78件中 31 - 40件表示
  • 埼玉県立川の博物館

    埼玉県立川の博物館から見た男体山男体山

    冬になると谷川連峰・赤城山・男体山を眺めることもできる。埼玉県立川の博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 黒羽温泉

    黒羽温泉から見た男体山男体山

    黒羽温泉(くろばねおんせん)五峰の湯は、栃木県大田原市黒羽地区(旧黒羽町)(旧国下野国)にある大田原市営の温泉。五峰の湯の名前の由来は、那須岳・大佐飛山・高原山・女峰山・男体山の五峰(ごほう)が一望できることに由来する。黒羽温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 国道120号

    国道120号から見た男体山男体山

    本国道は、日光国立公園の日光連山から奥日光の山域を東西に横断して栃木県と群馬県を結ぶ。最高地点の金精峠周辺は、日本の国道の中では国道292号、299号に続いて3番目に標高が高い地点(標高1840m)であり、ここをトンネルで抜けてゆく。沿線には日光東照宮、いろは坂、華厳の滝、中禅寺湖、戦場ヶ原など日本国内有数の観光地が数多くあり、金精峠下の展望台からは日本百名山の男体山と湯ノ湖を眺めることができる。秋季は、いろは坂から金精峠まで標高1500m前後のこの付近は、白樺やカラマツの紅葉が美しいポイントで知られている。金精トンネル西側の群馬県では、山深い山林の中を走る道路となり、沿線には菅沼や丸沼などの湖がある。冬季は雪深くなる地域であるが、金精トンネルが閉鎖されることを除けば、栃木県側から戦場ヶ原や日光湯元スキー場が隣接する日光湯元温泉まで、また群馬県側からは丸沼高原スキー場付近までは冬季でも通行できる。国道120号 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆ヶ岳

    伊豆ヶ岳から見た男体山男体山

    山頂からは西武ドーム、空気の澄んだ快晴の日には都心の高層ビル群や浅間山、男体山まで見渡すことができる。伊豆ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 小真名子山

    小真名子山から見た男体山男体山

    小真名子山という山名は、男体山、女峰山の孫山「愛子(まなご)」に由来すると言われている。広く関東一円からその山容を見ることができる大真名子山に対し、本山は女峰山と大真名子山の間に隠れてあまり見えないこと、またその山頂標高もやや低いことから小真名子山と名付けられた。小真名子山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山帯

    火山帯から見た男体山男体山

    那須火山帯(なすかざんたい)は、北海道北西海上の利尻島から東北地方中央部を通り那須岳から浅間山へ至る火山群である。日本海溝と平行しており、東北地方部分は奥羽山脈とほぼ一致する。主な火山は北から、利尻山、羊蹄山、有珠山、恐山、八甲田山、八幡平、岩手山、秋田駒ヶ岳、栗駒山、蔵王山、吾妻山、安達太良山、磐梯山、那須岳、燧ケ岳、高原山、男体山、赤城山、浅間山などである。この地域に位置する洞爺湖、支笏湖、十和田湖、田沢湖、沼沢湖はカルデラ湖であり、猪苗代湖や中禅寺湖は火山活動によって形成された堰止湖である。火山帯 フレッシュアイペディアより)

  • 奥日光

    奥日光から見た男体山男体山

    男体山(なんたいさん)奥日光 フレッシュアイペディアより)

  • 堰止湖

    堰止湖から見た男体山男体山

    中禅寺湖 - 男体山の噴出物により形成。堰止湖 フレッシュアイペディアより)

  • 西ノ湖

    西ノ湖から見た男体山男体山

    西ノ湖は782年(天応2年)、日光山の開祖である勝道上人により、男体山の登頂成功に伴って中禅寺湖および湯ノ湖とともに発見された。史料としては814年(弘仁5年)に空海が著した「沙門勝道山水を歴りて玄珠を瑩く碑」に記述が残るが、これは勝道上人が記した草稿を空海が得て書き上げたものである。該史料において、西ノ湖は山頂より俯瞰して確認された三湖の一として「西湖」の名前で記されている。西ノ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川埋蔵金

    徳川埋蔵金から見た男体山男体山

    男体山、中禅寺湖、明智平(いずれも奥日光)徳川埋蔵金 フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「男体山」のニューストピックワード