111件中 51 - 60件表示
  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た妻たちの課外授業II

    妻たちの課外授業II(1986〜1987年)由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た第20回NHK紅白歌合戦

    1969年、再デビュー作となった「夜明けのスキャット」(TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作。当初はソフト化の予定はなかったものの、リスナーからの問い合わせが相次いだためシングルリリースが企画されたが、歌手デビューに失敗した過去に対する懸念と、自ら結婚を控えていた事情もあって再デビューに消極的だった由紀に対し、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した)が当時の最終的には150万枚のミリオンセラーとなる大ヒットとなり、この年の暮れには念願だったNHK紅白歌合戦(第20回)にも初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。その後も「手紙」「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト」「挽歌」「ふらりふられて」「トーキョー・バビロン」などの歌謡曲を世に送り出し、その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受ける。1973年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た芸術選奨文部科学大臣賞

    同作は2011年末の第53回日本レコード大賞企画部門、芸術選奨文部科学大臣賞大衆芸能部門を受賞した。なお2012年末の第63回紅白歌合戦では、米国・オレゴン州ポートランドから生中継で登場し、ピンク・マルティーニとの共演で由紀自身紅白では43年ぶりに「夜明けのスキャット」を披露した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た魂萌え!

    魂萌え!(2007年) ‐ 江守和世由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たユウキ (テレビドラマ)

    ユウキ(2006年) - 米山先生 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た文部省唱歌

    文部省唱歌の「故郷」とは同名異曲。山川啓介作詞、大野雄二作曲・編曲。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た松本喜三郎一家物語 〜おじいさんの台所〜

    松本喜三郎一家物語 〜おじいさんの台所〜(2007年) - 山田幸子 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たファイト (朝ドラ)

    ファイト(2005年) - 駒田絹子 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た日本アカデミー賞

    1980年代になると、テレビ司会者・タレント・女優としての活躍が目立ち、彼女のマルチな才能がさらに発揮されていく。1982年には『おもしろサンデー』へ桂文珍と共に司会として出演。1983年には松田優作主演の『家族ゲーム』でお惚けな母親役を演じ、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、1987年には朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』で主人公の母親役を演じ、流暢な方言を披露した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た血液型

    由紀 さおり(ゆき さおり、本名・旧芸名:安田 章子(やすだ あきこ)、1948年11月13日 - )は、群馬県桐生市出身の歌手、タレント、女優、ナレーター。田辺エージェンシー・安田音楽事務所所属。血液型はA型。洗足学園第一高等学校卒業、洗足学園短期大学英文科卒業。。姉は歌手の安田祥子。姉とシンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード