前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示
  • テニス

    テニスから見たウィンブルドン選手権

    1877年、イギリスのロンドンでアマチュアの大会として第1回目のウィンブルドン選手権が開催された。アメリカでは1881年に設立されたアメリカ国立ローンテニス協会(現在のアメリカ・テニス協会)が、ルールを標準化し、かつ競技を組織化した。同年、「全米シングルス選手権」(最初の名称:U.S. National Singles Championship)の第1回大会がアメリカ・ロードアイランド州ニューポートで開催され、1887年には「全米女子シングルス選手権」 (U.S. Women's National Singles Championship) が始まった。これらのアメリカでの大会群は現在の全米オープンの原型である。1900年には男子国別対抗戦であるデビスカップがナショナルチームの間で始まった。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た松岡修造

    日本は第2次世界大戦の敗戦後、1951年からデビスカップの国際舞台に復帰すると徐々にレベルを回復させるようになり、1955年全米選手権男子ダブルスにおいて宮城淳、加茂公成のペアが優勝を成し遂げる。1970年代には日本でもプロ選手が登場、そのプロ第1号(戦後初のトーナメントプロ)である神和住純(父が軟式テニスの全日本チャンピオン、本人も軟式出身)が世界を転戦する。神和住は主に「WCTサーキット」で活躍し、当時のトップ選手だったスタン・スミスを2度破るなどの活躍を見せた。1995年には松岡修造がウィンブルドン選手権男子シングルスでベスト8を獲得した。それ以後、日本の男子選手で世界トップレベルに近づいた選手は少ないが、2008年に錦織圭が18歳で日本人最年少ツアー優勝を果たして全米オープンでも4回戦に進出、世界ランキング100位以内に入った。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た佐伯美穂

    女子では1975年のウィンブルドン選手権女子ダブルスで、沢松和子とアン清村のペアが初優勝した。1980年代から90年代には井上悦子や1989年にプロ転向した伊達公子が活躍した。伊達は日本人の女子テニス選手として初の世界ランキングトップ10選手となった。同時期には沢松奈生子、雉子牟田直子、長塚京子、神尾米、遠藤愛、佐伯美穂、吉田友佳、杉山愛等が世界ランキングトップ100入りする。1996年、伊達が現役引退を表明する。1997年には平木理化が全仏オープン混合ダブルスで優勝した。2004年2月、杉山が世界ランキング8位を記録し、日本人女子として2人目のトップ10入りを果たした。2006年には浅越しのぶが引退、2009年には杉山、森上亜希子が引退を表明している。その後は中村藍子、森田あゆみなどが現役としてプレーしている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た森田あゆみ

    女子では1975年のウィンブルドン選手権女子ダブルスで、沢松和子とアン清村のペアが初優勝した。1980年代から90年代には井上悦子や1989年にプロ転向した伊達公子が活躍した。伊達は日本人の女子テニス選手として初の世界ランキングトップ10選手となった。同時期には沢松奈生子、雉子牟田直子、長塚京子、神尾米、遠藤愛、佐伯美穂、吉田友佳、杉山愛等が世界ランキングトップ100入りする。1996年、伊達が現役引退を表明する。1997年には平木理化が全仏オープン混合ダブルスで優勝した。2004年2月、杉山が世界ランキング8位を記録し、日本人女子として2人目のトップ10入りを果たした。2006年には浅越しのぶが引退、2009年には杉山、森上亜希子が引退を表明している。その後は中村藍子、森田あゆみなどが現役としてプレーしている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たシュテフィ・グラフ

    四大大会を1年間ですべて優勝することを年間グランドスラムという。これを夏季オリンピックの開催年(オリンピアード)に達成し、かつオリンピックの金メダルを獲得することを「ゴールデン・スラム」という(1988年に当時19歳のシュテフィ・グラフが達成し、この言葉が作られた)。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た森上亜希子

    女子では1975年のウィンブルドン選手権女子ダブルスで、沢松和子とアン清村のペアが初優勝した。1980年代から90年代には井上悦子や1989年にプロ転向した伊達公子が活躍した。伊達は日本人の女子テニス選手として初の世界ランキングトップ10選手となった。同時期には沢松奈生子、雉子牟田直子、長塚京子、神尾米、遠藤愛、佐伯美穂、吉田友佳、杉山愛等が世界ランキングトップ100入りする。1996年、伊達が現役引退を表明する。1997年には平木理化が全仏オープン混合ダブルスで優勝した。2004年2月、杉山が世界ランキング8位を記録し、日本人女子として2人目のトップ10入りを果たした。2006年には浅越しのぶが引退、2009年には杉山、森上亜希子が引退を表明している。その後は中村藍子、森田あゆみなどが現役としてプレーしている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た岩渕聡

    このシステムを試行した初の国際大会である2005年10月のAIGジャパンオープンテニスでは、日本の岩渕聡、鈴木貴男組が日本人ペアとして初のツアーダブルス優勝を果たしている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たラファエル・ナダル

    フォアハンドでの打球時のフォロー・スルーが、体の前を通って逆側に行かず、低い場所から高い場所へ移動して同じ側で終了する打法。この打法を行う選手としてはラファエル・ナダルが知られる。名前は馬車の馬を鞭で打つ御者の動作に似ていることに由来する。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た鈴木貴男

    このシステムを試行した初の国際大会である2005年10月のAIGジャパンオープンテニスでは、日本の岩渕聡、鈴木貴男組が日本人ペアとして初のツアーダブルス優勝を果たしている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た全米オープン (テニス)

    1877年、イギリスのロンドンでアマチュアの大会として第1回目のウィンブルドン選手権が開催された。アメリカでは1881年に設立されたアメリカ国立ローンテニス協会(現在のアメリカ・テニス協会)が、ルールを標準化し、かつ競技を組織化した。同年、「全米シングルス選手権」(最初の名称:U.S. National Singles Championship)の第1回大会がアメリカ・ロードアイランド州ニューポートで開催され、1887年には「全米女子シングルス選手権」 (U.S. Women's National Singles Championship) が始まった。これらのアメリカでの大会群は現在の全米オープンの原型である。1900年には男子国別対抗戦であるデビスカップがナショナルチームの間で始まった。テニス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示

「男子テニス」のニューストピックワード