223件中 41 - 50件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た釣りバカ日誌

    第46作には、本作と同時上映として製作されていた『釣りバカ日誌』の主人公である、西田敏行演じるハマちゃんがカメオ出演している。釣具を背負ったハマちゃんが釣りに向かう途中、くるまやの前を通って、おばちゃんと会話を交わすというもので、松竹の二大シリーズ間でスター・システムを取り入れている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た光本幸子

    御前様役を演じていた笠智衆は、第45作終了直後に亡くなっている。しかし、御前様の娘・冬子役としてかつて出演していた光本幸子が第46作で久々に出演、さくらと冬子が二人で御前様の近況の会話をする描写があるほか、さくらが源公に「御前様お元気?」と聞くシーンもあり、笠の死去で出演が不可能になっても、御前様は画面に登場しないだけで健在であるという設定になっている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た渥美清

    『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、渥美清主演、山田洋次原作・監督(一部作品除く)のテレビドラマおよび映画である。テキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎が、何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきては何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズ。毎回旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の恋愛模様を、日本各地の美しい風景を背景に描く。主人公の名前から、作品自体も「寅さん」と呼ばれることが多い。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た田中裕子

    (マドンナ:田中裕子 ロケ地:高知県 原作:室生犀星「あにいもうと」)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た笠智衆

    御前様役を演じていた笠智衆は、第45作終了直後に亡くなっている。しかし、御前様の娘・冬子役としてかつて出演していた光本幸子が第46作で久々に出演、さくらと冬子が二人で御前様の近況の会話をする描写があるほか、さくらが源公に「御前様お元気?」と聞くシーンもあり、笠の死去で出演が不可能になっても、御前様は画面に登場しないだけで健在であるという設定になっている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た岡本茉利岡本 茉利

    フジテレビで、登場人物を動物に置き換えたテレビアニメ版『フーセンのドラ太郎』が放送された。また、TBSでもテレビアニメ版が放送され、映画シリーズに出演したことがある岡本茉利がさくら役になっている。それぞれ制作会社も制作時期も異なり、関連性はない。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た東野英治郎

    東野英治郎(ドラマ版、第2作)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た下條正巳

    レギュラーとして登場する人物は、寅次郎、さくらのほか、さくらの夫・諏訪博、草団子店を経営する叔父・竜造と叔母・つね、博が勤務する印刷会社「朝日印刷所」の社長で寅次郎の幼馴染・タコ社長こと桂梅太郎、帝釈天の御前さま、寺男で寅次郎の舎弟・源公などがいた。マドンナとして複数回登場した女優もいるが、リリー、泉、歌子(吉永小百合)以外は、別人の役で出演している。おいちゃんこと叔父・竜造役は初代が森川信、2代目は松村達雄、3代目は下條正巳が演じた。その他、毎回役柄は違うものの、サブキャラクターとしてレギュラー出演する俳優も多く存在した。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たビデオリサーチ

    視聴率は7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、TBSの予想よりは不振に終わった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たWOWOW

    2001年 - 2003年に、TXNで全シリーズが放送、2005年 - 2007年に、BS2で全シリーズが放送された。2011年 - 2012年には、WOWOWにてシリーズ全作品が初めてハイビジョン画質で放送された。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

223件中 41 - 50件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード