66件中 11 - 20件表示
  • 日光国立公園

    日光国立公園から見た男体山男体山

    那須火山帯に属する山岳地帯で、日光地域には男体山、女峰山、赤薙山といった成層火山が在るほか、溶岩ドームである大真名子山、小真名子山、太郎山や日光白根山や根名草山、鬼怒沼山、錫ヶ岳、皇海山などが、那須甲子地域には現在も噴煙をあげている茶臼岳を中心とする那須連山などがある。またこの山岳地域には中禅寺湖(1,162ha)、湯ノ湖、西ノ湖などの湖沼、華厳滝や竜頭滝、湯滝、霧降ノ滝などの瀑布といった名勝が数多く存在する。日光国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大真名子山

    大真名子山から見た男体山男体山

    日光連山(日光表連山)を代表する一峰で、男体山と小真名子山の間に位置し、これらを結ぶ日光連山縦走路が整備されている。大真名子山周辺の縦走路上には志津峠(志津乗越)や千鳥返しといった日光連山縦走路の要衝がある。関東地方南部地域からも男体山と女峰山の間にその山容が良く臨まれる。大真名子山 フレッシュアイペディアより)

  • 日光山縁起

    日光山縁起から見た男体山男体山

    (冒頭には日光山の神である日光権現の威徳について述べるが、その由来について記された物がわずかに仮名で記した縁起一巻のみで、その内容を絵によってここに紹介するという趣旨の文章がある)日光山縁起 フレッシュアイペディアより)

  • 金精峠

    金精峠から見た男体山男体山

    多くはその付近を指すが、山道の峠を金精峠と呼ぶ。周りを白根山、男体山などの高山で囲まれる高所のため、峠の標高は2000m超と高い。峠下には国道120号の金精トンネル(全長755m)が、標高1840mの高度を貫いている。金精峠 フレッシュアイペディアより)

  • 中禅寺 (日光市)

    中禅寺 (日光市)から見た男体山男体山

    寺伝によれば784年(延暦3年)日光山の開祖である勝道上人により、二荒山神社の神宮寺として男体山登拝口近くに建立されたという。中禅寺 (日光市) フレッシュアイペディアより)

  • 中禅寺

    中禅寺から見た男体山男体山

    寺伝によれば784年(延暦3年)日光山の開祖である勝道上人により、二荒山神社の神宮寺として男体山登拝口近くに建立されたという。中禅寺 フレッシュアイペディアより)

  • 荒海山

    荒海山から見た男体山男体山

    山頂は360度眺望がきき、南東に高原山、東に大佐飛山、男鹿岳、那須連峰、北に七ヶ岳、北西に浅草岳、西に会津駒ヶ岳、燧ヶ岳、田代山、帝釈山、南西に日光白根山、男体山、女峰山が見渡せる。荒海山 フレッシュアイペディアより)

  • 高取山 (愛甲郡)

    高取山 (愛甲郡)から見た男体山男体山

    登山道がよく整備されており初心者でも登り易く、南東に位置する仏果山と同様に頂上には展望台 (13m) がある。遮るものが全く無いため、展望台からは東丹沢の山々や宮ヶ瀬湖、関東平野、奥多摩から奥秩父の山々などを眺めることができ、特に天気の良い日には、関東平野越しに筑波山や日光の男体山まで望むことができる。高取山 (愛甲郡) フレッシュアイペディアより)

  • スペーシア

    スペーシアから見た男体山男体山

    「なんたい」 - 日光市の「男体山」にちなむ。スペーシア フレッシュアイペディアより)

  • 小真名子山

    小真名子山から見た男体山男体山

    小真名子山という山名は、男体山、女峰山の孫山「愛子(まなご)」に由来すると言われている。広く関東一円からその山容を見ることができる大真名子山に対し、本山は女峰山と大真名子山の間に隠れてあまり見えないこと、またその山頂標高もやや低いことから小真名子山と名付けられた。小真名子山 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「男体山」のニューストピックワード