前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 戦場ヶ原

    戦場ヶ原から見た男体山男体山

    戦場ヶ原は、標高約1,390から1,400メートルの平坦地に広がる400ヘクタールの湿原である。その東側を(南から順に)男体山、太郎山、山王帽子山、三岳およびその山麓に囲まれ、西側は(南から順に)小田代ヶ原、外山に面する。地内西縁部にはほぼ南北方向に湯川が流れる。戦場ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 太郎山 (栃木県)

    太郎山 (栃木県)から見た男体山男体山

    太郎山は那須火山帯日光火山群に属する標高2,367.5mの火山。男体山の北西、女峰山の西南西、戦場ヶ原の北東の方角にある独立峰である。かつては旧・日光市と旧・栗山村(現在は日光市に合併)との境とされていた。太郎山 (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 日光連山

    日光連山から見た男体山男体山

    日光連山(にっこうれんざん)は、主に栃木県日光市に広がる山塊である。男体山、女峰山をはじめ、大真名子山、小真名子山、赤薙山、帝釈山、太郎山、根名草山等の山々から成り、最高地点は関東以北の最高地点でもある奥日光の奥白根である。関東地方北部に堂々とした山容を現す男体山、女峰山、大真名子山、小真名子山などは、特に日光表連山と呼ばれる。日光連山 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た男体山男体山

    北部から西部にかけての山岳地帯は日光国立公園、尾瀬国立公園(帝釈山、田代山湿原周辺)に指定されており、日光・鬼怒川・川治・塩原・那須などの観光地がある。北部には奥羽山脈(那須火山帯)に連なる那須連山・高原・男体・日光白根山などの諸火山がある。日光連山他の険しい山岳地帯は、標高2,000 m以上の山脈が関東の北限を形成し、瀑布や湖沼が点在している。また、諸河川の源にもなっており、鬼怒川は中央部を、渡良瀬川は群馬県との県境を流れ利根川に合流し、那珂川は八溝地域から東折し茨城県に入り、ともに太平洋に注いでいる。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た男体山男体山

    奥宮(栃木県日光市中宮祠二荒山) - 男体山山頂。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光表連山

    日光表連山から見た男体山男体山

    日光表連山(にっこうおもてれんざん)は、栃木県日光市にあり、男体山および女峰山と一塊をなす山塊である。男体山と女峰山を中心に、大真名子山、小真名子山、帝釈山、赤薙山、太郎山から成る。日光表連山 フレッシュアイペディアより)

  • 日光山

    日光山から見た男体山男体山

    日光山は、栃木県北西部にある男体山(2,486m)、女峰山(2,464m)、太郎山(2,368m)の三山を中心とする山岳の総称としても用いられる。日光山 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮線

    宇都宮線から見た男体山男体山

    ファイル:Nikko Renzan view from Tone River Brg.JPG|利根川越しの日光連山。中央の円錐形の山が主峰・男体山宇都宮線 フレッシュアイペディアより)

  • 金精峠

    金精峠から見た男体山男体山

    多くはその付近を指すが、山道の峠を金精峠と呼ぶ。周りを白根山、男体山などの高山で囲まれる高所のため、峠の標高は2000m超と高い。峠下には国道120号の金精トンネル(全長755m)が、標高1840mの高度を貫いている。金精峠 フレッシュアイペディアより)

  • 大真名子山

    大真名子山から見た男体山男体山

    日光連山(日光表連山)を代表する一峰で、男体山と小真名子山の間に位置する。関東地方南部地域からも男体山と女峰山の間にその山容が良く臨まれる。大真名子山 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「男体山」のニューストピックワード