前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
359件中 1 - 10件表示
  • 佐藤 蛾次郎

    佐藤蛾次郎から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1968年にはテレビドラマ『男はつらいよ』に出演。1969年からは映画『男はつらいよ』に柴又題経寺の寺男源吉(愛称:源公)役で出演。 最終作の1995年まで出演し続け、本シリーズに欠かせない存在となる。第8作の『男はつらいよ 寅次郎恋歌』のみ、交通事故にあったため出演していない。佐藤蛾次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美清

    渥美清から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1968年、フジテレビにて、テレビドラマ『男はつらいよ』の放送開始。放送期間は1968年10月3日から1969年3月27日までの半年間。脚本は山田洋次と森崎東が担当した。最終回では「ハブに噛まれて寅さんが死ぬ」と言うストーリーに抗議が殺到した。渥美清 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村英夫

    吉村英夫から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1982年 三重県文化奨励賞を受賞(『男はつらいよの世界』の刊行等)。吉村英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村英夫

    吉村英夫から見た寅さん男はつらいよ

    寅さんは生きている』(1996年 かもがわブックレット)吉村英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小林俊一

    小林俊一から見た男はつらいよ男はつらいよ

    渥美清を山田洋次に紹介し、連続ドラマの脚本執筆を依頼した、いわばドラマ・映画『男はつらいよ』の「生みの親」である。小林俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 山本直純

    山本直純から見た男はつらいよ男はつらいよ

    彼は人々の心に強く残る明快なメロディーを次々と生み出したが、いずれもシンプルでかつ基礎的技術の高さに裏打ちされている。代表的な作品として、映画『男はつらいよ』のテーマ曲や、TBSラジオの人気長寿番組『小沢昭一の小沢昭一的こころ』のお囃子(劇中音楽)を担当し、テーマ曲と挿入曲を作曲したことでも知られる。「男はつらいよ」シリーズでは、テーマソング・映画音楽を一貫して担当してきたが、第47作「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」以降の3作品は、息子の山本純ノ介と共同で音楽を担当した。山本直純 フレッシュアイペディアより)

  • 倍賞 千恵子

    倍賞千恵子から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1961年、松竹映画にスカウトされ『斑女』(中村登監督)で映画デビュー。1963年、山田洋次監督の映画『下町の太陽』に主演し、以降、山田映画に欠かせない庶民派女優となる。『下町の太陽』は映画・歌だけでなく、現在もそのフレーズ自体が倍賞の代名詞になっている。映画『男はつらいよ』シリーズで、渥美清演じる主人公車寅次郎の妹、さくら役でその人気を不動にした。『家族』以下、シリーズの合間を縫って山田監督が発表したオリジナル大作や、シリーズ開始前の初期作品もほとんど彼女の主演であり、実に六十数本、しかもほとんどが主演か準主演という、海外にも類を見ないほどの緊密で長い監督・主演女優コンビである。逆に他監督作品への出演が少なく、悪女役への意欲も口にしていたものの映画では結実しなかった。松竹歌劇団出身ということもあり強いモダニズム志向もステージには伺えるが、映画ではやはり稀である。倍賞千恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本 茉利

    岡本茉利から見た男はつらいよ男はつらいよ

    東京都豊島区生まれ。小学生時代を大阪府枚方市で過ごし、1961年に映画『喜劇・団地親分』でデビューした。当時は本名の野田睦美で関西を中心に芸能活動をしていたが、1970年に東京へ引っ越し、以降活動拠点を東京に移すと共に、芸名を岡本茉利に改める。1971年に『男はつらいよ』シリーズ第8作『寅次郎恋歌』に旅役者の娘・大空小百合役で出演したのをきっかけに、山田洋次作品の常連となる。岡本茉利 フレッシュアイペディアより)

  • 山田洋次

    山田洋次から見た男はつらいよ男はつらいよ

    川島雄三、野村芳太郎の助監督を経て、1961年に『二階の他人』でデビューする。以降、『男はつらいよ』シリーズなどの人情劇を発表する。評論家や文化人の支持も高く、現役でもっとも多くキネマ旬報ベストテンに入賞した監督である。中国などでも、日本映画界の第一人者として知られる。財団法人いわさきちひろ記念事業団理事長。関西大学大学院文学研究科と立命館大学映像学部の客員教授。文化学院の特別講師でもある。山田洋次 フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た男はつらいよ男はつらいよ

    凶暴でありながら、ジョークが大好きな人喰いザメ。「人をくったサメ」といわれるが慣用句としての意味だという説も。「ジョークス」に片足を食いちぎられた恨みを晴らすべく、カントクがモリを片手に「ジョークス」と戦うが…(但し、カントクの夢の中の話)。なお、この「ジョークスの巻」は、「ジョーズ」「白鯨」「男はつらいよ」の映画3作品をベースに構成されている。1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
359件中 1 - 10件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード