前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
435件中 1 - 10件表示
  • 渥美清

    渥美清から見た男はつらいよ男はつらいよ

    渥美 清(あつみ きよし、1928年(昭和3年)3月10日 - 1996年(平成8年)8月4日)は、日本のコメディアン、俳優。本名は田所 康雄(たどころ やすお)。愛称は、寅さん、風天(俳号)。身長173cm、体重70kg。代表作『男はつらいよ』シリーズで下町育ちのテキ屋で風来坊の主人公「車寅次郎」を演じ、「寅さん」として広く国民的人気を博した。没後に国民栄誉賞を受賞。渥美清 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤蛾次郎

    佐藤蛾次郎から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1968年にはテレビドラマ『男はつらいよ』に出演。1969年からは映画『男はつらいよ』に柴又題経寺の寺男源吉(愛称:源公)役で出演。最終作の1995年まで出演し続け、本シリーズに欠かせない存在となる。ファンからは全48作全てに出演したと思われているが第8作の『男はつらいよ 寅次郎恋歌』のみポスターに名を重ねているが撮影直前に交通事故に遭い緊急入院したため出演していない。佐藤蛾次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林俊一

    小林俊一から見た男はつらいよ男はつらいよ

    渥美清を山田洋次に紹介し、連続ドラマの脚本執筆を依頼した、いわばドラマ・映画『男はつらいよ』の「生みの親」である。小林俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 山本直純

    山本直純から見た男はつらいよ男はつらいよ

    山本は人々の心に強く残る明快なメロディーを次々と生み出したが、いずれもシンプルでかつ基礎的技術の高さに裏打ちされている。代表的な作品として、映画『男はつらいよ』のテーマ曲や、TBSラジオの人気長寿番組『小沢昭一の小沢昭一的こころ』のお囃子(劇中音楽)を担当し、テーマ曲と挿入曲を作曲したことでも知られる。「男はつらいよ」シリーズでは、テーマソング・映画音楽を一貫して担当してきたが、第47作「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」以降の3作品は、息子の山本純ノ介と共同で音楽を担当した。山本直純 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村英夫

    吉村英夫から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1982年 三重県文化奨励賞を受賞(『男はつらいよの世界』の刊行等)。吉村英夫 フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎

    トラック野郎から見た男はつらいよ男はつらいよ

    企画から下準備、撮影を含めた製作期間は2か月、クランク・アップは封切り日の1週間前であった。シリーズ化の予定はなく、単発作品としての公開だった。こうして、過密な撮影スケジュールと低予算で製作された『トラック野郎・御意見無用』は1975年8月30日に公開された。ところが、いざ蓋を開けてみると、オールスターキャストの大作ことから、岡田社長は「正月映画はトラックでいけ」、「トラ(寅さん)喰う野郎やで」、「(2作目の)題名は爆走一番星や!」と即座にシリーズ化を決定した。トラック野郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山田洋次

    山田洋次から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1931年、大阪府豊中市の生まれ。東京大学法学部卒業後、川島雄三、野村芳太郎の助監督を経て、1961年に『二階の他人』でデビューする。以降、『男はつらいよ』シリーズなどの人情劇を発表する。評論家や文化人の支持も高く、現役でもっとも多くキネマ旬報ベストテンに入賞した監督である。中国などでも、日本映画界の第一人者として知られる。山田洋次 フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た男はつらいよ男はつらいよ

    『広島死闘篇』で美能組の組員として出演する前田吟は、国民的映画『男はつらいよ』で、さくらの夫・諏訪博役として善良なイメージで有名であるが、前田は昔から東映映画のファンで、「むしろ松竹の方が、自分が出るイメージがなかった」と話している。前田も第一作を映画館で観て感銘を受け、深作から直々に出演のオファーがあり、念願の東映映画出演を果たした。なお、前田は、ジャーナリスト側から見た「仁義なき戦い」といえるテレビドラマ『ある勇気の記録』(NET、1966年10月〜1967年1月)に出演しており、双方の視点で演じた貴重な役者となる。『広島死闘篇』での前田の最大の見せ場である時森勘市を(遠藤辰雄)殺害シーンで、ドアの隙間から封筒が引き抜かれた瞬間、銃弾を浴びせるというアイデアは前田が出したものという。『男はつらいよ』では渥美清であろうと誰であろうと一切のアドリブは許されないため、非常に貴重な体験だったと話している。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 松村達雄

    松村達雄から見た男はつらいよ男はつらいよ

    大学時代はラグビー選手として活躍し、劇団を結成して舞台で活動するが、劇団の解散後は映画・テレビドラマに多く出演した。しやがれた声の独得な台詞まわしと、芝居臭さを感じさせないリアルで深味のある演技で個性的なバイプレイヤーとして活躍し、崩れたインテリ役に定評があった。映画『男はつらいよ』シリーズで2代目おいちゃん役を演じたことでも知られる。松村達雄 フレッシュアイペディアより)

  • 魔弾戦記リュウケンドー

    魔弾戦記リュウケンドーから見た男はつらいよ男はつらいよ

    当作品は架空の下町・あけぼの町を舞台にしており、その町のみを守るヒーローという設定や描写も特徴の1つである。世界観は松竹の看板映画であった『男はつらいよ』を意識している。また「魔法」をモチーフの1つとしているが、これは2001年から映画シリーズがヒットしている『ハリー・ポッター』シリーズの影響があったと指摘されている。魔弾戦記リュウケンドー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
435件中 1 - 10件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード