118件中 51 - 60件表示
  • テニス

    テニスから見た近代オリンピック

    タイブレークは1965年にJames Henry Van Alenが試合時間短縮のために考案し、1971年にウィンブルドン選手権において初めて導入された。この時には最終セット以外のセットでゲームカウントが8-8となった後に行うというルールであり、1979年に同大会において最終セット以外のセットでゲームカウント6-6の後に行うというルールに変更された。4大大会の内の全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、およびオリンピック、デビスカップ、フェドカップでは最終セットでタイブレークを採用しておらず、この場合は2ゲーム差が付くまでセットが続行される。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たパラリンピック

    テニス(英語: tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た日本テニス協会

    JTA - 日本テニス協会テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たタイブレーク

    2ゲーム差以上をつけて6ゲーム以上を取得するとセットを得る。例としてゲームカウントが5-5となった場合は、6-5の後、7-5とすればそのセットを得る。ゲームカウントが6-6となった場合には、次のゲームはルールによってはタイブレーク (tiebreak) が行われる。タイブレークでは2ポイント以上の差をつけて7ポイント以上を獲得した方がゲームの取得者となり、このセットを得る。タイブレーク中のポイントの数え方は、zero、one、two、three、…となる(註:この時は0はzeroとなる)。タイブレークが行われたセットのスコアは、例としてセット取得者側から見る場合は7-6(6)のように表記し、この場合はタイブレークが8-6のスコアで終了したことを意味する(カッコ内の数字はタイブレークを取得しなかった方のポイント数である)。総セット数の過半数、例として5セットの内3セットを取得すれば勝利となる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たソフトテニス

    日本へのローンテニスの伝播については諸説あり、1878年にアメリカのリーランドが文部省の体操伝習所で紹介したという説がある。ソフトテニスの発祥については、明治期の日本で調達が困難であったローンテニス用具を安価な代用品で賄ったのが起源とされている。これがやがて軟式テニスと呼ばれる様になり、今日に至るまで独自の発展を遂げた。この軟式テニスで育った熊谷一弥、清水善造、原田武一、佐藤次郎、山岸二郎ら多数の名選手がテニスに転向し、欧州、米国に転戦し始める。彼らはその独特のテニス(軟式テニスで培われたドライブ)で活躍し、1920年代前半から1930年代後半まで続いた日本テニス黄金時代を築き上げることとなる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たラケット

    テニス(英語: tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たHappy! (漫画)

    Happy!(2006年、日本)テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た夏季オリンピック

    テニス(英語: tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たイギリス

    昔のテニスのコートは僧院にあり、四方を壁と傾斜した天井に囲まれていて、現代のローンテニスのコートより大きかった。18世紀から19世紀にかけてヨーロッパの貴族の間で大流行し、多くのコートが建造されたが、現存するものは少ない。イギリスでは復元されたコートがクリフトン大学にある。近代における貴族階級の遊戯としてのテニスは、イギリスでは ロイヤル・テニス (Royal Tennis 、「王家のテニス」の意)、アメリカではコート・テニス (Court Tennis 、「宮廷のテニス」の意) とも呼んでいる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たグランドスラム (テニス)

    タイブレークは1965年にJames Henry Van Alenが試合時間短縮のために考案し、1971年にウィンブルドン選手権において初めて導入された。この時には最終セット以外のセットでゲームカウントが8-8となった後に行うというルールであり、1979年に同大会において最終セット以外のセットでゲームカウント6-6の後に行うというルールに変更された。4大大会の内の全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、およびオリンピック、デビスカップ、フェドカップでは最終セットでタイブレークを採用しておらず、この場合は2ゲーム差が付くまでセットが続行される。テニス フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示

「男子テニス」のニューストピックワード