435件中 91 - 100件表示
  • トニーヒロタ

    トニーヒロタから見た男はつらいよ男はつらいよ

    男はつらいよの登場人物(寅さん、諏訪博、タコ社長など)トニーヒロタ フレッシュアイペディアより)

  • 松竹歌劇団

    松竹歌劇団から見た男はつらいよ男はつらいよ

    映画『男はつらいよ』シリーズ第21作目。松竹歌劇と国際劇場が全面的に取り上げられ、マドンナ(ヒロイン)の木の実ナナが松竹歌劇のトップスターという役どころで出演。また松竹歌劇からも大幹部の小月冴子、春日宏美、沖千里、藤川洋子などが出演した。なお、シリーズ主人公・寅次郎(渥美清)の妹「さくら」役を一貫して演じ続けた倍賞千恵子は松竹歌劇出身であり、『東京踊り』で音楽舞踊学校の首席卒業者が務める「バトンガール」の初代担当者であった。松竹歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • チネグランデ

    チネグランデから見た男はつらいよ男はつらいよ

    2009年(平成21年)は松竹映画『男はつらいよ』の40周年を記念して、同年1月1日から6月19日まで、同シリーズ全48作のうち半数となる24作を厳選した特集上映を行った。この年の11月7日に公開された佐々木希主演の映画『天使の恋』(監督寒竹ゆり、配給ギャガ)では、同劇場内及び近隣のチネチッタ通りで撮影が行われている。チネグランデ フレッシュアイペディアより)

  • GameWave

    GameWaveから見た男はつらいよ男はつらいよ

    上記「汗かきせぇるすまんが行く」のリニューアル版で、映画『男はつらいよ』の主人公「車 寅次郎(フーテンのとらさん)」にそっくりの「ブーデー(デブ)のどらさん」に扮した伊集院が、主にファミリーコンピュータ用の懐かしいゲームソフトを一般人に紹介およびセールスするという主旨で行われていた。「汗かきせぇるすまん」時代と同様に、このコーナーでも最後は一般人(客)に「(伊集院が提示した値段が)高すぎて買えない」と断られるのがお決まりだった。このコーナーは好評だったため、拡大版がメインコーナーとして放送されたり、アメリカサンタモニカまでロケをしに行ったりすることもあった。GameWave フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉シネマワールド

    鎌倉シネマワールドから見た男はつらいよ男はつらいよ

    1Fは「日本映画ゾーン」。『男はつらいよ』のセットを実物大やミニチュアで再現。他にも時代劇の町並みや、松竹映画の資料館、歩行型および3Dサウンドシステム採用型の2種類のお化け屋敷などのアトラクションがあった。鎌倉シネマワールド フレッシュアイペディアより)

  • ラヴドライブ

    ラヴドライブから見た男はつらいよ男はつらいよ

    2人とも「北の国から」の大ファン。お互い連続ドラマ、SPドラマ、共に何度も見返していることを自身のフリートークライブなどで公言している。2009年8月22日、「北の国から」好きの芸人を集め、「北の国から」をテーマに第1回目のトークライブを開催した。また、パルデンは「男はつらいよ」シリーズが好きという。ラヴドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 中村はやと

    中村はやとから見た男はつらいよ男はつらいよ

    中村はやと フレッシュアイペディアより)

  • みんなでうた

    みんなでうたから見た男はつらいよ男はつらいよ

    葛飾のうた - 葛飾区…『男はつらいよ』の主題歌をアレンジみんなでうた フレッシュアイペディアより)

  • 玉木宏樹

    玉木宏樹から見た男はつらいよ男はつらいよ

    卒業後、楽団「アルキカルテット」を主宰。革新的な演奏で注目を浴びたが、同時に批判的な意見も少なくなかった。この頃から山本直純の事務所に所属して映像作品の音楽を手伝うようになる。当時は山本の名義で玉木が作曲や編曲に携わることもあった。『男はつらいよ』主題歌は山本一人の名義だが、実際は山本が作った曲に玉木がイントロ、伴奏を付けたという。玉木宏樹 フレッシュアイペディアより)

  • 木村晃健

    木村晃健から見た男はつらいよ男はつらいよ

    また、邦画『男はつらいよ』をこよなく愛し、発売されているビデオシリーズは全て収集するほどのマニアである。木村晃健 フレッシュアイペディアより)

435件中 91 - 100件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード