290件中 111 - 120件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た吉田義夫

    吉田義夫 - 旅の一座の座長、映画冒頭の夢のシーンで常連悪役、父親役など。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た出崎哲

    アニメーションプロデューサー:出崎哲男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た船山馨

    船山馨原作のベストセラー小説をドラマ化した『石狩平野』(脚本:早坂暁、主演:南田洋子)が不調で、1年の放送期間が半年に短縮された。これにより、秋の番組編成に穴が空いてしまったため、本作の放送時間が木曜22時となる。今でこそ木曜22時は「木曜劇場」で定着しているが、当時のこの時間帯は他局が圧倒しており、大苦戦が続いたフジは同局の渥美ドラマの人気で打破したい思惑もあった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たミヤコ蝶々

    武智豊子(ドラマ版)→ミヤコ蝶々(第2作、第7作)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た沢知恵

    第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』では、八代亜紀が主題歌を歌っていた。沢知恵がアルバム『いいうたいろいろ2』の中でカバーしている他、玉置浩二や桑田佳祐(『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』収録)もカバーしている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た吉村英夫

    あけみが出演しなくなった経緯については、映画評論家の吉村英夫は「(人妻のあけみが)毎回とらやに現れ、いつしか店番までする物語展開は、美保の責任ではないのだが、不自然さが否めなかった。山田監督は、あけみをレギュラーとして固定させるかで迷ったと推察されるが、第40作で北山雅康扮するとらやの店員三平を登場させることで、<あけみの役割>を終わらせた・・」と推測している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た車善七

    寅次郎の名は、映画監督の斎藤寅次郎にちなみ、車は非人頭が代々受け継いだ名前「車善七」からとの解釈があるが、監督の山田洋次はそれを否定して、当初姓に考えた轟が物々しいのでそこから1字とって姓は車に、寅は落語の熊さんから転じたもので、さらに次男だから次郎をつけて寅次郎としたと説明している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た中本賢

    アパッチけん - オープニングで測量技師役。島の小学校卒業生の青年役など。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た早乙女勝元

    山田洋次が柴又を知ったのは、『下町の太陽』を監督する際、作家の早乙女勝元に教授してもらうために早乙女宅を訪問し、すぐそばにあった帝釈天を案内されたのがきっかけである。それまで舞台をどこにするか決めるために様々な所を歩き回り、一時は舞台が浦安に決まりかけていたと言うが、柴又に来た時に「渥美ちゃんがふらっと出て来そうだね」と盛り上がって、舞台が柴又に決まったと言う。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た三木のり平

    三木のり平 -伊予大洲藤堂家の執事吉田六郎太役など。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

290件中 111 - 120件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード