290件中 131 - 140件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た肉じゃが

    主人公。葛飾柴又の帝釈天にある老舗の団子屋「とらや」(40作以降は「くるまや」)の5代目主人、車平造と、芸者の菊との間に1940年(昭和15年)11月29日生まれ。第1作の年齢の設定は41歳。生後まもなく平造とさくらの実母に育てられるが、16歳の時に葛飾商業学校を2年で中退。第35作では葛飾商業学校同窓会からのハガキに対し、「卒業してねぇのに何で会費払わなくちゃなんねぇんだ」と言っている。第26作で旧制の中学2年のときに「芸者の子供だから教育がなっていない」と校長に言われたことに腹を立てて、体育祭の日に酒を飲んだあげく校長を殴り退学になったと、定時制高校の学生に話している。また、同作で定時制高校に編入したいと願書を書いているが、中学校中退だからと断られている。16歳で父とケンカをして家を飛び出し、放浪の果てにテキヤとなり、その際の経緯は第39作の夢のシーンで断片的ながら映像化されている。それから約20年後、帝釈祭りの日に柴又に帰省して父の団子屋に戻って来て以来、年に数回とらやにふらりと帰って来ては家出を繰り返している。家を飛び出してから全国各地を回って祭りなどで物を売りさばくのが日課。商売柄、口が非常に達者で、思いつきやデタラメに作り上げた会話で人を笑わせる、快活で拍子抜けに明るく、明朗な性格である一方、中身は子供のままで、感情が顔に出やすく、ちょっとしたことで血の気が多くなりケンカざたになる。また、美女を目にした途端にのぼせ上がり、それが毎度色恋沙汰を引き起こす。人情に厚く、義理堅い面と根は真面目な面もあり、家族のことも大切に思っているが、真面目に孝行しよう、真面目に働こうと必死になるたびに、気持ちのすれ違いや他者との誤解から、空回りしてケンカが起きることもしばしば。小学校までしかまともに教育を受けておらず、手紙なども文法は丁寧ながら字体は辛うじて通じるなど、漢字もあまりまともに読み書きができない(例えば、封建主義を「ふうけんしゅぎ」、喫茶店を「きっちゃてん」と呼ぶ等)。和食党で好物は芋の煮っころがしやがんもどき。歌はうまく、旅先で鼻歌、替え歌を口ずさむことを好む。鈍行列車を好み速い乗り物は苦手であるが第25作と第42作では飛行機、第46作では新幹線に騒動の末、乗っている。日本各地をテキヤ稼業で旅してるので、国内の名所には詳しいが、一方で外国を毛嫌いしてる部分も多く、成り行きで旅行したウィーンでも、辛うじて「ありがとう」のドイツ語・「ダンケ」を覚えられただけである。腹違いの妹・さくらのことを常に気にかけている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た飛行機

    主人公。葛飾柴又の帝釈天にある老舗の団子屋「とらや」(40作以降は「くるまや」)の5代目主人、車平造と、芸者の菊との間に1940年(昭和15年)11月29日生まれ。第1作の年齢の設定は41歳。生後まもなく平造とさくらの実母に育てられるが、16歳の時に葛飾商業学校を2年で中退。第35作では葛飾商業学校同窓会からのハガキに対し、「卒業してねぇのに何で会費払わなくちゃなんねぇんだ」と言っている。第26作で旧制の中学2年のときに「芸者の子供だから教育がなっていない」と校長に言われたことに腹を立てて、体育祭の日に酒を飲んだあげく校長を殴り退学になったと、定時制高校の学生に話している。また、同作で定時制高校に編入したいと願書を書いているが、中学校中退だからと断られている。16歳で父とケンカをして家を飛び出し、放浪の果てにテキヤとなり、その際の経緯は第39作の夢のシーンで断片的ながら映像化されている。それから約20年後、帝釈祭りの日に柴又に帰省して父の団子屋に戻って来て以来、年に数回とらやにふらりと帰って来ては家出を繰り返している。家を飛び出してから全国各地を回って祭りなどで物を売りさばくのが日課。商売柄、口が非常に達者で、思いつきやデタラメに作り上げた会話で人を笑わせる、快活で拍子抜けに明るく、明朗な性格である一方、中身は子供のままで、感情が顔に出やすく、ちょっとしたことで血の気が多くなりケンカざたになる。また、美女を目にした途端にのぼせ上がり、それが毎度色恋沙汰を引き起こす。人情に厚く、義理堅い面と根は真面目な面もあり、家族のことも大切に思っているが、真面目に孝行しよう、真面目に働こうと必死になるたびに、気持ちのすれ違いや他者との誤解から、空回りしてケンカが起きることもしばしば。小学校までしかまともに教育を受けておらず、手紙なども文法は丁寧ながら字体は辛うじて通じるなど、漢字もあまりまともに読み書きができない(例えば、封建主義を「ふうけんしゅぎ」、喫茶店を「きっちゃてん」と呼ぶ等)。和食党で好物は芋の煮っころがしやがんもどき。歌はうまく、旅先で鼻歌、替え歌を口ずさむことを好む。鈍行列車を好み速い乗り物は苦手であるが第25作と第42作では飛行機、第46作では新幹線に騒動の末、乗っている。日本各地をテキヤ稼業で旅してるので、国内の名所には詳しいが、一方で外国を毛嫌いしてる部分も多く、成り行きで旅行したウィーンでも、辛うじて「ありがとう」のドイツ語・「ダンケ」を覚えられただけである。腹違いの妹・さくらのことを常に気にかけている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た盛岡

    寅次郎を「兄貴」として慕う。八戸出身。しかし、後にテキ屋稼業から足を洗い結婚して所帯を持ち、堅気となって盛岡で食堂(今川焼もやっている)を営むようになる。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たサラリーマンNEO

    サラリーマンNEO(NHK) - キャラシリーズに「渥美トラ次郎」という渥美と寅次郎をかけた虎模様の猫が登場する。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たメロン

    寅次郎の世話になった男から高級メロンをもらったとらやの面々。切り分けて食べ始めたところへ寅次郎が外出から戻ってくる。寅次郎の分をうっかり勘定に入れ忘れていたことに気付いた一同は、大慌てで場を取り繕うとする。そんなとらやの人々を心が冷たいと激しくなじる寅次郎だったが、リリーが核心を突いた言葉で一喝してしまう。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たゲゲゲの鬼太郎

    ゲゲゲの鬼太郎 - ねずみ男が、寅さんと同様の格好をして放浪する回がある。その際、寅さんのおなじみのセリフを話す。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たきらりん☆レボリューション

    きらりん☆レボリューション - 寅さんに似た格好をしている「ふーさん」が登場している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た横浜市

    現存する第1話と最終話については渥美清の没後、同局の情報番組『ビッグトゥデイ』で、追悼企画としてノーカットで再放送されたほか、1997年2月にフジテレビよりVHSで、2008年8月に松竹よりDVDでソフト化された。これらの映像ソフトでは、欠落した回も写真で紹介するほか、スタッフによる企画の誕生などのエピソードが収録されている。横浜市にある放送ライブラリーでは、第1回を閲覧することができる。2015年5月10日と2016年1月9日に、BSフジにて第1話と最終話が一挙放送された。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たクイズダービー

    このことは1990年8月25日に放送されたTBS『クイズダービー』(第754回)の第7問(三択問題)で出題されており、遅くとも同年時点でこの構想があったことがわかる。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た記念館

    1997年11月、舞台である柴又に、葛飾区の公営記念館「葛飾柴又寅さん記念館」がオープンし、営業中である。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

290件中 131 - 140件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード