290件中 161 - 170件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たNHK衛星第2テレビジョン

    テレビではこれまでに幾度か全48作が続けて放送されている。2001年 - 2003年に、テレビ東京系列で、2005年 - 2007年には、NHK-BS2で全48作が放送された。2011年 - 2012年には、WOWOWで全作品が初めてハイビジョン画質で放送されている。2013年10月から1年間をかけてBSジャパンにて「土曜は寅さん!」枠で全作品の放送が行われた(2015年、2017年にアンコール放送)他、衛星劇場の「松竹チャンネル」内でも放送されている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た虹をつかむ男

    渥美の死去により、2代目寅さんの誕生が噂され、片岡鶴太郎や西田敏行らが候補とされた。実際に報道もされたが、「寅さん=渥美清」という山田監督の意向もあってお蔵入りとなっている。1996年・1997年には、本シリーズに代わる新たな松竹正月映画として、西田主演、山田監督、寅さんファミリーと呼ばれる常連出演者勢ぞろい、男はつらいよとほぼ同じスタッフが参加した『虹をつかむ男』が公開された。その後の松竹の看板正月映画は、1988年から2009年まで続いた、西田主演で山田洋次が脚本家としても携わる『釣りバカ日誌』シリーズに受け継がれることとなる。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たBSジャパン

    テレビではこれまでに幾度か全48作が続けて放送されている。2001年 - 2003年に、テレビ東京系列で、2005年 - 2007年には、NHK-BS2で全48作が放送された。2011年 - 2012年には、WOWOWで全作品が初めてハイビジョン画質で放送されている。2013年10月から1年間をかけてBSジャパンにて「土曜は寅さん!」枠で全作品の放送が行われた(2015年、2017年にアンコール放送)他、衛星劇場の「松竹チャンネル」内でも放送されている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たフーセンのドラ太郎

    フジテレビで、登場人物を動物に置き換えたテレビアニメ版『フーセンのドラ太郎』が放送された。また、TBSでもテレビアニメ版が放送され、映画シリーズ9作品に出演した岡本茉利がさくらの声を演じている。これらのアニメ版はそれぞれ制作会社も制作時期も異なり、関連性はない。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た日本

    『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、渥美清主演、山田洋次原作・監督(一部作品除く)のテレビドラマおよび映画である。テキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎が、何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきては、何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズ。毎回、旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の恋愛模様を、日本各地の美しい風景を背景に描く。主人公の名前から、作品自体も「寅さん」と呼ばれることがある。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たヒッピー

    『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、渥美清主演、山田洋次原作・監督(一部作品除く)のテレビドラマおよび映画である。テキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎が、何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきては、何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズ。毎回、旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の恋愛模様を、日本各地の美しい風景を背景に描く。主人公の名前から、作品自体も「寅さん」と呼ばれることがある。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た柴又

    『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、渥美清主演、山田洋次原作・監督(一部作品除く)のテレビドラマおよび映画である。テキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎が、何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきては、何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズ。毎回、旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の恋愛模様を、日本各地の美しい風景を背景に描く。主人公の名前から、作品自体も「寅さん」と呼ばれることがある。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た奄美大島

    1968年(昭和43年) - 1969年(昭和44年)に、フジテレビが制作・放送したテレビドラマが最初で、葛飾柴又の帝釈天が舞台ではなかった。このテレビ版はヒットしたが、最終話でハブ酒を作ってひと儲けしようとした寅次郎が、奄美大島にハブを取りに行って逆にハブに噛まれ、毒が回り死んだという結末に視聴者から多数の抗議が殺到して、映画化につながった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た衛星劇場

    テレビではこれまでに幾度か全48作が続けて放送されている。2001年 - 2003年に、テレビ東京系列で、2005年 - 2007年には、NHK-BS2で全48作が放送された。2011年 - 2012年には、WOWOWで全作品が初めてハイビジョン画質で放送されている。2013年10月から1年間をかけてBSジャパンにて「土曜は寅さん!」枠で全作品の放送が行われた(2015年、2017年にアンコール放送)他、衛星劇場の「松竹チャンネル」内でも放送されている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たハブ (動物)

    1968年(昭和43年) - 1969年(昭和44年)に、フジテレビが制作・放送したテレビドラマが最初で、葛飾柴又の帝釈天が舞台ではなかった。このテレビ版はヒットしたが、最終話でハブ酒を作ってひと儲けしようとした寅次郎が、奄美大島にハブを取りに行って逆にハブに噛まれ、毒が回り死んだという結末に視聴者から多数の抗議が殺到して、映画化につながった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

290件中 161 - 170件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード