前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た男体山男体山

    日光三山は男体山(なんたいさん)(古名を二荒山(ふたらさん))・女峯山(にょほうさん・太郎山からなり、当社はそれぞれに神をあてて祀っている。社殿は日光の社寺最奥の本社、中禅寺湖畔の中宮祠、男体山山頂の奥宮の3社からなる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光連山

    日光連山から見た男体山男体山

    日光連山(にっこうれんざん)は、主に栃木県日光市に広がる山塊である。男体山、女峰山をはじめ、大真名子山、小真名子山、赤薙山、帝釈山、太郎山、根名草山等の山々から成り、最高地点は関東以北の最高地点でもある奥日光の奥白根である。関東地方北部に堂々とした山容を現す男体山、女峰山、大真名子山、小真名子山などは、特に日光表連山と呼ばれる。日光連山 フレッシュアイペディアより)

  • 日光表連山

    日光表連山から見た男体山男体山

    日光表連山(にっこうおもてれんざん)は、栃木県日光市にあり、男体山および女峰山と一塊をなす山塊である。男体山と女峰山を中心に、大真名子山、小真名子山、帝釈山、赤薙山、太郎山から成る。日光表連山 フレッシュアイペディアより)

  • 太郎山 (栃木県)

    太郎山 (栃木県)から見た男体山男体山

    太郎山は那須火山帯日光火山群に属する標高2,367.5mの火山。男体山の北西、女峰山の西南西、戦場ヶ原の北東の方角にある独立峰である。太郎山 (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 戦場ヶ原

    戦場ヶ原から見た男体山男体山

    戦場ヶ原は、標高約1,390から1,400メートルの平坦地に広がる400ヘクタールの湿原である。その東側を(南から順に)男体山、太郎山、山王帽子山、三岳およびその山麓に囲まれ、西側は(南から順に)小田代ヶ原、外山に面する。地内西縁部にはほぼ南北方向に湯川が流れる。戦場ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 日光山

    日光山から見た男体山男体山

    日光山は、栃木県北西部にある男体山(2,486m)、女峰山(2,464m)、太郎山(2,368m)の三山を中心とする山岳の総称としても用いられる。日光山 フレッシュアイペディアより)

  • 関東平野

    関東平野から見た男体山男体山

    関東地方一都六県にまたがり、北は西から順に妙義山・榛名山・赤城山(以上、上毛三山)、皇海山・袈裟丸山(以上、足尾山地)、日光白根山・男体山・女峰山・赤薙山(以上、日光連山)、高原山、那須岳、八溝山地、多賀山地に、西は箱根山・関東山地に囲まれ、東は鹿島灘・九十九里浜に、南は房総丘陵・三浦丘陵や東京湾・相模湾に囲まれている。関東平野 フレッシュアイペディアより)

  • 郷土富士

    郷土富士から見た男体山男体山

    下野富士、日光富士(男体山) - 日光市郷土富士 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た男体山男体山

    北部から西部にかけての山岳地帯は日光国立公園、尾瀬国立公園(帝釈山、田代山湿原周辺)に指定されており、日光・鬼怒川・川治・塩原・那須などの観光地がある。北部には奥羽山脈(那須火山帯)に連なる那須連山・高原・男体・日光白根山などの諸火山がある。日光連山他の険しい山岳地帯は、標高2,000 m以上の山脈が関東の北限を形成し、瀑布や湖沼が点在している。また、諸河川の源にもなっており、鬼怒川は中央部を、渡良瀬川は群馬県との県境を流れ利根川に合流し、那珂川は八溝地域から東折し茨城県に入り、ともに太平洋に注いでいる。南部・東部は、そのほとんどが関東平野の一端で、首都圏の一角として市街化が進んでいる。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 中禅寺湖

    中禅寺湖から見た男体山男体山

    2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖。人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。また、栃木県最大の湖である。湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。湖の南側には八丁出島と呼ばれる細長く突き出した半島がある。中禅寺湖 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「男体山」のニューストピックワード