146件中 71 - 80件表示
  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た日本アカデミー賞

    1980年代にはテレビ司会者・タレント・女優としての活躍も目立ち、彼女のマルチな才能がさらに発揮されていく。1982年には『おもしろサンデー』へ桂文珍と共に司会として出演。1983年には松田優作主演の『家族ゲーム』でお惚けな母親役を演じ、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、1987年には朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』で主人公の母親役を演じ、流暢な方言を披露した。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た子宮筋腫

    1969年、20歳で10歳年上の音楽ディレクター大森昭男と結婚。結婚生活7年目に別居、14年目に離婚成立となった。37歳で子宮筋腫を患い、子宮内膜症も併発。悩んだ末、4年後の41歳の時に子宮を全摘した。ホルモン治療という選択肢もあったが、そのことにより声が変わってしまう事や「自分の声を愛してくれた母を悲しませたくない」との思いから手術を決断した。この手術後にアメリカ在住の柴冨哲也と知り合い、交際。再婚・渡米や歌手引退も考えたが、デビュー直後から個人事務所を起こすなど芸能活動をサポートしてきた母の猛反対を受け、結局母の意見に従った。1999年にその母を癌で失い、一周忌を終えた2000年、8年間の交際を経て事実婚の関係となる。しかし、由紀は仕事を辞める事ができず、日米の遠距離婚の溝は埋められないまま、2006年12月、離別している。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たヤマダ一家の辛抱

    ヤマダ一家の辛抱(1999年) - 万代花代 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たピアノソナタ第11番 (モーツァルト)

    実姉の安田とのレパートリーは童謡・唱歌に留まらず、オリジナル楽曲、歌謡曲、クラシック、アニメ主題歌など多ジャンルに渡っており、特にスキャットで唄った「トルコ行進曲」は1997年の「第48回NHK紅白歌合戦」において披露されたことで一躍全国に認知。X JAPANのTOSHIも「由紀と言ったら、トルコ行進曲」と歌番組共演時にリクエストするなど姉妹の代表曲として知られている。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た今日もワクワク

    今日もワクワク(1985 - 1986年) - 司会由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見たはまなすの花が咲いたら

    はまなすの花が咲いたら(1981〜1982年) - 芳村くら 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た桐生市

    群馬県桐生市出身。ひばり児童合唱団出身。洗足学園第一高等学校卒業、洗足学園短期大学英文科卒業。姉は歌手の安田祥子。姉とシンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た子連れ狼 (高橋英樹版)

    子連れ狼(1989年、テレビ朝日) - あざみ 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た九丁目、泣いて笑った交差点女の中の男一匹

    九丁目、泣いて笑った交差点女の中の男一匹(1976年) - 古山夏江 役由紀さおり フレッシュアイペディアより)

  • 由紀 さおり

    由紀さおりから見た第29回NHK紅白歌合戦

    1969年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)より再デビュー作となった「夜明けのスキャット」が発売される。元々TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作され、当初はレコード化の予定はなかったが、リスナーからの問い合わせが相次ぎシングルリリースが企画された。しかし由紀は歌手活動で失敗した過去に対する懸念と自ら結婚を控えていた事情もあり再デビューに消極的だったが、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくらが説得してレコーディングが実現した。大ヒットとなった「夜明けのスキャット」は、最終的には150万枚のミリオンセラーとなり、この年の暮れには「第20回NHK紅白歌合戦」で念願だったNHK紅白歌合戦初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。由紀さおり フレッシュアイペディアより)

146件中 71 - 80件表示

「由紀さおり」のニューストピックワード