66件中 51 - 60件表示
  • 日本の地理

    日本の地理から見た男体山男体山

    山:浅間山、日光白根山、草津白根山、那須岳、高原山、甲武信ヶ岳、谷川岳、男体山、八溝山、筑波山、大山、箱根山、丹沢山、雲取山、高尾山 など日本の地理 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川

    利根川から見た男体山男体山

    三国山脈は太平洋と日本海の分水嶺であり、ここを境とし南麓は利根川本流を始め大小の沢の水源となるが北麓は魚野川、中津川などの信濃川水系となる。男体山や日光白根山、尾瀬などが属する帝釈山脈は南麓、東麓に降った雨はそれぞれ鬼怒川、片品川として利根川へ合流するが、北西麓の一部では尾瀬沼が水源である只見川が流出し、阿賀野川に合流する阿賀野川水系の一部となっている。八溝山塊、鷲子山塊、鶏足山塊、筑波山塊を包括する八溝山地およびそれに連なる栃木県宇都宮市付近の台地、および茨城県中南部に分布する常総台地は南部については渡良瀬川や鬼怒川、小貝川さらに霞ヶ浦に注ぐ河川群として最終的に利根川へと合流するが、北部については箒川、荒川、涸沼川などの那珂川水系として別途太平洋へと注ぐ。利根川 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県立川の博物館

    埼玉県立川の博物館から見た男体山男体山

    冬になると谷川連峰・赤城山・男体山を眺めることもできる。埼玉県立川の博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 807年

    807年から見た男体山男体山

    那須連峰の茶臼岳旧火山の噴火、尾瀬ケ原の燵ガ岳の噴火、蔵王刈田岳の噴火もこの年である。会津磐梯山の噴火は大同元年だが、その噴火を鎮めるために、大同2年に山麓に恵月守が建てられたといわれる。日光の男体山で旱魃を静めるために勝道上人が祈祷したのもこの年である。三湖伝説で八郎太郎が大災害を起こすのもこの年である。807年 フレッシュアイペディアより)

  • 日光市

    日光市から見た男体山男体山

    市内の観光地・景勝地としては、旧日光の日光の社寺や、エリアとしての日光の日光連山(男体山、大真名子山、小真名子山、女峰山、赤薙山、太郎山など)、中禅寺湖、華厳滝、竜頭滝、戦場ヶ原、湯滝、湯ノ湖や日光湯元温泉、そして行政地域としての現日光市域の鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉、鬼怒沼湿原、龍王峡、足尾銅山などがある。1999年には「日光の社寺」が世界遺産に登録された。日光市 フレッシュアイペディアより)

  • 二荒山神社

    二荒山神社から見た男体山男体山

    社名に関しては、日光社は「二荒山」が男体山の古名であるとし、二荒の読みから「日光」の二文字が当てられるようになったとされている。しかしながら、平野に建つ宇都宮社には「二荒山」の観念が結びつかない。二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 輪王寺

    輪王寺から見た男体山男体山

    勝道は、大谷川の対岸に聖地を見付け、千手観音を安置する一寺を建てた。紫の雲たなびく土地であったので、「紫雲立寺」(しうんりゅうじ)と言ったが、後に「四本龍寺」(しほんりゅうじ)と改めたという。現在の輪王寺の本堂(三仏堂)は、大谷川からかなり離れた土地にあるが、四本龍寺の旧地にも観音堂と三重塔(いずれも国の重要文化財)が建っている。翌神護景雲元年(767年)、勝道は四本龍寺に隣接する土地に男体山(二荒山)の神を祀った。二荒山神社の始まりである。現在、「本宮神社」と呼ばれている社地がこれに当たる。なお、勝道がこの神を祀ったのは、延暦9年(790年)だとする説もある。輪王寺 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城山

    赤城山から見た男体山男体山

    日光男体山の北西麓の戦場ヶ原には、男体山の神と赤城山の神がそれぞれ大蛇と大ムカデになって戦い、男体山の神が勝利をおさめた、という伝説がある。赤城山の北にある老神温泉の地名は、このとき落ち延びた神が追われてやってきたことに由来するといわれ、「アカギ」という山名も神が流した血で赤く染まったことから「赤き」が転じたという説もある。赤城山 フレッシュアイペディアより)

  • ローム (土壌)

    ローム (土壌)から見た男体山男体山

    日本においては、関東ロームが著名である。関東地方西縁の富士山・箱根山・愛鷹山などの諸火山、北縁の浅間山・榛名山・赤城山・男体山などの諸火山から関東平野に降下した更新世中期以降の火山砕屑物やその風成二次堆積物の総称である。1881年にダーフィト・ブラウンスが成因不明のまま命名した。ローム (土壌) フレッシュアイペディアより)

  • 双界儀

    双界儀から見た男体山男体山

    茨城県: 筑波山(つくばさん)。物語のテーマでもある男女一対とする夫婦和合や縁結びとしての山であり、男体山と女体山を神体とする霊峰でもある。古くから磐座も信仰され、「ガマ石」などの奇石や「母の胎内くぐり」などの支石墓が点在する。双界儀 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示