290件中 61 - 70件表示
  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たビデオリサーチ

    視聴率は7.1パーセント(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たTBSテレビ

    フジテレビで、登場人物を動物に置き換えたテレビアニメ版『フーセンのドラ太郎』が放送された。また、TBSでもテレビアニメ版が放送され、映画シリーズ9作品に出演した岡本茉利がさくらの声を演じている。これらのアニメ版はそれぞれ制作会社も制作時期も異なり、関連性はない。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た岩波書店

    さくらの夫。満男の父。岡山県高梁市生まれ。ドラマ版と映画版では設定が大きく異なる、ドラマ版では町医者で、寅次郎が恩師・坪内先生(東野英治郎)の家を訪ね、先生宅で飲み食いが過ぎ博の働く病院に担ぎ込まれる、それがきっかけで見舞いに来たさくらと出会い恋愛結婚をする。眼鏡にスーツ姿の厳格な見た目なのに対して寅次郎に常に謙っている。なおこのドラマ版の博の設定は『続・男はつらいよ』の藤村薫(山崎努)に設定が引き継がれる。映画版では父親は大学教授で、博自身は家庭環境としては高等教育を受けられる立場にあったが、父親と対立し高校を中退して家出したことで機会を逸し、新宿でくすぶっていたときにタコ社長と出会い、印刷工場の職工として生計を立てる。主任技師の立場にあり、独立を考えて退職しようとしたことがある。妻のさくらとは恋愛結婚。会社の寮からさくらの部屋が丸見えで、さくらに思いを馳せていた。当初寅次郎には「大学を出ていない」という理由でさくらとの結婚を反対されていた。結婚後は寅次郎を「兄さん」と呼び唯一謙虚で常に謙っているが、寅次郎が茶の間で暴れたときには柔道の技で押さえ込むことができる唯一の人物。博識で、寅次郎に時折知的な助言をする。岩波書店の『世界』や労働問題の雑誌を抱えていることが多い。息子の満男には必要以上の期待をかけている。焼きなすが好物。喫煙者。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た東宝

    北朝鮮の金日成や金正日も寅さんファンである。金日成は日本からの議員訪朝団との懇親会の席などで、寅さんのテキ屋叩き売りを物まねで演じて場を笑わせた。また、「日本を訪問することがあったら必ず柴又にいく」と周囲に話していた(金日成も金正日も生涯、訪日することはなかった)。金正日は日本映画好きなことから1985年には東宝の特撮スタッフを招いて『プルガサリ』という怪獣映画をプロデュースしたこともある。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たサントリー

    サントリー『オランジーナ』のテレビCM「ムッシュはつらいよ」(2012年) - 舞台をフランスに移し、車寅次郎をモチーフにした「TORA」(演:リチャード・ギア)、源公をモチーフにした「GEN」少年が登場する。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た東映

    『男はつらいよ』は最初、1960年代半ばから、鶴田浩二や高倉健、池部良らを主役脇役に据えて発展させた東映「ヤクザ映画」のパロディとして企画された。また、高倉と山田洋次は同い年で、高倉は山田監督による『幸福の黄色いハンカチ』『遥かなる山の呼び声』に出演。この両作品で渥美清、倍賞千恵子とも共演している。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見たテレビ東京

    テレビ東京 2001年10月 - 2004年3月に48作を放送。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た京成電鉄

    京成電鉄は初回より撮影に協力。日本の鉄道事業者で初めて鉄道施設内での撮影を可能とした(当時は日本国有鉄道でも鉄道施設内の撮影は例外を除き認められていない)。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た秋野太作

    津坂匡章)(ドラマ版、第1作、第2作、第4作、第5作、第9作、第10作、第33作)(第33作は秋野太作で出演)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た早坂暁

    タイトルは早坂暁の小説、花へんろからで、渥美がお遍路に興味を持っていたこともヒントになっている。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

290件中 61 - 70件表示

「男はつらいよ」のニューストピックワード