359件中 51 - 60件表示
  • スター・システム

    スター・システムから見た男はつらいよ男はつらいよ

    しかし、1960年代に入ってテレビが普及すると、映画でしか見られないスターが減っていった。1970年代に入ると経営難のため俳優を抱えて育成することは困難となり、東映以外の映画会社からはほぼ俳優の専属制はなくなっていった。1970年代に入ると大映は倒産し、日活はロマンポルノ路線への移行を余儀なくされ、スターシステムによるスター映画と言えるのは、渥美清の『男はつらいよ』シリーズや高倉健主演映画、菅原文太主演映画、『ゴジラ』シリーズくらいという状況になっていった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 陽気なトランポリン

    陽気なトランポリンから見た車寅次郎男はつらいよ

    2006年9月30日に、地上デジタル放送開始記念として、元タレントでテレビ新潟(TeNY)アナウンサーの堀敏彦がゲストとして出演を果たす(アナウンサーとして初の裏番組出演)。登場した堀に槇嶋は挑戦状を出し、3本勝負をする。1本目は出演していた空手道場の子供達の人気を勝ち取るもの。槇嶋は腕力で勝負、堀は映画「男はつらいよ」でおなじみの渥美清演じる車寅次郎の稼業である啖呵売のものまねを披露。判定は槇嶋の勝利。2本目は味覚勝負。のり巻を用意された2つの醤油をそれぞれ1つずつつけながら食べて1つだけ高級な醤油を当てるもの。判定は1本目に続き槇嶋の勝利。3本目は強運勝負の風船ルーレットで、引き金を引き、風船が割れたら負けとなるもの。判定は同じく槇嶋の勝利で3勝0敗。勝敗に条件なく、堀が槇嶋へTeNYでおなじみの勝ちの種ボックスを渡し、槇嶋が堀へマキシ枕を渡す。その後同局の本社の玄関前で小林演じるフィットねぇさんのコーナーに堀が仮装姿で現れ、裏番組である欽ちゃんの仮装大賞の番宣をする。そして空手道場の師範と子供達で空手運動をやり、放送終了前に槇嶋が「最後に新潟一番をぜひとも」と頼み、堀が裏番組同様の雰囲気で「それでは参りましょう、テニィ新潟一番、そしてこの番組は陽気なトランポリン」で番組を締めた。陽気なトランポリン フレッシュアイペディアより)

  • 陽気なトランポリン

    陽気なトランポリンから見た男はつらいよ男はつらいよ

    2006年9月30日に、地上デジタル放送開始記念として、元タレントでテレビ新潟(TeNY)アナウンサーの堀敏彦がゲストとして出演を果たす(アナウンサーとして初の裏番組出演)。登場した堀に槇嶋は挑戦状を出し、3本勝負をする。1本目は出演していた空手道場の子供達の人気を勝ち取るもの。槇嶋は腕力で勝負、堀は映画「男はつらいよ」でおなじみの渥美清演じる車寅次郎の稼業である啖呵売のものまねを披露。判定は槇嶋の勝利。2本目は味覚勝負。のり巻を用意された2つの醤油をそれぞれ1つずつつけながら食べて1つだけ高級な醤油を当てるもの。判定は1本目に続き槇嶋の勝利。3本目は強運勝負の風船ルーレットで、引き金を引き、風船が割れたら負けとなるもの。判定は同じく槇嶋の勝利で3勝0敗。勝敗に条件なく、堀が槇嶋へTeNYでおなじみの勝ちの種ボックスを渡し、槇嶋が堀へマキシ枕を渡す。その後同局の本社の玄関前で小林演じるフィットねぇさんのコーナーに堀が仮装姿で現れ、裏番組である欽ちゃんの仮装大賞の番宣をする。そして空手道場の師範と子供達で空手運動をやり、放送終了前に槇嶋が「最後に新潟一番をぜひとも」と頼み、堀が裏番組同様の雰囲気で「それでは参りましょう、テニィ新潟一番、そしてこの番組は陽気なトランポリン」で番組を締めた。陽気なトランポリン フレッシュアイペディアより)

  • 虹北恭助シリーズ

    虹北恭助シリーズから見た男はつらいよ男はつらいよ

    本名:清。商店街のカメラ屋「大怪獣」の店主。しかし映画(主に怪獣映画)を愛するあまり家業はほとんど番頭に任せてしまっている。虹北商店街振興会の企画で、商店街のプロモーションビデオを撮ることになった際、「名探偵はつらいよin虹北商店街」という怪獣映画と探偵映画、男はつらいよシリーズが混ざったような映画を製作し(協力者二人が金田一映画と「男がつらいよ」が好きだったため)、顰蹙(ひんしゅく)を買うが、全く懲りておらず「名探偵はつらいよ」シリーズの続編はあと47作ある(とみられる)。度々恭助と響子を撮影に巻き込む。なお、はやみねかおるの別シリーズの一編「怪盗クイーンと魔窟王の対決」にちらりと登場した謎の人物「ヤングマスター」とは、怪獣映画好きを自称していたことと名前からしておそらく同一人物だと思われる。虹北恭助シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大室幹雄

    大室幹雄から見た寅さん男はつらいよ

    寅さんがタバコを吸わない理由(わけ) 現代映画習俗誌』 三省堂、1991年7月、233頁大室幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木功

    鈴木功から見た男はつらいよ男はつらいよ

    1980年より山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズの録音技師となる。鈴木功 フレッシュアイペディアより)

  • 谷よしの

    谷よしのから見た男はつらいよ男はつらいよ

    松竹最後の大部屋俳優といわれており、山田洋次監督の「男はつらいよ」、小津安二郎監督作品にも”ちょこっと”出演してきた。谷よしの フレッシュアイペディアより)

  • スリーポケッツ

    スリーポケッツから見た男はつらいよ男はつらいよ

    1959年に、浅草のストリップ小屋「フランス座」時代からの盟友であった渥美・谷・関の3人によって結成されたお笑いトリオである。昭和30年代、脱線トリオと人気を二分した。しかし、笑いの方向性の違いから渥美が脱退。渥美の後には海野が加入したが、その後トリオは発展的に解消された。もっとも、渥美と他のメンバーは解散後も親交が深く、関はその縁で「男はつらいよ」によく出演していた。スリーポケッツ フレッシュアイペディアより)

  • レナード・シュレーダー

    レナード・シュレーダーから見た男はつらいよ男はつらいよ

    男はつらいよ 寅次郎春の夢 (1979) ※共同脚本レナード・シュレーダー フレッシュアイペディアより)

  • 志賀眞津子

    志賀眞津子から見た男はつらいよ男はつらいよ

    男はつらいよ(1969年、松竹)志賀眞津子 フレッシュアイペディアより)

359件中 51 - 60件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード