78件中 21 - 30件表示
  • 鞍掛山 (栃木県)

    鞍掛山 (栃木県)から見た男体山男体山

    尾根部の開けた地点からは、空気が澄んだ日には南に富士山、筑波山、また北に日光連山(男体山や女峰山など)や高原山などが臨まれる。鞍掛山 (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 猿丸大夫

    猿丸大夫から見た男体山男体山

    『日光山縁起』に拠ると、小野(陸奥国小野郷のことだといわれる)に住んでいた小野猿丸こと猿丸大夫は朝日長者の孫であり、下野国河内郡の日光権現と上野国の赤城神が互いに接する神域について争った時、鹿島明神(使い番は鹿)の勧めにより、女体権現が鹿の姿となって小野にいた弓の名手である小野猿丸を呼び寄せ、その加勢によりこの戦いに勝利したという話がある(これにより猿と鹿は下野国都賀郡日光での居住権を得、猿丸は下野国河内郡の宇都宮明神となったという)。これにより下野国都賀郡日光二荒山神社の神職であった小野氏はこの「猿丸」を祖とするという。また宇都宮明神(下野国河内郡二荒山神社)はかつて猿丸社とも呼ばれ奥州に二荒信仰を浸透させたといわれている。猿丸大夫 フレッシュアイペディアより)

  • 外山 (前日光)

    外山 (前日光)から見た男体山男体山

    1878年(明治11年)、日光に滞在したイザベラ・バードは、日課としてまず日光東照宮などの寺社群を見学し、滝を見て、男体山、赤薙山、女峰山、大真名子山、小真名子山という日光の五大峰が雪を被っている様子や、さらに江戸から歩いてきた関東平野の彼方に筑波山が広がるのを外山から眺めた後、最後に日光の生活ぶりを知るため入町を見物したと、自身の手記(『イザベラ・バードの日本紀行』・講談社)に記している。外山 (前日光) フレッシュアイペディアより)

  • 高取山 (愛甲郡)

    高取山 (愛甲郡)から見た男体山男体山

    登山道がよく整備されており初心者でも登り易く、南東に位置する仏果山と同様に頂上には展望台 (13m) がある。遮るものが全く無いため、展望台からは東丹沢の山々や宮ヶ瀬湖、関東平野、奥多摩から奥秩父の山々などを眺めることができ、特に天気の良い日には、関東平野越しに筑波山や日光の男体山まで望むことができる。高取山 (愛甲郡) フレッシュアイペディアより)

  • 帝釈山

    帝釈山から見た男体山男体山

    山頂からは、東に那須岳、南に女峰山、男体山、日光白根山、西に至仏山、燧ヶ岳、北西に会津駒ヶ岳が見渡せる。帝釈山 フレッシュアイペディアより)

  • 荒海山

    荒海山から見た男体山男体山

    山頂は360度の眺望がきき、南東に高原山、東に大佐飛山、男鹿岳、那須連峰、北に七ヶ岳、北西に浅草岳、西に会津駒ヶ岳、燧ヶ岳、田代山、帝釈山、南西に日光白根山、男体山、女峰山が見渡せる。荒海山 フレッシュアイペディアより)

  • マイヅルソウ属

    マイヅルソウ属から見た男体山男体山

    ハルナユキザサ Maianthemum robustum ( et ) LaFrankie - 雌雄同株。茎の高さは80-150cmになり、花は白色で花被片はユキザサより幅が広い。日本固有種で、群馬県の榛名山、栃木県日光の男体山のほか、本州中部地方に分布し、落葉広葉樹林の林床に生育する。マイヅルソウ属 フレッシュアイペディアより)

  • ハルナユキザサ

    ハルナユキザサから見た男体山男体山

    日本固有種で、群馬県の榛名山、栃木県日光の男体山のほか、本州中部地方に広く分布し、落葉広葉樹林の林床に生育する。ハルナユキザサ フレッシュアイペディアより)

  • ネモトシャクナゲ

    ネモトシャクナゲから見た男体山男体山

    基本種のハクサンシャクナゲは、北海道、本州(中北部)、四国、朝鮮半島北部に分布し、亜高山の林内に生育している。火山をとりまく低木林の植物としてふつうに見られるが、八重咲き品種のネモトシャクナゲは極めて少ないため、まれにしか見ることができない。吾妻山、安達太良山以外では、岩手山、鳥海山、男体山で確認されている。ネモトシャクナゲ フレッシュアイペディアより)

  • コウシンソウ

    コウシンソウから見た男体山男体山

    現在知られている自生地は栃木県の庚申山、男体山、女峰山及び群馬県の袈裟丸山で、庚申山の自生地は国の特別天然記念物である。生育地はこれらの山の標高1200〜2200m付近の垂直な崖であり、環境は常に霧が流れて寒冷多湿。夏でも気温が25度を上回ることはない。コウシンソウ フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示

「男体山」のニューストピックワード