1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示
  • 男体山

    男体山から見た華厳滝

    従来、最後の噴火は約14,000年前だとされていたが、山頂の噴出物の調査により約7,000年前の噴火が正式に確認され、活火山に分類される可能性が出てきている1。中禅寺湖、戦場ヶ原、小田代原は、この約7,000年前の男体山噴火により湯川が堰き止められてできたもので、流出口には日本三大瀑布として知られる華厳滝や竜頭滝などがある。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た二荒颪

    冬、栃木県平地部に吹く冷たい乾燥した北風を男体山(別称・二荒山)の文字を取り「二荒おろし」あるいは「男体おろし」と呼ぶ。江戸時代末期に編纂された橘守部家集に「下毛(しもつけ)や 二荒嶺(ふたらね)おろし 小夜更けて 月影すごき 那須の篠原」とあるのが記録上の初出である。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た群馬県

    男体山は、円錐形の大きな山容を有して裾野が広く、栃木県はもちろん群馬県や埼玉県の平地部、特に空気の澄んだ日には南関東からも独立峰のような堂々とした姿が臨まれ、また山麓部にあたる日光市街や中禅寺湖畔、また戦場ヶ原や奥日光の山々からも容易に見ることが出来、同じ日光表連山の女峰山、大真名子山、小真名子山等と並び、日光連山を代表する山となっている。男体山 フレッシュアイペディアより)

  • 男体山

    男体山から見た埼玉県

    男体山は、円錐形の大きな山容を有して裾野が広く、栃木県はもちろん群馬県や埼玉県の平地部、特に空気の澄んだ日には南関東からも独立峰のような堂々とした姿が臨まれ、また山麓部にあたる日光市街や中禅寺湖畔、また戦場ヶ原や奥日光の山々からも容易に見ることが出来、同じ日光表連山の女峰山、大真名子山、小真名子山等と並び、日光連山を代表する山となっている。男体山 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示

「男体山」のニューストピックワード