78件中 51 - 60件表示
  • 輪王寺

    輪王寺から見た男体山男体山

    翌神護景雲元年(767年)、勝道は四本龍寺に隣接する土地に男体山(二荒山)の神を祀った。二荒山神社の始まりである。現在、「本宮神社」と呼ばれている社地がこれに当たる。なお、勝道がこの神を祀ったのは、延暦9年(790年)だとする説もある。輪王寺 フレッシュアイペディアより)

  • きりふり (列車)

    きりふり (列車)から見た男体山男体山

    「なんたい」 - 日光市の「男体山」にちなむ。きりふり (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地理

    日本の地理から見た男体山男体山

    山:浅間山、日光白根山、草津白根山、那須岳、高原山、甲武信ヶ岳、谷川岳、男体山、八溝山、筑波山、大山、箱根山、丹沢山、雲取山、高尾山 など日本の地理 フレッシュアイペディアより)

  • 毛野

    毛野から見た男体山男体山

    なお、毛野分割を示唆する伝承として『日光山縁起』の「神戦譚」が知られる。これは日光男体山・赤城山に関する伝説で、戦場ヶ原において男体山(栃木県)の神と赤城山(群馬県)の神がそれぞれ大蛇と大ムカデになって戦い、男体山の神が勝利をおさめたという。以上から、毛野が分割されるにあたって激しい領地争いがあったとする説のほか、日光山側の助けについた鹿島の神(鹿島神宮)は畿内政権を象徴するとし、畿内から何らかの影響が及ぼされたとする説がある。毛野 フレッシュアイペディアより)

  • いろは坂

    いろは坂から見た男体山男体山

    奈良時代の782年(天応2年)に勝道上人らにより男体山が開山され、古くから山岳信仰の聖地であった。いろは坂はその頃に開拓されたのが起源とされる。明治時代初期まで男体山は女人禁制、牛馬禁制となっていた。その名残は、ふもとに「馬返(うまがえし)」の地名として、そして第一いろは坂の途中に、女性が男体山を拝んだ「女人堂(にょにんどう)」として残っている。明治から昭和時代初期にかけて、各国の大使館が中禅寺湖畔に避暑地として別荘を相次いで建設することになる。大正時代になると、人の往来が激しくなったためそれまでの道路は整備され、今の第一いろは坂の元となった道ができた。自動車がいろは坂を通るようになったのは昭和初期からであるが、まだこの当時は砂利道で道路の幅員はわずか3 - 4メートル (m) のすれ違いが困難な狭隘道路であった。太平洋戦争が終わり、復興の兆しがみえはじめた頃の1952年(昭和27年)になって、栃木県によって日光と奥日光を結ぶ幹線道路として本格的な道路改良整備が始められた。いろは坂区間である延長6.5キロメートル (km) の道路改良事業には莫大な資金が注ぎ込まれることとなり、1954年(昭和29年)10月に日本で2番目の有料道路が誕生し、馬返から中禅寺湖畔まで20分ほどで結ばれるようになった。いろは坂の供用開始によって、多くの観光客が奥日光を訪れるようになったが、その反面で紅葉シーズンの慢性的な交通渋滞が繰り返されるようになっていった。この状況を受けて第二いろは坂の建設が日本道路公団によってすすめられ、1965年(昭和40年)に、かつてのいろは坂を第一いろは坂と称して登り下りが完全分離された一方通行の道路として完成した。1984年(昭和59年)に無料開放された。いろは坂 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア大使館別荘記念公園

    イタリア大使館別荘記念公園から見た男体山男体山

    本邸のテラスからは中禅寺湖、日光白根山、半月山、八丁出島を望める。桟橋からは男体山が見える。イタリア大使館別荘記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • 蓬田岳

    蓬田岳から見た男体山男体山

    蓬田岳は阿武隈高地に属しながらも、山の周りがなだらかな勾配であると同時に山自体も標高が高いため、独立峰ともみられる容姿である。このため「平田富士」とも呼ばれる。標高の割には登山難易度が低く、眺望もよいことから福島県内では登山人気の比較的高い山である。山頂からは吾妻連峰、安達太良山、磐梯山、那須連峰、阿武隈高地、八溝山系、太平洋のみならず、天候や気候次第では筑波山、日光の男体山・女体山、富士山の山頂部も見ることができる。蓬田岳 フレッシュアイペディアより)

  • いろは (鉄道車両)

    いろは (鉄道車両)から見た男体山男体山

    車体は乗降口を片側2扉のみとし、塗装は日光線沿線の魅力を外装デザインに取り入れるとともに、日光線のイメージである「レトロ」を意識したデザインとし、また日光エリアの自然や観光リソース(キスゲ、華厳の滝、男体山・中禅寺湖)、日光の社寺の彫刻などで扱われる様々な動物(龍・鳳凰・唐獅子)をモチーフとしたイラストが側面に配置された和の色使い(黒色・黄金色・灰桜色など)で、訪日外国人を意識したジャポネスク風かつモダンなデザインとしたものに変更される。いろは (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

  • 807年

    807年から見た男体山男体山

    那須連峰の茶臼岳旧火山の噴火、尾瀬ケ原の燧ヶ岳の噴火、蔵王刈田岳の噴火、秋田駒ヶ岳の噴火もこの年である。会津磐梯山の噴火は大同元年だが、その噴火を鎮めるために、大同2年に山麓に恵月守が建てられたといわれる。日光の男体山で旱魃を静めるために勝道上人が祈祷したのもこの年である。三湖伝説で八郎太郎が大災害を起こすのもこの年である。807年 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田酒造

    杉田酒造から見た男体山男体山

    栃木県を代表する日本百名山、「男体山(なんたいさん)」の別称から命名した。杉田酒造 フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「男体山」のニューストピックワード