78件中 41 - 50件表示
  • 霞ヶ浦の歴史

    霞ヶ浦の歴史から見た男体山男体山

    今から一つ前の間氷期、約12万年前の下末吉海進と呼ばれた時代、霞ヶ浦の周辺は関東平野の多くと同じく古東京湾の海底であり、7万2千年前ごろの最終氷期の始まりとともに徐々に陸地化したと考えられている。その後、男体山・那須岳・富士山などの火山の活動期(関東ローム層の形成)を経て、2万年前には陸地化とともにできた川筋によって鹿島・行方(なめかた)・稲敷・新治の各台地が分割され、現在の霞ヶ浦の地形の基礎を形作られたという。霞ヶ浦の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 竜頭の滝

    竜頭の滝から見た男体山男体山

    滝は下流側正面の観瀑台から眺めるのがよいと言われるが、東側面には散策路があり、急流状になっている滝を側面から見ることもできる。かつては上流部の一部を龍雲滝(りゅううんたき)と呼び分け、滝下流部と区別していた時期もあったという。竜頭の滝の黒々とした岩壁は、男体山の火山活動の末期に噴出したデイサイト質の軽石流が形成したもので、かつて巨大な湖だった戦場ヶ原を埋め尽くしたものがここまで流れ下ってきたものである。滝を下った湯川はすぐ下流で地獄川の右支流となり、0.5km先で中禅寺湖に流入している。竜頭の滝 フレッシュアイペディアより)

  • 老神温泉

    老神温泉から見た男体山男体山

    開湯伝説によれば、赤城山の神である大蛇と、日光の二荒山(男体山)の神である大ムカデが争った際、赤城山の神がこの地に出来た温泉で傷を癒して二荒山の神を追い払ったとされる。この時、神を追い払ったという事で「追神」温泉と命名され、後に転じて「老神」温泉となった。老神温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 独立峰

    独立峰から見た男体山男体山

    男体山:栃木県日光市所在の火山。独立峰に見えるが、日光連山に属する。独立峰 フレッシュアイペディアより)

  • 雀神社 (古河市)

    雀神社 (古河市)から見た男体山男体山

    渡良瀬遊水地に隣接しており、境内からの階段を登って渡良瀬川の堤防に立つと目前に広がっている。手前に見えるゴルフ場(古河ゴルフリンクス)は悪戸新田の跡地であり、ゴルフ場の向こうには、同様に廃村となった谷中村跡地の谷中湖が垣間見える。好天時には遠景として、男体山・女峰山をはじめとする日光連山、その左側には赤城山・榛名山が見える。空気が澄んでいるときには、さらに遠くの富士山が見えることもある。堤防上には、古河(許我)の名前が織り込まれた万葉歌碑が立てられている。また同じ堤防上には、隣接するゴルフ場クラブハウス前に「田中正造遺徳の碑」も立てられている。雀神社 (古河市) フレッシュアイペディアより)

  • 中禅寺温泉駅

    中禅寺温泉駅から見た男体山男体山

    冬季をのぞく3月上旬から11月下旬頃まで運行されており、紅葉のシーズンなどは男体山をバックに中禅寺湖の絶景が見られたが、施設の老朽化により2003年3月31日限りで運行終了した。中禅寺温泉駅 フレッシュアイペディアより)

  • 今市郵便局

    今市郵便局から見た男体山男体山

    図案は『二宮尊徳の墓碑・少年時代の姿』・特別天然記念物『日光杉並木』・『男体山今市郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 颪

    から見た男体山男体山

    二荒颪 - 男体山(別名・二荒山)(地域によって男体颪、日光颪とも呼ぶ) フレッシュアイペディアより)

  • とちまるくん

    とちまるくんから見た男体山男体山

    身 長 気持ちは男体山ぐらいあるとちまるくん フレッシュアイペディアより)

  • 南河内町

    南河内町から見た男体山男体山

    北部に男体山、南東部に筑波山等が見渡せる。特に東部の田園地帯から見る筑波山は大変美しい。南河内町 フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「男体山」のニューストピックワード