435件中 31 - 40件表示
  • 的屋

    的屋から見た男はつらいよ男はつらいよ

    小沢昭一などの文化人は的屋の啖呵を“昭和の風物”として文献や音源に残している。また映画『男はつらいよ』の主人公、“フーテンの寅”車寅次郎の生業として知られる。的屋 フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た男はつらいよ男はつらいよ

    タコ社長:日本映画『男はつらいよ』に登場する太宰久雄が演じた零細企業の社長(cf. 男はつらいよの主要人物)の愛称。タコ フレッシュアイペディアより)

  • 衛星劇場

    衛星劇場から見た男はつらいよ男はつらいよ

    主に小津安二郎監督作品や『男はつらいよ』シリーズや『釣りバカ日誌』シリーズなど新旧の松竹映画を中心に映画・テレビドラマ・古典芸能・演劇といったタイトルを月120本以上放送。衛星劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ハブ (動物)

    ハブ (動物)から見た男はつらいよ男はつらいよ

    TVドラマ版『男はつらいよ』では、車寅次郎はハブ獲り名人となって一旗上げることを目指して奄美大島に渡り、ハブに咬まれて死亡した、という最終回となっている。ハブ (動物) フレッシュアイペディアより)

  • 笠智衆

    笠智衆から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1969年からは山田洋次監督の『男はつらいよ』シリーズに柴又帝釈天の御前様(坪内住職)役で全作に出演したことで知られている。笠智衆 フレッシュアイペディアより)

  • 京成金町線

    京成金町線から見た男はつらいよ男はつらいよ

    営業キロ2.5kmの路線で密集した住宅街に囲まれている。全線単線である。柴又駅 - 京成金町駅間の柴又街道と併走する区間は直線であり、線形が良い。駅数はわずか3駅で、唯一の中間駅である柴又駅は、「柴又帝釈天」「葛飾柴又寅さん記念館」「矢切の渡し」などの最寄駅であることから、地元住民の利用に加えて柴又帝釈天への参拝客や、映画『男はつらいよ』関係地を巡る観光客の利用も多い。短距離ながら本線・成田空港線(成田スカイアクセス)・北総鉄道北総線と東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線を結び、両端の駅で都心方面と接続することから朝夕は上下方向共に通勤利用が多く混雑する。京成金町線 フレッシュアイペディアより)

  • 柴又駅

    柴又駅から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1997年(平成9年) - 「関東の駅百選」に選定。選定理由は「ご存知寅さんの『男はつらいよ』の雰囲気を考慮した瓦葺き風の駅舎」。柴又駅 フレッシュアイペディアより)

  • 太宰久雄

    太宰久雄から見た男はつらいよ男はつらいよ

    太宰 久雄(だざい ひさお、1923年12月26日 - 1998年11月20日)は、日本の俳優。東京市浅草区(現・東京都台東区浅草)出身。映画『男はつらいよ』シリーズのタコ社長(桂梅太郎)役で有名な俳優である。同映画において渥美清演じる車寅次郎との掛け合いは、映画の見所のひとつであった。太宰久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画

    日本映画から見た男はつらいよ男はつらいよ

    「大船調」といわれた松竹お得意のメロドラマ路線が、収益を呼べず、1960年に城戸四郎社長が辞任。監査役の大谷博が社長となった。松竹ヌーヴェルヴァーグと呼ばれた助監督群が相次いでデビューし、大島渚監督『青春残酷物語』(1960年)、『日本の夜と霧』(1960年)、吉田喜重監督『ろくでなし』(1960年)、『秋津温泉』(1962年)、篠田正浩監督『恋の片道切符』(1960年)、『暗殺』(1964年)などの斬新な作品群を発表するが、日米安保改定問題を扱った大島渚監督『日本の夜と霧』が封切り4日後に松竹によって興行を打ち切られる。松竹を辞めた大島渚は独立プロ創造社を起こすなど、松竹ヌーヴェルヴァーグの監督たちは後に松竹を後にした。野村芳太郎は『拝啓天皇陛下様』(1963年)などの人情喜劇、コント55号主演映画などを監督。山田洋次監督は『下町の太陽』(1963年)、『馬鹿まるだし』(1964年)、『霧の旗』(1965年)などの作品を経て、1969年より「男はつらいよシリーズ」を始める。代表作には、小津安二郎監督『秋日和』(1960年)、『秋刀魚の味』(1962年)、木下惠介監督『笛吹川』(1960年)、『永遠の人』(1961年)、『二人で歩いた幾春秋』(1962年)、『死闘の伝説』(1963年)、『香華』(1964年)、渋谷実監督『もず』(1961年)、小林正樹監督『切腹』『からみ合い』(1962年)、松山善三監督『山河あり』(1962年)、羽仁進監督『充たされた生活』(1962年)、中村登監督『古都』(1963年)、『紀ノ川』『暖春』(1966年)、『智恵子抄』『惜春』(1967年)、『わが恋わが歌』(1969年)、吉村公三郎監督の『眠れる美女』(1968年)、蔵原惟繕監督の『栄光への5000キロ』(1969年)などがある。『宇宙大怪獣ギララ』(1967年)、『吸血鬼ゴケミドロ』(1968年)などの怪獣映画も発表するがヒットには至らなかった。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • 東京現像所

    東京現像所から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1955年、当時日本でも高まりつつあったカラー映画の需要に応えるべく、東宝・大映・大沢商会・東和商事などの映画関係各社及び藤山愛一郎らの出資により映画フイルムの現像所として設立。当初より色彩技術の開発に重点がおかれ、その成果は1960年大映「おとうと」(監督:市川昆 撮影:宮川一夫)において採用された銀残しと呼ばれる現像手法にも結実した(「おとうと」は同年のカンヌ国際映画祭で技術委員会特別賞を受賞)。その他にも小津安二郎のカラー作品やオプチカル合成を駆使した東宝の特撮作品、松竹「男はつらいよ」、精緻な色調が海外では“キタノ・ブルー”とも呼ばれた北野武監督作などを手がけてきたことで知られる。東京現像所 フレッシュアイペディアより)

435件中 31 - 40件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード