223件中 31 - 40件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た片岡鶴太郎片岡 鶴太郎

    渥美の死去により、2代目寅さんの誕生が噂され、片岡鶴太郎や西田敏行らが候補とされた。これは噂の域にとどまらず、実際に報道もされたが、「寅さん=渥美清」という山田監督の意向もあってお蔵入りとなっている。1996年・1997年には、本シリーズに代わる新たな松竹正月映画として、西田主演、山田監督、寅さんファミリーと呼ばれる常連出演者勢ぞろい、男はつらいよとほぼ同じスタッフが参加した『虹をつかむ男』が公開された。しかし。その後の松竹の看板正月映画は、1988年から2009年まで続いた、西田主演で山田洋次が脚本家としても携わる『釣りバカ日誌』シリーズに受け継がれることとなる。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た林律雄

    製作協力:荒井雅樹(大船撮影所)、林律雄、高井研一郎男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た森崎東

    山田洋次が全48作の原作・脚本を担当。第3作、第4作を除く46作を自ら監督した。第3作の監督は森崎東、第4作は小林俊一である。第5作を山田が再び監督し、シリーズを完結させる予定であったが、あまりのヒットに続編の製作が決定した。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た北島三郎北島 三郎

    企画段階でのタイトルは『愚兄賢妹』という番組名だったが、フジテレビの営業から「愚兄賢妹では堅苦しくて番組として売り難い」と言われたため、タイトルを変更することになる。そして、北島三郎が唄っていた『意地のすじがね』の中にあった「つらいもんだぜ男とは」という歌詞をヒントに、小林俊一が『男はつらいよ』と命名した。山田は当時、この変更を快く思っていなかったらしい。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た昭和天皇

    寅さんファンクラブ会員No.1は元内閣総理大臣の小渕恵三。昭和天皇も大ファンで、ビデオを全巻持っていたらしい。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たリチャード・ギア

    サントリー『オランジーナ』のテレビCM(2012年) - 舞台をフランスに移し、車寅次郎をモチーフにした「TORA」(演:リチャード・ギア)、源公をモチーフにした「GEN」少年が登場する。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た星野哲郎

    他にも、同時期にTBS系列で放映されていた渥美清主演のテレビ映画『泣いてたまるか』の、最終回のタイトルが「男はつらい」であり、この回の脚本を山田洋次が書いていたことも決め手となった。他にも渥美清が良く口ずさむ歌が北島三郎であり、その作詞者が星野哲郎であることも主題歌の作詞を依頼する決め手になった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たエドはるみ

    出川哲朗は若手時代に、第37作から第41作の5作品に端役で出演し、全ての出演シーンでなぜかはちまきをしている。第37作・第39作ではセリフもある。本人のコメントによると、撮影現場で渥美清に「君は普段何をしてるのかね?」と尋ねられたという。また、第37作ではエドはるみも端役で出演している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たはらたいら

    山田洋次は、最終作で寅次郎が幼稚園の用務員になり、子供たちとかくれんぼをしている最中に息を引き取り、町の人が思い出のために地蔵を作るという構想を早くから持っていた。このことは1990年8月25日に放送されたTBS『クイズダービー』(第754回)の第7問(三択問題)で出題されており、遅くとも同年時点でこの構想があったことがわかる(正解は1枠の北野大、3枠のはらたいら、5枠ゲストの山崎浩子)。なお、本シリーズにマドンナとして出演した実績がある、レギュラー解答者の竹下景子は、2枠の井森美幸と同様に「温泉のストリップ小屋(で眠るように死んでしまう)」と書いて不正解だった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た佐野浅夫佐野 浅夫

    佐野浅夫 - 作中唯一登場する悪役)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

223件中 31 - 40件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード