118件中 51 - 60件表示
  • テニス

    テニスから見た近代オリンピック

    タイブレークは1965年にJames Henry Van Alenが試合時間短縮のために考案し、1971年にウィンブルドン選手権において初めて導入された。この時には最終セット以外のセットでゲームカウントが8-8となった後に行うというルールであり、1979年に同大会において最終セット以外のセットでゲームカウント6-6の後に行うというルールに変更された。4大大会の内の全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、およびオリンピック、デビスカップ、フェドカップでは最終セットでタイブレークを採用しておらず、この場合は2ゲーム差が付くまでセットが続行される。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た全仏オープン

    タイブレークは1965年にJames Henry Van Alenが試合時間短縮のために考案し、1971年にウィンブルドン選手権において初めて導入された。この時には最終セット以外のセットでゲームカウントが8-8となった後に行うというルールであり、1979年に同大会において最終セット以外のセットでゲームカウント6-6の後に行うというルールに変更された。4大大会の内の全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、およびオリンピック、デビスカップ、フェドカップでは最終セットでタイブレークを採用しておらず、この場合は2ゲーム差が付くまでセットが続行される。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たグランドスラム (テニス)

    タイブレークは1965年にJames Henry Van Alenが試合時間短縮のために考案し、1971年にウィンブルドン選手権において初めて導入された。この時には最終セット以外のセットでゲームカウントが8-8となった後に行うというルールであり、1979年に同大会において最終セット以外のセットでゲームカウント6-6の後に行うというルールに変更された。4大大会の内の全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、およびオリンピック、デビスカップ、フェドカップでは最終セットでタイブレークを採用しておらず、この場合は2ゲーム差が付くまでセットが続行される。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たHappy! (漫画)

    Happy!(2006年、日本)テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たソフトテニス

    現代の多くのスポーツとは異なり、ローンテニスの歴史はごく浅い。1873年12月、ウォルター・クロプトン・ウィングフィールド少佐が考案した「スフェリスティキ(sphairistike、、「球戯術」の意。略してスティッキ1)」がその原型。現在の社会体育、生涯スポーツの概念の先駆けとなる発想で、ラケット、ネット等をセットで商品化し、芝生の上なら何処でも楽しめる「持ち運びのできるテニス」などともいわれ、コートは、中心部分が細くなっている蝶ネクタイ型をしていた。ボールは中空のゴムボール(ソフトテニスボールと同様なもの)を採用し、当初は現在のように硬質のフェルトで覆われていなかった。1874年、少佐は商用としての可能性を見て特許を取得したが、商業的には成功せず、特許の期限切れにともなう再申請は行っていない。しかし、イギリスやアメリカで有閑階級を中心に急速に広まり、アメリカではニューヨークのスタッテン島、メアリー・ユーイング・アウターブリッジの家で最初にプレイされた。中空のゴムボールでは芝生上でしばしば不安定なバウンドをみせることがあり、フェルトを巻いたものも考案され、2種のボールは永らく併用されていたが、やがてフェルトカバーボールが主流となっていく。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たアンツーカ

    床面の材質(サーフェス)は天然芝(グラス)、土(真砂土・荒木田土・粘土砂混合土。クレイ)、焼成土(アンツーカ)、塗装したコンクリート(ハード)、ウレタン樹脂またはゴム(ウレタン)、砂入り人工芝(グラスサンド)など。縦23.77メートル(78フィート)、横はシングルスでは8.23メートル(27フィート)、ダブルスでは10.97メートル(36フィート)である。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たジュ・ド・ポーム

    フランス貴族の遊戯として定着をはじめた16世紀以降には「jeu de paume」(ジュ・ド・ポーム、「掌の遊戯」の意)と呼ばれた。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た硬式テニス

    棒状のグリップの先が輪になっており、そこに糸状のもの(ストリングスやガットと呼ばれる)が縦横に張られ、この面でボールを打つ道具。材質は、当初は木を加工していたが、その後、スチール、アルミ、などの単一素材が使われ進化して行き、近年は繊維強化プラスチック (FRP)、チタンなどを用いた複合材料のものが主流となっている。長さ69センチ前後、重さは240〜380グラム程度。硬式テニス用とソフトテニス用がある。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た車いすテニス

    これにオリンピックの金メダル獲得をも達成すると'''「ゴールデン・スラム」と呼ばれ(グランドスラムをオリンピックの開催年(オリンピアード)に達成し、かつオリンピックの金メダルを獲得することを年間ゴールデン・スラムという)、更なる難易度を要するものである。1988年に当時19歳のシュテフィ・グラフが達成し、この言葉が作られた。グラフの後に達成した選手は、2008年に車いすテニス界において日本人プレーヤーの国枝慎吾が、成し遂げている(全豪オープン、ジャパンオープン、全英オープン、全米オープン、パラリンピック)が、グラフが達成したのは年間グランドスラムで、国枝の達成したものはキャリア・ゴールデン・スラムである。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た球技

    テニス()は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。漢字名の庭球(ていきゅう)とも呼ばれることがある。テニス フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示