359件中 31 - 40件表示
  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1977年、野村芳太郎監督の『八つ墓村』で萩原健一演じる主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じ、映画初出演。その後『遙かなる山の呼び声』の武志役オーディションで山田洋次監督に見出され、『男はつらいよ』シリーズ第27作『浪花の恋の寅次郎』から最終作と特別篇まで寅次郎の甥・満男役でレギュラー出演し、渥美清が病気になり派手な演技が出来なくなってからは登場シーンも増え、事実上の主役を演じた。吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 美保純

    美保純から見た男はつらいよ男はつらいよ

    「隣のお姉さん」的なキャラクターで、週刊誌のグラビアなどに登場。人気を博し、デビューから約1年後には一般映画にも出演。『男はつらいよ』でタコ社長(太宰久雄)の娘・あけみ役などに抜擢される。現在も多くの映画、テレビドラマ(『菊次郎とさき』、『クライマーズ・ハイ』)、バラエティ(『Dのゲキジョー』パネラー)に出演し、活躍している。美保純 フレッシュアイペディアより)

  • 的屋

    的屋から見た男はつらいよ男はつらいよ

    映画「男はつらいよ」の主人公、“フーテンの寅”車寅次郎の生業として知られる。的屋 フレッシュアイペディアより)

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所

    こちら葛飾区亀有公園前派出所から見た男はつらいよ男はつらいよ

    連載当初は当時の人気漫画『がきデカ』の作者山上たつひこをもじった山止たつひこ(やまどめ たつひこ)のペンネームを使用していたが、山上から苦情が来たために連載100回目を区切りに本名の「秋本治」名義に変更した。この作品の題名に関して、「長い題名をつけたら審査員が目を引くかなと思って。でも、いざやってみたらあんまり意味なかったですね」と、秋本は語っている。また、『男はつらいよ』の監督山田洋次との対談の中で「『男はつらいよ』のおかげで葛飾区が全国的に広まっていましたから、亀有は知らなくても葛飾区はみんな知っているだろうと思ったんですね。それで長いタイトルになってしまった」とも述べている。もともとアメリカ映画のポリスアクションにあこがれていた秋本はこの要素を取り入れ、身近な派出所を舞台としてこの漫画を執筆したのだという。略称の『こち亀』は『下町奮戦記』の巻末に作者が「これからはこち亀と略してください」とコメントしたことで、公式の略称となった。コミックスでは、第18巻の巻末コメントで林家しん平が『こち亀』と呼んでいるのが最初。最初期には『派出所』と略されたことがある。こちら葛飾区亀有公園前派出所 フレッシュアイペディアより)

  • 長山 藍子

    長山藍子から見た男はつらいよ男はつらいよ

    映画では『橋のない川』や『ガラスのうさぎ』などで活躍する。ドラマでもNHK大河ドラマ『おんな太閤記』、『春日局』等の時代劇に多く出演した。TBSでは『女と味噌汁』シリーズなどの石井ふく子プロデュースのホームドラマに出演し、特に1990年から石井プロデュースの『渡る世間は鬼ばかり』の野田弥生役は広く知られており、橋田壽賀子作品の常連の1人にもなった。『男はつらいよ』のテレビ版では初代の車さくら役を演じ、映画版男はつらいよ 望郷篇ではマドンナで出演している。長山藍子 フレッシュアイペディアより)

  • バナナの叩き売り

    バナナの叩き売りから見た男はつらいよ男はつらいよ

    バナナの叩き売りが全国的に有名になったのは映画『男はつらいよ』の影響である。渥美清は佐賀の名人からバナナのたたき売りを習っている。バナナの叩き売り フレッシュアイペディアより)

  • 中村はやと

    中村はやとから見た男はつらいよ男はつらいよ

    中村 はやと(なかむら はやと)は元子役。映画『男はつらいよ』シリーズ第1?8作、第10〜26作で寅さんの甥・諏訪満男を演じた。中村はやと フレッシュアイペディアより)

  • 寅さん

    寅さんから見た男はつらいよ男はつらいよ

    寅さん フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪さくら

    諏訪さくらから見た男はつらいよ男はつらいよ

    諏訪さくら フレッシュアイペディアより)

  • 間好子

    間好子から見た男はつらいよ男はつらいよ

    一方で、『男はつらいよ』シリーズや、沖縄出身の高嶺剛監督作など、映画にも出演。間好子 フレッシュアイペディアより)

359件中 31 - 40件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード