66件中 21 - 30件表示
  • 徳川埋蔵金

    徳川埋蔵金から見た男体山男体山

    男体山、中禅寺湖、明智平(いずれも奥日光)徳川埋蔵金 フレッシュアイペディアより)

  • 外山 (前日光)

    外山 (前日光)から見た男体山男体山

    1878年(明治11年)、日光に滞在したイザベラ・バードは、日課としてまず日光東照宮などの寺社群を見学し、滝を見て、男体山、赤薙山、女峰山、大真名子山、小真名子山という日光の五大峰が雪を被っている様子や、さらに江戸から歩いてきた関東平野の彼方に筑波山が広がるのを外山から眺めた後、最後に日光の生活ぶりを知るため入町を見物したと、自身の手記(『イザベラ・バードの日本紀行』・講談社)に記している。外山 (前日光) フレッシュアイペディアより)

  • 鞍掛山 (栃木県)

    鞍掛山 (栃木県)から見た男体山男体山

    尾根部の開けた地点からは、空気が澄んだ日には南に富士山、筑波山、また北に日光連山(男体山や女峰山など)や高原山などが臨まれる。鞍掛山 (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 外山 (奥日光)

    外山 (奥日光)から見た男体山男体山

    外山(とやま、そとやま)は栃木県日光市の西部、男体山の西北西約8km地点にある標高2,204mの山。外山 (奥日光) フレッシュアイペディアより)

  • 黒羽温泉

    黒羽温泉から見た男体山男体山

    黒羽温泉(くろばねおんせん)五峰の湯は、栃木県大田原市黒羽地区(旧黒羽町)(旧国下野国)にある大田原市営の温泉。五峰の湯の名前の由来は、那須岳・大佐飛山・高原山・女峰山・男体山の五峰(ごほう)が一望できることに由来する。黒羽温泉 フレッシュアイペディアより)

  • コウシンソウ

    コウシンソウから見た男体山男体山

    現在知られている自生地は栃木県の庚申山、男体山、女峰山及び群馬県の袈裟丸山で、庚申山の自生地は国の特別天然記念物である。生育地はこれらの山の標高1200〜2200m付近の垂直な崖であり、環境は常に霧が流れて寒冷多湿。夏でも気温が25度を上回ることはない。コウシンソウ フレッシュアイペディアより)

  • 霞ヶ浦の歴史

    霞ヶ浦の歴史から見た男体山男体山

    今から一つ前の間氷期、約12万年前の下末吉海進と呼ばれた時代、霞ヶ浦の周辺は関東平野の多くと同じく古東京湾の海底であり、7万2千年前ごろの最終氷期の始まりとともに徐々に陸地化したと考えられている。その後、男体山・那須岳・富士山などの火山の活動期(関東ローム層の形成)を経て、2万年前には陸地化とともにできた川筋によって鹿島・行方(なめかた)・稲敷・新治の各台地が分割され、現在の霞ヶ浦の地形の基礎を形作られたという。霞ヶ浦の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 堰止湖

    堰止湖から見た男体山男体山

    中禅寺湖 - 男体山の噴出物により形成。堰止湖 フレッシュアイペディアより)

  • 高原山

    高原山から見た男体山男体山

    全体としては馬蹄形のカルデラ地形を基にした複雑な山容を持つ。鬼怒川と箒川に挟まれ、男体山、女峰山などの日光連山と大佐飛山、男鹿岳などの下野山地の間に位置する。高原山 フレッシュアイペディアより)

  • 女峰山

    女峰山から見た男体山男体山

    女峰山(にょほうさん)は日光市の北側、男体山の北東約7km地点にある標高2,483mの成層火山である。日本二百名山のひとつ。女峰山 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「男体山」のニューストピックワード