前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 戸賀港

    戸賀港から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    男鹿半島西部の戸賀湾は広さおよそ1.54平方キロメートル、別名四ノ目潟ともよばれる爆裂火口である(ただし、近接したマール地形である目潟とは形成過程が異なるとされる)。湾内では水産資源の試験養殖が行われているほか、戸賀海水浴場がある。また、戸賀湾南端では男鹿水族館GAOに隣接して男鹿国定公園の海岸をめぐる観光船の船着場がある。戸賀港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海中部地震

    日本海中部地震から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    男鹿市の男鹿水族館で、観光客のスイス人女性が津波にさらわれて死亡した。その後、記憶に留め、慰霊するために、水族館駐車場脇に像が建てられた。このほか男鹿では日本海中部地震津波慰霊の碑に波の高さが刻まれている。日本海中部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 男鹿水族館

    男鹿水族館から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 激濤 Magnitude 7.7

    激濤 Magnitude 7.7から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    物語として面白くするため大幅に脚色が加えられた例もある。たとえば、男鹿水族館でスイス人女性が津波の犠牲になっている。彼女は作中で、カナダのレストラン経営者の妻として登場する。男鹿半島のホテルで「石焼料理」の実演を見た彼女は、調理方法がワイルドであると感激し、調理をしてみせた料理長に「自分のレストランでキングサーモンの石焼料理を出したいのでカナダへ来てほしい」ともちかけた。翌日料理長は磯釣りの様子を見せるため、男鹿水族館に夫妻を連れて行く。夫が釣りをよく見ようと礒の岩の上に上がり、妻はハイヒールを履いていたため駐車場で待っていたところ、地震と津波が発生。水族館の駐車場に海水が押し寄せ、夫の目の前で彼女は海に飲まれていった。料理長は杉村に、彼女の望んだようにカナダへ行ってサーモンの石焼料理を完成させると語る。激濤 Magnitude 7.7 フレッシュアイペディアより)

  • 男鹿温泉郷

    男鹿温泉郷から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    温泉街では、ナマハゲふれあい太鼓ライブや、秋田三味線ミニライブなどの演奏が楽しめ、近くには秋田県立男鹿水族館GAO(車で約15分)、入道崎(車で約10分)、なまはげ館(車で約15分)などがあり観光スポットとなっている。男鹿温泉郷 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県道59号男鹿半島線

    秋田県道59号男鹿半島線から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    男鹿市北浦西黒沢の男鹿温泉郷付近の秋田県道55号入道崎寒風山線から分岐し、半島を戸賀湾まで縦断する。戸賀湾の南西部秋田県立男鹿水族館(通称GAO)周辺からは、男鹿市中心部(男鹿市船川港)まで日本海の海岸に沿っておおむね南東または東方向へ向い、男鹿半島を周回するルートである。JR東日本 男鹿線 男鹿駅前を通過し、国道101号交点から海岸線沿いに右折、終点で再び国道101号に合流する。秋田県道59号男鹿半島線 フレッシュアイペディアより)

  • 男鹿駅

    男鹿駅から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    周辺は男鹿市および男鹿市船川地区の中心地。男鹿半島の先端部近くにある男鹿水族館 GAOへは、手前の羽立駅からバスで約60分。男鹿駅 フレッシュアイペディアより)

  • ゴマフアザラシ

    ゴマフアザラシから見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    男鹿水族館GAO:秋田県男鹿市 ※展示休止中ゴマフアザラシ フレッシュアイペディアより)

  • ズーチェック運動

    ズーチェック運動から見た男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    動物権利運動には『動物園は動物を“搾取”(虐待)している』という“誤解”が根底にあるため、動物園の“監視”に「動物園調査(ズーチェック)」を用いるようになった。従来の動物福祉の向上の観点から展示動物に“できるだけより善く”暮らしてもらうという発想ではなく、“人間は動物を搾取している”、“動物園は不要”とする思想のため、動物園の都合、歴史や技量などとは無関係に、展示動物が異常行動をしないか、又は、世界でも高度な基準と照らし合わせを行い、一律に高いハードルで“監視”をする。例えば、秋田県の水族館のホッキョクグマ飼育舎はカナダのマニトバ州の基準で設置されたが、日本とカナダの動物権利団体などの抗議により、カナダに拒否された。また、山梨県の自然動物公園がスマトラゾウを借り受けようとしたのを同じく抗議した。動物権利団体は「動物園は不要」とする価値観の下、動物園調査で“あら捜し”を行ったり、また行うように市民に呼びかける。これがいわゆる「ズーチェック運動」とされるものである。この運動には「動物園は不要」とする価値観があるため、問題点が見出された施設は動物園調査の結果を公表されうるし、或いは営業妨害されうる。ズーチェック運動 フレッシュアイペディアより)

  • 地球生物会議

    地球生物会議から見た秋田県立男鹿水族館秋田県立男鹿水族館

    2004年、秋田県の水族館の開業時、カナダからホッキョクグマが輸入される予定だったが、地球主物会議は世界動物保護協会 (WSPA) やカナダの動物権利団体 Zoocheck と共に抗議活動を行い頓挫させた。シロクマ獲得の妨害に成功した地球生物会議は、代替案として「ホッキョクグマの映像を大画面で上映」や「クマの教育プログラムの設置」を提案した。地球生物会議 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「男鹿水族館GAO」のニューストピックワード