78件中 61 - 70件表示
  • ローム (土壌)

    ローム (土壌)から見た男体山男体山

    関東ロームは、関東地方西縁の富士山・箱根山・愛鷹山などの諸火山、北縁の浅間山・榛名山・赤城山・男体山などの諸火山から関東平野に降下した更新世中期以降の火山砕屑物やその風成二次堆積物の総称である。1881年にダーフィト・ブラウンスが成因不明のまま命名した。ローム (土壌) フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮中央郵便局

    宇都宮中央郵便局から見た男体山男体山

    図案は郷土玩具『黄鮒と豆太鼓』・『二荒山神社』・『男体山』・『栃の木』宇都宮中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 高原山

    高原山から見た男体山男体山

    全体としては馬蹄形のカルデラ地形を基にした複雑な山容を持つ。鬼怒川と箒川に挟まれ、男体山、女峰山などの日光連山と大佐飛山、男鹿岳などの下野山地の間に位置する。高原山 フレッシュアイペディアより)

  • 日光線

    日光線から見た男体山男体山

    今市駅もかつては2面3線だったが、現在は改札ホームの線路は撤去されている。東武鉄道の下今市駅とは700m程離れている。今市は栃木県内有数の蕎麦処であり、今市市時代から蕎麦の町として町おこししている。今市駅から下今市駅にかけての通り沿いにも数件の蕎麦屋がある。今市駅を出た列車は、前方に大きく聳える日光連山に向かって一気に勾配を上って行く。右側車窓にはまず手前に赤薙・女峰の鋭鋒とその左奥に大真名子・小真名子が、また左側車窓には男体山が、それぞれ見える。右側に日光杉並木を見ながら日光街道(国道119号)と暫く並走し、緩やかに右にカーブを切って街道を跨ぎ東武日光線が右側に接近して来ると間もなく終点の日光駅に着く。日光線 フレッシュアイペディアより)

  • 会津駒ヶ岳

    会津駒ヶ岳から見た男体山男体山

    南東に田代山、帝釈山、女峰山、男体山。南に日光白根山。南西に燧ヶ岳、至仏山、平ヶ岳。西に中ノ岳、越後駒ヶ岳。北に丸山岳、会津朝日岳が見渡せる。会津駒ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 二荒山神社

    二荒山神社から見た男体山男体山

    社名に関しては、日光社は「二荒山」が男体山の古名であるとし、二荒の読みから「日光」の二文字が当てられるようになったとされている。しかしながら、平野に建つ宇都宮社には「二荒山」の観念が結びつかない。二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城山

    赤城山から見た男体山男体山

    日光市・男体山の北西麓の戦場ヶ原には、男体山の神と赤城山の神がそれぞれ大蛇と大ムカデになって戦い、男体山の神が勝利をおさめた、という伝説がある。赤城山の北にある老神温泉の地名は、このとき落ち延びた神が追われてやってきたことに由来するといわれ、「アカギ」という山名も神が流した血で赤く染まったことから「赤き」が転じたという説もある。戦場ヶ原で負けた赤城山の神は老神温泉で傷を癒した後に男体山の神を追い返したという。赤城山 フレッシュアイペディアより)

  • 至仏山

    至仏山から見た男体山男体山

    山頂からは、北東に尾瀬ヶ原、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳、北に平ヶ岳、越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山、南西に谷川岳、浅間山、南に武尊山、赤城山、南東に日光白根山、男体山が、条件が良ければ武尊山越しに富士山が望める。至仏山 フレッシュアイペディアより)

  • 双界儀

    双界儀から見た男体山男体山

    茨城県: 筑波山(つくばさん)。物語のテーマでもある男女一対とする夫婦和合や縁結びとしての山であり、男体山と女体山を神体とする霊峰でもある。古くから磐座も信仰され、「ガマ石」などの奇石や「母の胎内くぐり」などの支石墓が点在する。双界儀 フレッシュアイペディアより)

  • 日光市

    日光市から見た男体山男体山

    市内の観光地・景勝地としては、旧日光の日光の社寺や、エリアとしての日光の日光連山(男体山、大真名子山、小真名子山、女峰山、赤薙山、太郎山など)、中禅寺湖、華厳滝、竜頭滝、戦場ヶ原、湯滝、湯ノ湖や日光湯元温泉、そして行政地域としての現日光市域の鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉、鬼怒沼湿原、龍王峡、足尾銅山などがある。1999年には「日光の社寺」が世界遺産に登録された。日光市 フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示

「男体山」のニューストピックワード