290件中 31 - 40件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た広川太一郎

    広川太一郎 - 第1作でさくらのお見合い相手役。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た毒蝮三太夫

    スナックやキャバレーなどでドサ回りをしながら活動している三流歌手。気が強く心優しい女性。一時寿司屋の主人(演:毒蝮三太夫)と結婚しそこの店の女房となるが、性分に合わず離婚してしまう。寅次郎の理解者であると同時に、多くのマドンナと異なり堅気でないという点で寅次郎とつり合いの立場にあり、相思相愛となる女性の一人。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た高倉健

    『男はつらいよ』は最初、1960年代半ばから、鶴田浩二や高倉健、池部良らを主役脇役に据えて発展させた東映「ヤクザ映画」のパロディとして企画された。また、高倉と山田洋次は同い年で、高倉は山田監督による『幸福の黄色いハンカチ』『遥かなる山の呼び声』に出演。この両作品で渥美清、倍賞千恵子とも共演している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た美保純

    美保純(第33作 - 第39作)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た穂積隆信

    穂積隆信 - 博の次兄・修役。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た片岡鶴太郎

    渥美の死去により、2代目寅さんの誕生が噂され、片岡鶴太郎や西田敏行らが候補とされた。実際に報道もされたが、「寅さん=渥美清」という山田監督の意向もあってお蔵入りとなっている。1996年・1997年には、本シリーズに代わる新たな松竹正月映画として、西田主演、山田監督、寅さんファミリーと呼ばれる常連出演者勢ぞろい、男はつらいよとほぼ同じスタッフが参加した『虹をつかむ男』が公開された。その後の松竹の看板正月映画は、1988年から2009年まで続いた、西田主演で山田洋次が脚本家としても携わる『釣りバカ日誌』シリーズに受け継がれることとなる。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た桑田佳祐

    第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』では、八代亜紀が主題歌を歌っていた。沢知恵がアルバム『いいうたいろいろ2』の中でカバーしている他、玉置浩二や桑田佳祐(『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』収録)もカバーしている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た林律雄

    製作協力:荒井雅樹(大船撮影所)、林律雄、高井研一郎男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た林真理子

    山田洋次は、寅次郎はテキ屋を引退、幼稚園の用務員になり、子供たちとかくれんぼをしている最中に息を引き取り、町の人が思い出のために地蔵を作るという構想を早くから持ち、第49作から直結するストーリーだった。黒柳も冗談に「最後のマドンナは黒柳徹子さんだ」と山田から言われていたと林真理子の対談で明かしている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たエド・はるみ

    出川哲朗は若手時代に、第37作から第41作の5作品に端役で出演し、全ての出演シーンでなぜかはちまきをしている。第37作・第39作ではセリフもある。本人のコメントによると、撮影現場で渥美清に「君は普段何をしてるのかね?」と尋ねられたという。また、第37作ではエド・はるみも端役で出演している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

290件中 31 - 40件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード