290件中 121 - 130件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た遍路

    タイトルは早坂暁の小説、花へんろからで、渥美がお遍路に興味を持っていたこともヒントになっている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た失恋

    『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、渥美清主演、山田洋次原作・監督(一部作品除く)のテレビドラマおよび映画である。テキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎が、何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきては、何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズ。毎回、旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の恋愛模様を、日本各地の美しい風景を背景に描く。主人公の名前から、作品自体も「寅さん」と呼ばれることがある。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た麹町

    「四谷赤坂麹町、チャラチャラ流れるお茶の水、粋な姉ちゃん立ち小便」男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た幼稚園

    山田洋次は、寅次郎はテキ屋を引退、幼稚園の用務員になり、子供たちとかくれんぼをしている最中に息を引き取り、町の人が思い出のために地蔵を作るという構想を早くから持ち、第49作から直結するストーリーだった。黒柳も冗談に「最後のマドンナは黒柳徹子さんだ」と山田から言われていたと林真理子の対談で明かしている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た浦安市

    山田洋次が柴又を知ったのは、『下町の太陽』を監督する際、作家の早乙女勝元に教授してもらうために早乙女宅を訪問し、すぐそばにあった帝釈天を案内されたのがきっかけである。それまで舞台をどこにするか決めるために様々な所を歩き回り、一時は舞台が浦安に決まりかけていたと言うが、柴又に来た時に「渥美ちゃんがふらっと出て来そうだね」と盛り上がって、舞台が柴又に決まったと言う。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たジェームズ・ボンド

    以降、全作品がヒットして松竹のドル箱シリーズとなり、30作を超えた時点で世界最長の映画シリーズ(作品数)としてギネスブック国際版にも認定された(年数では『007』シリーズの方が長い)。渥美の死去により、1995年(平成7年)に公開された第48作『男はつらいよ 寅次郎紅の花』をもって幕を閉じた。第49作および本来の最終作となるはずだった第50作は未制作となった。その後、ファンからのラブコールが多かったとのことで、『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』を再編集し、新撮影分を加えた『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』が1997年(平成9年)- 1998年(平成10年)に公開された。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たラブホテル

    元は深川の芸者であり、寅次郎の父親と内縁関係で寅次郎を生む。ただし実際に寅次郎の養育には関わっていない。現在は京都で連れ込みホテルを経営している。女手一つで世智辛い世の中を生きてきたため気が強く、息子とは顔を合わすたびにケンカをしてしまう。第44作で寅次郎が母親の話題に触れて いるのでこの時は健在だと思われるが、詳細は不明。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た八戸

    寅次郎を「兄貴」として慕う。八戸出身。しかし、後にテキ屋稼業から足を洗い結婚して所帯を持ち、堅気となって盛岡で食堂(今川焼もやっている)を営むようになる。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た安芸市

    ロケ地となるはずだった高知県安芸市伊尾木地区に2002年に開業した土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線伊尾木駅のイメージキャラクター「いおき トラオくん」が寅次郎をモチーフにしたのはこの経緯によるものである。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た天才てれびくんMAX

    天才てれびくんMAX- 天てれドラマ「ダーリンは11さい?!」の最終話に寅次郎を意識したキャラクターが登場する。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

290件中 121 - 130件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード