66件中 31 - 40件表示
  • 猿丸大夫

    猿丸大夫から見た男体山男体山

    『日光山縁起』に拠ると、小野(陸奥国小野郷のことだといわれる)に住んでいた小野猿丸こと猿丸大夫は朝日長者の孫であり、下野国河内郡の日光権現と上野国の赤城神が互いに接する神域について争った時、鹿島明神(使い番は鹿)の勧めにより、女体権現が鹿の姿となって小野にいた弓の名手である小野猿丸を呼び寄せ、その加勢によりこの戦いに勝利したという話があり(これにより猿と鹿は下野国都賀郡日光での居住権を得、猿丸は下野国河内郡の宇都宮明神となったという)、『二荒山神伝』にもこの戦いについて記されている。これにより下野国都賀郡日光二荒山神社の神職であった小野氏はこの「猿丸」を祖とするという。また宇都宮明神(下野国河内郡二荒山神社)はかつて猿丸社とも呼ばれ奥州に二荒信仰を浸透させたといわれている。猿丸大夫 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア大使館別荘記念公園

    イタリア大使館別荘記念公園から見た男体山男体山

    本邸のテラスからは中禅寺湖、日光白根山、半月山、八丁出島を望める。桟橋からは男体山が見える。イタリア大使館別荘記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • いろは坂

    いろは坂から見た男体山男体山

    奈良時代 - 勝道上人らにより男体山が開山され、古くから山岳信仰の聖地であった。いろは坂はその頃に開拓されたのが起源とされる。いろは坂 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮中央郵便局

    宇都宮中央郵便局から見た男体山男体山

    図案は郷土玩具『黄鮒と豆太鼓』・『二荒山神社』・『男体山』・『栃の木』宇都宮中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 華厳滝

    華厳滝から見た男体山男体山

    男体山の噴火により堰き止められた中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口大谷川にある滝。落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。霧降の滝、裏見滝と併せて日光三名瀑とも、湯滝、竜頭の滝と併せて奥日光三名瀑とも言われ、日光・奥日光の三名瀑を合わせて日光五名瀑と称されることもある。華厳滝 フレッシュアイペディアより)

  • 西ノ湖

    西ノ湖から見た男体山男体山

    西ノ湖は782年(天応2年)、日光山の開祖である勝道上人により、男体山の登頂成功に伴って中禅寺湖および湯ノ湖とともに発見された。史料としては814年(弘仁5年)に空海が著した「沙門勝道山水を歴りて玄珠を瑩く碑」に記述が残るが、これは勝道上人が記した草稿を空海が得て書き上げたものである。該史料において、西ノ湖は山頂より俯瞰して確認された三湖の一として「西湖」の名前で記されている。西ノ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 竜頭の滝

    竜頭の滝から見た男体山男体山

    滝は下流側正面の観瀑台から眺めるのがよいと言われるが、東側面には散策路があり、急流状になっている滝を側面から見ることもできる。かつては上流部の一部を龍雲滝(りゅううんたき)と呼び分け、滝下流部と区別していた時期もあったという。竜頭の滝の黒々とした岩壁は、男体山の火山活動の末期に噴出したデイサイト質の軽石流が形成したもので、かつて巨大な湖だった戦場ヶ原を埋め尽くしたものがここまで流れ下ってきたものである。滝を下った湯川はすぐ下流で地獄川の右支流となり、0.5km先で中禅寺湖に流入している。竜頭の滝 フレッシュアイペディアより)

  • 明智平ロープウェイ

    明智平ロープウェイから見た男体山男体山

    明智平駅と展望台駅を結ぶ路線で、東武グループの日光交通が運行している。展望台駅からは華厳滝や中禅寺湖、男体山などを望むことができる。明智平ロープウェイ フレッシュアイペディアより)

  • とちまるくん

    とちまるくんから見た男体山男体山

    身長 気持ちは男体山ぐらいあるとちまるくん フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆ヶ岳

    伊豆ヶ岳から見た男体山男体山

    山頂からは西武ドーム、空気の澄んだ快晴の日には都心の高層ビル群や浅間山、男体山まで見渡すことができる。伊豆ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「男体山」のニューストピックワード