66件中 41 - 50件表示
  • 勝道

    勝道から見た男体山男体山

    少年期から山林修行を行い、762年(天平宝字6年)下野薬師寺の如意僧都に師事して得度受戒した。765年(天平神護元年)には出流山満願寺(栃木市)を開創している。782年(延暦元年)日光山(ニコウ山=二荒山、ふたらさん、男体山)の開山を志し入山、四本龍寺(現輪王寺)を建てる。二荒山神社や輪王寺などにつながる日光山繁栄の源を作った。784年(延暦3年)には中禅寺湖中禅寺を開いた。勝道 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田宋休

    柴田宋休から見た男体山男体山

    男体山(標高2,486m、栃木県、2007年)柴田宋休 フレッシュアイペディアより)

  • 帝釈山

    帝釈山から見た男体山男体山

    山頂からは、東に那須岳、南に女峰山、男体山、日光白根山、西に至仏山、燧ヶ岳、北西に会津駒ヶ岳が見渡せる。帝釈山 フレッシュアイペディアより)

  • 会津駒ヶ岳

    会津駒ヶ岳から見た男体山男体山

    南東に田代山、帝釈山、女峰山、男体山。南に日光白根山。南西に燧ヶ岳、至仏山、平ヶ岳。西に中ノ岳、越後駒ヶ岳。北に丸山岳、会津朝日岳が見渡せる。会津駒ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • きりふり (列車)

    きりふり (列車)から見た男体山男体山

    「なんたい」 - 日光市の「男体山」にちなむ。きりふり (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 至仏山

    至仏山から見た男体山男体山

    山頂からは、北東に尾瀬ヶ原、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳、北に平ヶ岳、越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山、南西に谷川岳、浅間山、南に武尊山、赤城山、南東に日光白根山、男体山が、条件が良ければ武尊山越しに富士山が望める。至仏山 フレッシュアイペディアより)

  • 今市郵便局

    今市郵便局から見た男体山男体山

    図案は『二宮尊徳の墓碑・少年時代の姿』・特別天然記念物『日光杉並木』・『男体山今市郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • ムカデ

    ムカデから見た男体山男体山

    赤城山などの神体として、また『毘沙門天』の使いとされ、神格化されている。商家においても「客足が多い」縁起物として扱われることがあった。男体山の大蛇と日光の戦場ヶ原で決闘した伝説、藤原秀郷(俵藤太)の百足退治伝説などが知られる。大蛇が河川を象徴し、砂鉄の採集や製鉄の技術者集団を表すことと比して、ムカデは地下坑道を掘り進み、自然金などの鉱石を採集する技術者集団を表しているという説がある。ムカデ フレッシュアイペディアより)

  • 火山帯

    火山帯から見た男体山男体山

    那須火山帯(なすかざんたい)は、北海道北西海上の利尻島から東北地方中央部を通り那須岳から浅間山へ至る火山群である。日本海溝と平行しており、東北地方部分は奥羽山脈とほぼ一致する。主な火山は北から、利尻山、羊蹄山、有珠山、恐山、八甲田山、八幡平、岩手山、秋田駒ヶ岳、栗駒山、蔵王山、吾妻山、安達太良山、磐梯山、那須岳、燧ケ岳、高原山、男体山、赤城山、浅間山などである。この地域に位置する洞爺湖、支笏湖、十和田湖、田沢湖はカルデラ湖であり、猪苗代湖や中禅寺湖は火山活動によって形成された堰止湖である。火山帯 フレッシュアイペディアより)

  • やすらぎ (鉄道車両)

    やすらぎ (鉄道車両)から見た男体山男体山

    6号車 スロフ12 821(旧スハフ12 108)「男体やすらぎ (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「男体山」のニューストピックワード