359件中 21 - 30件表示
  • 幸福の黄色いハンカチ

    幸福の黄色いハンカチから見た男はつらいよ男はつらいよ

    1971年に『ニューヨーク・ポスト』紙に掲載されたピート・ハミルのコラム『Going Home』をベースに、『家族』『故郷』『砂の器(脚本のみ)』『男はつらいよ』シリーズなど、数多くのヒット作を手がけた山田洋次監督による、北海道を舞台にした日本のロードムービーの代表作である。山田は本作品の物語などの展開についての着想を、1953年に発表されたアメリカ合衆国の映画『シェーン』から得ている。幸福の黄色いハンカチ フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1967年、東映でも喜劇路線を敷こうと、当時東宝にいた渥美清を引き抜いた。その頃東宝には森繁久弥や伴淳三郎、三木のり平ら大御所がいて、渥美はほとんど売れていなかった。瀬川昌治監督の『喜劇・列車』シリーズほか数本に主演し、まったくヒットせず。「ウチでは喜劇はどうしてもダメ」と岡田は頭を下げ渥美に身を引いてもらった。渥美は東宝に戻るつもりだったが、「あなたは松竹が一番水に合うと思うよ」と助言。松竹入りした渥美はほどなく『男はつらいよ』に出逢うこととなった。それぞれの会社にカラーがあるのはよく知られているが、東映は1968年から始まる若山富三郎の『極道』シリーズ、1975年から始まる菅原文太の『トラック野郎』シリーズ等のアクションのある喜劇の成功例はあるが、ほのぼのとした喜劇を制作しても成功しなかった。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ 翔んでる寅次郎

    男はつらいよ 翔んでる寅次郎から見た男はつらいよ男はつらいよ

    『男はつらいよ 翔んでる寅次郎』(おとこはつらいよ とんでるとらじろう)は、1979年8月4日に公開された男はつらいよシリーズの23作目。同時上映は友里千賀子主演の『港町紳士録』。男はつらいよ 翔んでる寅次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第47回NHK紅白歌合戦

    第47回NHK紅白歌合戦から見た男はつらいよ男はつらいよ

    また、この年亡くなった藤子・F・不二雄と渥美清を偲んで第一部では「ドラえもんのうた」を、RATS&STARの桑野信義がジャイアン役で、SMAPの中居正広がスネ夫役で、松田聖子がしずか役で歌い、第二部では「男はつらいよ」を出場歌手全員で大合唱された。第47回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画

    日本映画から見た男はつらいよ男はつらいよ

    「大船調」といわれた松竹お得意のメロドラマ路線が、収益を呼べず、1960年に城戸四郎社長が辞任。監査役の大谷博が社長となった。松竹ヌーヴェルヴァーグと呼ばれた助監督群が相次いでデビューし、大島渚監督『青春残酷物語』(1960年)、『日本の夜と霧』(1960年)、吉田喜重監督『ろくでなし』(1960年)、『秋津温泉』(1962年)、篠田正浩監督『恋の片道切符』(1960年)、『暗殺』(1964年)などの斬新な作品群を発表するが、日米安保改定問題を扱った大島渚監督『日本の夜と霧』が封切り4日後に松竹によって興行を打ち切られる。松竹を辞めた大島渚は独立プロ創造社を起こすなど、松竹ヌーヴェルヴァーグの監督たちは後に松竹を後にした。野村芳太郎は『拝啓天皇陛下様』(1963年)などの人情喜劇、コント55号主演映画などを監督。山田洋次監督は『下町の太陽』(1963年)、『馬鹿まるだし』(1964年)、『霧の旗』(1965年)などの作品を経て、1969年より「男はつらいよシリーズ」を始める。この年代の松竹の代表作には、小津安二郎監督『秋日和』(1960年)、『秋刀魚の味』(1962年)、木下惠介監督『笛吹川』(1960年)、『永遠の人』(1961年)、『二人で歩いた幾春秋』(1962年)、『死闘の伝説』(1963年)、『香華』(1964年)、渋谷実監督『もず』(1961年)、小林正樹監督『切腹』『からみ合い』(1962年)、松山善三監督『山河あり』(1962年)、羽仁進監督『充たされた生活』(1962年)、中村登監督『古都』(1963年)、『紀ノ川』『暖春』(1966年)、『智恵子抄』『惜春』(1967年)、『わが恋わが歌』(1969年)、吉村公三郎監督の『眠れる美女』(1968年)、蔵原惟繕監督の『栄光への5000キロ』(1969年)などがある。『宇宙大怪獣ギララ』(1967年)、『吸血鬼ゴケミドロ』(1968年)などの怪獣映画も発表するがヒットには至らなかった。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • 笠智衆

    笠智衆から見た男はつらいよ男はつらいよ

    小津没後も活躍は続き、1969年からは山田洋次監督作品の『男はつらいよ』シリーズへ出演。一連の小津映画に並ぶ笠の代表作となった。笠智衆 フレッシュアイペディアより)

  • 葛飾区

    葛飾区から見た男はつらいよ男はつらいよ

    区内には、山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズで知られる柴又帝釈天や、江戸期の菖蒲文化を伝える堀切菖蒲園、秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で有名になった亀有(亀有公園はあるが、派出所が併設されていたことはない。公園に一番至近の実在の派出所は亀有駅前派出所)がある。葛飾区 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た男はつらいよ男はつらいよ

    男はつらいよ』『幸福の黄色いハンカチ』などの優れた撮影に対して毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 京成金町線

    京成金町線から見た男はつらいよ男はつらいよ

    営業キロ2.5kmの路線で、密集した住宅街に囲まれている。唯一の中間駅である柴又駅は、「柴又帝釈天」「葛飾柴又寅さん記念館」「矢切の渡し」などの最寄駅であることから、地元住民の利用に加えて柴又帝釈天への参拝客や、映画『男はつらいよ』関係地を巡る観光客の利用も多い。京成金町線 フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た男はつらいよ男はつらいよ

    タコ社長:日本映画『男はつらいよ』に登場する太宰久雄が演じた零細企業の社長(cf. 男はつらいよの主要人物)の愛称。タコ フレッシュアイペディアより)

359件中 21 - 30件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード