』で競演したいかりや長介からの薫陶を受けコメディエンヌとしての才能も開花、『全員集合』や『ドリフ大爆笑』においては最多ゲスト(「大爆笑」は一時レギュラー出演)となり、コントの「オチ」を任せられる程になる。また1995年から2006年にかけて、NHKの『コメディーお江戸でござる』(のち『道中でござる』)でも準レギュラーで出演し、プロの喜劇人である伊東四朗と息の合った掛け合いを見せるなど実力の健在ぶりをアピールしている。現在も、以前より出演頻度は減ったものの『ライオンのごきげんよう』や『ダウンタウンDX』などの番組等にゲスト出演している。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た時効警察

    時効警察(2006年) - ナレーション由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た夜明けのスキャット

    1969年、再デビュー作となった「夜明けのスキャット」(TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作。当初はソフト化の予定はなかったものの、リスナーからの問い合わせが相次いだためシングルリリースが企画されたが、歌手デビューに失敗した過去に対する懸念と、自ら結婚を控えていた事情もあって再デビューに消極的だった由紀に対し、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した)が当時の最終的には150万枚のミリオンセラーとなる大ヒットとなり、この年の暮れには念願だったNHK紅白歌合戦(第20回)にも初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。その後も「手紙」「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト」「挽歌」「ふらりふられて」「トーキョー・バビロン」などの歌謡曲を世に送り出し、その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受ける。1973年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たおもしろサンデー

    1980年代になると、テレビ司会者・タレント・女優としての活躍が目立ち、彼女のマルチな才能がさらに発揮されていく。1982年には『おもしろサンデー』へ桂文珍と共に司会として出演。1983年には松田優作主演の『家族ゲーム』でお惚けな母親役を演じ、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、1987年には朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』で主人公の母親役を演じ、流暢な方言を披露した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たドリフ大爆笑

    実力派歌手として人気を集める一方、そのタレント性を見込まれてバラエティー番組からも引く手あまたとなる。『8時だョ!全員集合』で競演したいかりや長介からの薫陶を受けコメディエンヌとしての才能も開花、『全員集合』や『ドリフ大爆笑』においては最多ゲスト(「大爆笑」は一時レギュラー出演)となり、コントの「オチ」を任せられる程になる。また1995年から2006年にかけて、NHKの『コメディーお江戸でござる』(のち『道中でござる』)でも準レギュラーで出演し、プロの喜劇人である伊東四朗と息の合った掛け合いを見せるなど実力の健在ぶりをアピールしている。現在も、以前より出演頻度は減ったものの『ライオンのごきげんよう』や『ダウンタウンDX』などの番組等にゲスト出演している。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たコメディー道中でござる

    実力派歌手として人気を集める一方、そのタレント性を見込まれてバラエティー番組からも引く手あまたとなる。『8時だョ!全員集合』で競演したいかりや長介からの薫陶を受けコメディエンヌとしての才能も開花、『全員集合』や『ドリフ大爆笑』においては最多ゲスト(「大爆笑」は一時レギュラー出演)となり、コントの「オチ」を任せられる程になる。また1995年から2006年にかけて、NHKの『コメディーお江戸でござる』(のち『道中でござる』)でも準レギュラーで出演し、プロの喜劇人である伊東四朗と息の合った掛け合いを見せるなど実力の健在ぶりをアピールしている。現在も、以前より出演頻度は減ったものの『ライオンのごきげんよう』や『ダウンタウンDX』などの番組等にゲスト出演している。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た第28回日本レコード大賞

    1985年より姉・安田祥子と共に童謡コンサートをスタートさせ、徐々に歌手活動に再び重点を置くようになる。1986年には童謡アルバム『あの時、この歌』を発表し、同年の暮れには第28回日本レコード大賞企画賞を受賞、童謡ブームの火つけ役となる。1987年には童謡歌手としてNHK紅白歌合戦(第38回)へ9年ぶりに復帰し、以降2001年(第52回)まで紅白の常連として出演した。なお、1992年(第43回)には自身唯一の紅組トリを務めている。また2000年には、映画『ドラえもん のび太の太陽王伝説』の主題歌「この星のどこかで」を、安田と共に歌っている。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た第53回日本レコード大賞

    同作は2011年末の第53回日本レコード大賞企画部門、芸術選奨文部科学大臣賞大衆芸能部門を受賞した。なお2012年末の第63回紅白歌合戦では、米国・オレゴン州ポートランドから生中継で登場し、ピンク・マルティーニとの共演で由紀自身紅白では43年ぶりに「夜明けのスキャット」を披露した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た模倣犯 (小説)

    模倣犯(2002年) - 栗橋寿美子由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たアメリカ合衆国

    同作は2011年末の第53回日本レコード大賞企画部門、芸術選奨文部科学大臣賞大衆芸能部門を受賞した。なお2012年末の第63回紅白歌合戦では、米国・オレゴン州ポートランドから生中継で登場し、ピンク・マルティーニとの共演で由紀自身紅白では43年ぶりに「夜明けのスキャット」を披露した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

111件中 41 - 50件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード