290件中 41 - 50件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た北島三郎

    企画段階でのタイトルは『愚兄賢妹』という番組名だったが、フジテレビの営業から「愚兄賢妹では堅苦しくて番組として売り難い」と言われたため、タイトルを変更することになる。そして、北島三郎が唄っていた『意地のすじがね』の中にあった「つらいもんだぜ男とは」という歌詞をヒントに、小林俊一が『男はつらいよ』と命名した。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た昭和天皇

    元内閣総理大臣の小渕恵三は寅さんファンクラブ会員No.1。昭和天皇もファンで、ビデオを全巻持っていた。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た星野哲郎

    他にも、同時期にTBS系列で放送されていた渥美清主演のテレビ映画『泣いてたまるか』の、最終話のタイトルが「男はつらい」であり、この回の脚本を山田洋次が書いていたことも決め手となった。他にも渥美清が良く口ずさむ歌が北島三郎であり、その作詞者が星野哲郎であることも主題歌の作詞を依頼する決め手になった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た金正日

    北朝鮮の金日成や金正日も寅さんファンである。金日成は日本からの議員訪朝団との懇親会の席などで、寅さんのテキ屋叩き売りを物まねで演じて場を笑わせた。また、「日本を訪問することがあったら必ず柴又にいく」と周囲に話していた(金日成も金正日も生涯、訪日することはなかった)。金正日は日本映画好きなことから1985年には東宝の特撮スタッフを招いて『プルガサリ』という怪獣映画をプロデュースしたこともある。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た平松愛理

    女もつらいよ - 平松愛理、神野美伽らの曲。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た森崎東

    山田洋次が全48作の原作・脚本を担当。第3作(監督:森崎東)、第4作(監督:小林俊一)を除く46作を監督した。第5作で山田が再び監督し、シリーズを完結させる予定であったが、あまりのヒットに続編の製作が決定した。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た金日成

    北朝鮮の金日成や金正日も寅さんファンである。金日成は日本からの議員訪朝団との懇親会の席などで、寅さんのテキ屋叩き売りを物まねで演じて場を笑わせた。また、「日本を訪問することがあったら必ず柴又にいく」と周囲に話していた(金日成も金正日も生涯、訪日することはなかった)。金正日は日本映画好きなことから1985年には東宝の特撮スタッフを招いて『プルガサリ』という怪獣映画をプロデュースしたこともある。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たリチャード・ギア

    サントリー『オランジーナ』のテレビCM「ムッシュはつらいよ」(2012年) - 舞台をフランスに移し、車寅次郎をモチーフにした「TORA」(演:リチャード・ギア)、源公をモチーフにした「GEN」少年が登場する。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た池部良

    『男はつらいよ』は最初、1960年代半ばから、鶴田浩二や高倉健、池部良らを主役脇役に据えて発展させた東映「ヤクザ映画」のパロディとして企画された。また、高倉と山田洋次は同い年で、高倉は山田監督による『幸福の黄色いハンカチ』『遥かなる山の呼び声』に出演。この両作品で渥美清、倍賞千恵子とも共演している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た玉置浩二

    第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』では、八代亜紀が主題歌を歌っていた。沢知恵がアルバム『いいうたいろいろ2』の中でカバーしている他、玉置浩二や桑田佳祐(『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』収録)もカバーしている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

290件中 41 - 50件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード