118件中 11 - 20件表示
  • テニス

    テニスから見たデビスカップ

    1877年、イギリスのロンドンでアマチュアの大会として第1回目のウィンブルドン選手権が開催された。アメリカでは1881年に設立されたアメリカ国立ローンテニス協会(現在のアメリカ・テニス協会)が、ルールを標準化し、かつ競技を組織化した。同年、「全米シングルス選手権」(最初の名称:U.S. National Singles Championship)の第1回大会がアメリカ・ロードアイランド州ニューポートで開催され、1887年には「全米女子シングルス選手権」 (U.S. Women's National Singles Championship) が始まった。これらのアメリカでの大会群は現在の全米オープンの原型である。1900年には男子国別対抗戦であるデビスカップがナショナルチームの間で始まった。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たアルミニウム

    棒状のグリップの先が輪になっており、そこにストリングスが張られる。長さ69センチ前後、重さは240〜380グラム程度。材質は繊維強化プラスチック (FRP)、チタンなどを用いた複合材料や、アルミ、スチール、木などの単一素材のものがある。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たWOWOW

    「テニスの基礎知識」『WOWOW TENNIS ONLINE』 WOWOW - テニスの基礎知識 構造等図解入り。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た佐藤次郎

    日本へのローンテニスの伝播については諸説あり、1878年にアメリカのリーランドが文部省の体操伝習所で紹介したという説がある。ソフトテニスの発祥については、明治期の日本で調達が困難であったローンテニス用具を安価な代用品で賄ったのが起源とされている。これがやがて軟式テニスと呼ばれる様になり、今日に至るまで独自の発展を遂げた。この軟式テニスで育った熊谷一弥、清水善造、原田武一、佐藤次郎、山岸二郎ら多数の名選手がテニスに転向し、欧州、米国に転戦し始める。彼らはその独特のテニス(軟式テニスで培われたドライブ)で活躍し、1920年代前半から1930年代後半まで続いた日本テニス黄金時代を築き上げることとなる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たビル・チルデン

    1918年、熊谷一弥が全米選手権において、日本人テニス選手として史上初のベスト4進出を果たし、1920年には清水善造のウィンブルドン選手権「チャレンジ・ラウンド」で決勝(現在では準決勝に相当)に進出し、世界1位に君臨していたビル・チルデンに肉薄した。また、その年に開催された第7回オリンピックにおいて熊谷がシングルスで銀メダルを獲得し、ダブルスでも熊谷と柏尾誠一郎のペアが銀メダルを獲得し、オリンピックで初めての日本のメダルとなった。翌1921年、男子テニス国別対抗戦・デビスカップの日本チームの活躍は目覚ましく、準優勝に輝いている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た原田武一

    日本へのローンテニスの伝播については諸説あり、1878年にアメリカのリーランドが文部省の体操伝習所で紹介したという説がある。ソフトテニスの発祥については、明治期の日本で調達が困難であったローンテニス用具を安価な代用品で賄ったのが起源とされている。これがやがて軟式テニスと呼ばれる様になり、今日に至るまで独自の発展を遂げた。この軟式テニスで育った熊谷一弥、清水善造、原田武一、佐藤次郎、山岸二郎ら多数の名選手がテニスに転向し、欧州、米国に転戦し始める。彼らはその独特のテニス(軟式テニスで培われたドライブ)で活躍し、1920年代前半から1930年代後半まで続いた日本テニス黄金時代を築き上げることとなる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た山岸二郎

    日本へのローンテニスの伝播については諸説あり、1878年にアメリカのリーランドが文部省の体操伝習所で紹介したという説がある。ソフトテニスの発祥については、明治期の日本で調達が困難であったローンテニス用具を安価な代用品で賄ったのが起源とされている。これがやがて軟式テニスと呼ばれる様になり、今日に至るまで独自の発展を遂げた。この軟式テニスで育った熊谷一弥、清水善造、原田武一、佐藤次郎、山岸二郎ら多数の名選手がテニスに転向し、欧州、米国に転戦し始める。彼らはその独特のテニス(軟式テニスで培われたドライブ)で活躍し、1920年代前半から1930年代後半まで続いた日本テニス黄金時代を築き上げることとなる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たジャパン・オープン・テニス選手権

    このシステムを試行した初の国際大会である2005年10月のAIGジャパンオープンテニスでは、日本の岩渕聡、鈴木貴男組が日本人ペアとして初のツアーダブルス優勝を果たしている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た全仏オープン

    女子では1975年のウィンブルドン選手権女子ダブルスで、沢松和子とアン清村のペアが初優勝した。1980年代から90年代には井上悦子や1989年にプロ転向した伊達公子が活躍した。伊達は日本人の女子テニス選手として初の世界ランキングトップ10選手となった。同時期には沢松奈生子、雉子牟田直子、長塚京子、神尾米、遠藤愛、佐伯美穂、吉田友佳、杉山愛等が世界ランキングトップ100入りする。1996年、伊達が現役引退を表明する。1997年には平木理化が全仏オープン混合ダブルスで優勝した。2004年2月、杉山が世界ランキング8位を記録し、日本人女子として2人目のトップ10入りを果たした。2006年には浅越しのぶが引退、2009年には杉山、森上亜希子が引退を表明している。その後は中村藍子、森田あゆみなどが現役としてプレーしている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た熊谷一弥

    日本へのローンテニスの伝播については諸説あり、1878年にアメリカのリーランドが文部省の体操伝習所で紹介したという説がある。ソフトテニスの発祥については、明治期の日本で調達が困難であったローンテニス用具を安価な代用品で賄ったのが起源とされている。これがやがて軟式テニスと呼ばれる様になり、今日に至るまで独自の発展を遂げた。この軟式テニスで育った熊谷一弥、清水善造、原田武一、佐藤次郎、山岸二郎ら多数の名選手がテニスに転向し、欧州、米国に転戦し始める。彼らはその独特のテニス(軟式テニスで培われたドライブ)で活躍し、1920年代前半から1930年代後半まで続いた日本テニス黄金時代を築き上げることとなる。テニス フレッシュアイペディアより)

118件中 11 - 20件表示

「男子テニス」のニューストピックワード