435件中 51 - 60件表示
  • 寅次郎

    寅次郎から見た車寅次郎男はつらいよ

    車寅次郎 - 映画「男はつらいよ」(山田洋次監督)シリーズの主役。渥美清が演じる。寅次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 寅次郎

    寅次郎から見た男はつらいよ男はつらいよ

    車寅次郎 - 映画「男はつらいよ」(山田洋次監督)シリーズの主役。渥美清が演じる。寅次郎 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た男はつらいよ男はつらいよ

    しかし、1960年代に入ってテレビが普及すると、映画でしか見られないスターが減っていった。1970年代に入ると経営難のため俳優を抱えて育成することは困難となり、東映以外の映画会社からはほぼ俳優の専属制はなくなっていった。1970年代に入ると大映は倒産し、日活はロマンポルノ路線への移行を余儀なくされ、スターシステムによるスター映画と言えるのは、渥美清の『男はつらいよ』シリーズや高倉健主演映画、菅原文太主演映画、『ゴジラ』シリーズくらいという状況になっていった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • フィーリング・フリー

    フィーリング・フリーから見た男はつらいよ男はつらいよ

    DISCO 翔んでる寅さん(『男はつらいよ』イメージソング)フィーリング・フリー フレッシュアイペディアより)

  • 下総国葛飾郡大嶋郷戸籍

    下総国葛飾郡大嶋郷戸籍から見た男はつらいよ男はつらいよ

    この戸籍中に、姓は「孔王部(あなほべ)」、名は「刀良(とら)」という33歳の男性と、別の世帯に同姓の「佐久良賣(さくらめ)」という34歳の女性の名がある。これらが、映画「男はつらいよ」の主人公とその妹と同じ名ということで話題になった。下総国葛飾郡大嶋郷戸籍 フレッシュアイペディアより)

  • 寅さん (小惑星)

    寅さん (小惑星)から見た男はつらいよ男はつらいよ

    渥美清が演じた、映画『男はつらいよ』シリーズの主人公、「フーテンの寅」こと車寅次郎に因んで名付けられた。寅さん (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 昭和任侠伝

    昭和任侠伝から見た男はつらいよ男はつらいよ

    「任侠道」に憧れる男は、安物の着流しに雪駄姿で街をうろつき、毎日のように任侠映画を見ては「健さんかっこええなあ……」などと悦に浸りながら八百屋を営む自宅に帰る暮らしを送っている。「おっ母さん。今、帰(けえ)って来たよ。妹のさくらはもう寝たかい?」「さくらやない。カズコじゃ! 東映も松竹もごっちゃになってるやないか(※さくらは松竹製作の『男はつらいよ』シリーズの登場人物)」昭和任侠伝 フレッシュアイペディアより)

  • 瘋癲

    瘋癲から見た男はつらいよ男はつらいよ

    車寅次郎(フーテンの寅さん:映画『男はつらいよ』シリーズの主人公)瘋癲 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木功

    鈴木功から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1980年より山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズの録音技師となる。鈴木功 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉瀬川ダム

    嘉瀬川ダムから見た男はつらいよ男はつらいよ

    この間、水没予定地において1989年(平成元年)秋、『男はつらいよ』の第42作である『男はつらいよ ぼくの伯父さん』のロケが行われた。この経緯は水没予定住民である小学生が、『ぼくの故郷がダムに沈んでしまいます』という手紙を主演の渥美清に送ったのが発端であり、手紙を受け取った渥美は監督である山田洋次に当地でのロケを進言したというエピソードがある。嘉瀬川ダム フレッシュアイペディアより)

435件中 51 - 60件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード