1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • 男体山

    男体山から見た東武日光駅

    中宮祠と男体山頂上の間には、1合目に遙拝所、4合目に石鳥居、8合目に滝尾神社、山頂に日光二荒山神社奥宮と太郎山神社、および二荒山大神像がある。3合目と4合目の間は30分ほど車道を歩くことになる。中宮祠までは、東武日光駅から東武バスが出ており、所要時間は53分ほど。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た安山岩

    東北日本弧の火山フロント付近に位置する中型の成層火山である。日光火山群に属し、約3万年前から安山岩?デイサイト(SiO2:52.6?67.5%)を噴出する活動をおこなっている。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見たデイサイト

    東北日本弧の火山フロント付近に位置する中型の成層火山である。日光火山群に属し、約3万年前から安山岩?デイサイト(SiO2:52.6?67.5%)を噴出する活動をおこなっている。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た二荒颪

    冬、栃木県平地部に吹く冷たい乾燥した北風を男体山若しくはその別称である二荒山の文字を取り「二荒おろし」あるいは「男体おろし」と呼ぶが、江戸時代末期に編纂された橘守部家集に「下毛(しもつけ)や 二荒嶺(ふたらね)おろし 小夜更けて 月影すごき 那須の篠原」とあるのが記録上の初出である。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た蹄鉄

    基底径約6km、基底からの比高約1,200mの円錐形の火山体をもち、山頂には直径約1kmほどの北に開いた馬蹄形の火口がある。これは火口の北側が崩壊したことによる。その後の噴火で、この火口から厚い御沢溶岩流が北西麓まで形成されている。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た竜頭の滝

    男体山からの幾度もの溶岩流により湯川が堰き止められ、中禅寺湖や戦場ヶ原が形成された。後者はかつての堰止湖である。これらの流出口には日本三大瀑布として知られる華厳滝や、竜頭の滝などが形成されている。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た戦場ヶ原

    男体山は、日光表連山の女峰山、大真名子山、小真名子山等と並び、日光連山を代表する山であり、周辺の観光地の中禅寺湖、戦場ヶ原や奥日光のランドマーク的存在である。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た栃木県

    男体山(なんたいさん)は栃木県日光市にある標高2,486mの火山。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ。男体山 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「男体山」のニューストピックワード