38件中 11 - 20件表示
  • 男体山

    男体山から見た植田孟縉

    植田孟縉の著書『日光山志』には、男体山や女体山の高峰から鉄製の銚子状のものが飛来する「飛銚子」(とびちょうし)と呼ばれる怪異が述べられている。山の修行者がよく見かけたといわれ、山鬼が玩具にしていた物ともいう。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た東武バス

    中宮祠と男体山頂上の間には、1合目に遙拝所、4合目に石鳥居、8合目に滝尾神社、山頂に日光二荒山神社奥宮と太郎山神社、および二荒山大神像がある。3合目と4合目の間は30分ほど車道を歩くことになる。中宮祠までは、東武日光駅から東武バスが出ており、所要時間は53分ほど。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た女峰山

    男体山は、日光表連山の女峰山、大真名子山、小真名子山等と並び、日光連山を代表する山であり、周辺の観光地の中禅寺湖、戦場ヶ原や奥日光のランドマーク的存在である。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た大真名子山

    男体山は、日光表連山の女峰山、大真名子山、小真名子山等と並び、日光連山を代表する山であり、周辺の観光地の中禅寺湖、戦場ヶ原や奥日光のランドマーク的存在である。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た日光市

    男体山(なんたいさん)は栃木県日光市にある標高2,486mの火山。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た小真名子山

    男体山は、日光表連山の女峰山、大真名子山、小真名子山等と並び、日光連山を代表する山であり、周辺の観光地の中禅寺湖、戦場ヶ原や奥日光のランドマーク的存在である。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た中禅寺湖

    栃木県の中西部、日光市街地からいろは坂を登った、中禅寺湖の北岸に位置する。関東地方有数の高山であり、成層火山らしい円錐形の大きな山体は関東一円からよく望まれる。古くから山岳信仰の対象として知られ、山頂には日光二荒山神社の奥宮が置かれている。また、一等三角点「男体山」(標高 2484.15m)が設置されている。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見たいろは坂

    栃木県の中西部、日光市街地からいろは坂を登った、中禅寺湖の北岸に位置する。関東地方有数の高山であり、成層火山らしい円錐形の大きな山体は関東一円からよく望まれる。古くから山岳信仰の対象として知られ、山頂には日光二荒山神社の奥宮が置かれている。また、一等三角点「男体山」(標高 2484.15m)が設置されている。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た奥日光

    男体山は、日光表連山の女峰山、大真名子山、小真名子山等と並び、日光連山を代表する山であり、周辺の観光地の中禅寺湖、戦場ヶ原や奥日光のランドマーク的存在である。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た活火山

    従来、男体山の最後の噴火は約14,000年前だとされていたが、山頂の噴出物の調査により約7,000年前にも噴火があったことが2008年になって判明し、定義に当てはまることから2017年6月の火山噴火予知連絡会会合において活火山に分類された。男体山 フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「男体山」のニューストピックワード